東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
春季神奈川大会準決勝レポート
昨日行われた春季神奈川大会の放送があったので、今日簡単に見ることができましたのでレポートします。


横浜高校 VS 慶応高

慶応高校は、今年はじめてみます。また選抜では故障明けのためマスクを被れなかった横浜高校絶対的司令塔・高井 大地(3年)捕手が復活していたことが目新しいところでしょうか。松井は、レフトオーバーを含む3安打を放つなど、打撃では復調ぶりをアピール。ディフェンスでも、ボールを押し込むようなキャッチングの上手さと、ボール先行の状況でも実に落ち着いて対峙できる肝の座ったリードには、彼がいるといないとでは全然違うと言われる片鱗を感じることができました。夏に向けて、彼の復帰は何より大きいはず。

ドラフト的には、4番に座る・高浜 祐仁(横浜・3年)遊撃手が、第ニ打席に外角高めのストレートを左中間スタンドに運びました。相変わらず打てるゾーンは、引っ張り込めるぐらいの外角球という幅の狭さが気になりますが、このゾーンは逃さず仕留められるかがポイント。夏に向けてもう少し幅の広い打撃を期待したいところですが、選抜とそれほど変わった印象はありません。

遊撃手としては、地肩は結構強いなぁと改めて思いました。守備範囲は広くありませんし、スピード感はさほろ感じませんが、球際では結構強さを発揮します。堂上 直倫(中日)あたりが、プロでも遊撃でそれなりに守備が安定しているのをみると、高浜も同レベルぐらいにまではなるのかなという気もしなくはありませんでした。いずれにしても潜在能力の片鱗は、この試合でも感じることができます。

また選抜では疲労骨折明けだった 浅間 大基(横浜高・3年)中堅手は、もう少し状態が上がっていると思いました。しかし関東大会の出場も決めている試合だけに、それほど意欲・緊張感を感じられる内容ではなく、集中力・意識という意味では、選抜の大舞台に比べると見劣りします。それでもモノの違いを見せつけるぐらいならば良いのですが、そこまで突き抜けたものはまだありません。ドラフト1位候補ともてはやされますが、まだそこまでの凄みは感じられません。彼の潜在能力も高く買いますが、高校時代の 西川 遥輝(智弁和歌山-日ハム)のような、消化不良のまま高校時代は終わってしまうかもしれません。本当の意味で、目の色が変わって来るのはいつのことでしょうか? この準決勝よりも決勝の向上高校戦の方が、持ち味を発揮していたように思います。いずれにしても、選抜からの大きな変わりは身は見られず。

慶応では、元・大洋の選手だった 名幸 明(NPB審判)の息子・名幸 大成(慶応・3年)左翼手が、一番打者として出場。180/78 の堂々とした体格の持ち主で、パワフルな強打が自慢。しかし打撃も荒削りで、左翼手としての守備・地肩などももう一つで、ドラフト候補云々という選手ではありません。大きな孤を描く木製バットを意識したスイングに潜在能力は感じますが、本格化するとしても大学などに進んでからではないのでしょうか。守備・走塁で、潰しが効くようだと良かったのですが・・・。

そのほか慶応では、柳町 達(2年)三塁手が、打球への鋭い守備と難しい球をレフト前に運ぶ技術で可能性を感じさせてくれました。また横浜の主戦・伊藤 将司(3年)左腕は、まだ選抜同様に昨年のキレ・勢いが取り戻せていない感じがします。特にコントロールがボール先行で、中々リズムに乗り切れないところが気になるところ。夏の代表を選るためには、彼の復調が欠かせません。

ドラフト的な観点では、それほど目新しいものはありませんでした。特に試合は5回コールドで終わるなど、横浜高校の一方的な試合に。横浜高校は、選抜緒戦敗退の悔しさから意識・集中力は上がっていますが、高浜・浅間の二人はそれほど変わっておらず。この二人の眼の色が変わって来るようだと、本物だと思います。

第二試合 東海大相模 VS 向上

東海大相模は、先日レポートしたので目新しいところのみを。佐藤 雄偉知(3年)右腕が、最後にようやく登場。青島の球速が、先日の登板で135キロ級だったのと比較すると、やはり佐藤は130キロ台後半~140キロ台中盤ぐらいまで出ていたのでは。フォークとのコンビネーションを全面に出すピッチングスタイルになりましたが、まだまだ総合力に物足りず高校からプロといったことはないのでは? 確かにこの体格からも、素材を買って育成枠ぐらいの話があっても不思議ではないのですが、相模の選手なのでそのまま東海大か国際武道あたり進むことになりそう。この選手を見ていると、同じ相模の先輩である 山本 淳(元西武)みたいな経歴をたどるのではないかという気が致します。

向上では 高橋 裕也(3年)右腕が、リリーフで登場。彼の力投が、試合の流れを変えます。上背はありませんが、130キロ台後半~140キロ台前半ぐらいは出ていそうで、勢いのある球を投げ込んできます。特に縦に切れ込むスライダーに威力がありますが、上体が突っ込みまくるのが気になります。けして凄みのある選手ではありませんが、空気を変えることができる投球には見るべきものがあります。ただし今すぐ、ドラフト云々とかそういったことはないでしょう。

この試合で目を惹いたのが、菅野 赳門(3年)遊撃手。昨年も県下屈指の右腕・熊谷 拓也(平塚学園)からホームランを放つなど存在感を示していた選手。対応力に加え、強い打球をはじきかえせる選手で、独特の感性を持っています。遊撃手としてもキャッチングは悪くないのですが、少しでもキツイプレーになると、スローイングが乱れる傾向にあります。また走力がないのも、ちょっと残念かと。彼もドラフト候補云々ではありませんが、今年の神奈川を代表する野手として、中々興味深い選手でした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.