東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2014年秋 東都リーグ戦
チラホラとオープン戦などを覗きには行っていましたが、本格的な生観戦は久々だったかもしれません。今日は、最終チェックも兼ねて、東都リーグに足を延ばしました(もう一日別のカードの日に二日目を観戦予定)。

第一試合 亜細亜大 VS 中央大

亜細亜大の先発は、ドラフト上位候補の 山崎 康晃(帝京出身・4年)右腕。今日の山崎は、常時130キロ台後半~140キロ台前半ぐらいのボールが殆どで、ボールの勢い・コントロール・球威共に、物足りない内容。カーブ・スライダー・ツーシーム・スピリットなど多彩な球種を織り交ぜ、ピンチになる145キロ前後(MAX147キロ)のストレートでギアをあげようとします。再三ピンチを凌いでいたのですが、8回に一挙4失点で逆転負け。あと一歩、踏ん張り切れないらしくない投球でした。

いつも言いますが、177/84 と中背の体格のせいか? 先発だと素材としての奥行きの無さが出てしまい、ピッチングが物足りません。それでも春などは、だいぶ先発投手っぽくなって、単調さはなくなっていたのですが。やはりこの投手は、リリーフで140キロ台後半の空振りの取れるストレートを活かしたピッチングの方が、元来は合っているように思います。先発としては、一年目から多くを望むのは厳しいのではないのでしょうか。恐らくドラフト順位は、ハズレ1位~2位指名の前半あたりで消えるのではないかと考えています。まぁ今日の内容云々で評価が変わるような選手ではないでしょうが、今シーズンはギアの上がりもイマイチだったところを見ると、シーズンとしても春ほどの内容は厳しいのではないのでしょうか。そうなると、亜大の優勝も厳しくなってくるかもしれません。

中央の方では、島袋 洋奨(興南出身・4年)左腕がブルペンで投げていたものの、明日の先発なのか途中でベンチに戻っていました。そんな中注目は、福田 将儀(習志野出身・4年)中堅手だったのですが、プロの外野手としては打撃が弱いですね。しぶとく食らいついて、ライト前とレフト前に落ちるポテンヒットを放っていましたが、ドラフト候補としては厳しい。守備・走力とバランスは取れていますが、社会人だと思います。

むしろ今日は、一番を打つ 新城 拓(興南出身・2年)二塁手が目立っていました.レフト前・センター前、センターオーバーのツーベースと三安打の活躍。春も.321厘と放ち、東都のレベルにも慣れてきた模様。また来年のドラフト候補として注目される 藤岡 裕大(岡山理大附出身・3年)三塁手は、センター前・レフト前・ライトスタンドへホームランを放つなど復調気味。外の球を中々スパンと叩けないスイングは気になりましたが、持っているポテンシャルはプロを意識できる素材。ただしドラフト指名を実現するためには、ニ遊間をプロでも担えると評価されるかが、ポイントになるのではないのでしょうか。

第二試合 青山学院大 VS 駒沢大

来年のドラフト上位候補・今永 昇太(北筑出身・3年)左腕は、状態的には春とそれほど変わってなさそう。今日も9回を投げて、4安打・2失点と及第点。この投手、先輩の 高橋 尚成(DeNA)に良く似ているタイプなので、どうしてもキレ型の球質のため甘く入ると長打を浴びてしまう球威の無さが目立ちます。それでもゲームメイクできる左腕ですし、今すぐでもプロのローテーションとして 5~7勝 ぐらい出来そうなぐらいの完成度はあります。更に来年までに、もうワンランク上のレベルまで到達するのか注目したいところ。

今年の候補としては、駒大の4番・江越 大賀(長崎海星出身・4年)中堅手。強肩・快速・捉えた時のパンチ力などは、昨年の 岡 大海(明大-日ハム)級のポテンシャルだと思いますし、熱いハートは岡にない魅力だと言えます。しかし今春の打率.184厘の絶不調から抜け出せておらず、外角を強く叩けない、内角も捌き切れないと、相変わらず長いトンネルに入って抜け出せない感じは致します。元々高校時代から話題の選手でしたが、根本的な対応力に疑問を持っており、相手に研究されてしまうとその辺の脆さがどうしても出てしまいます。ただ持っているポテンシャルとハートの良さは素晴らしいので、立て直しに成功すれば面白い存在にはなると思います。恐らく評価は急落していると思いますが、それでも4~6位ぐらいの中では指名されると思いますし、もしそこで残っていたらチームに加えてみたい一人。プロの指導力が、求められる素材ではないのでしょうか。

青学では、加藤 匠馬(三重出身・4年)捕手が注目。174/71 と身体は大きくないのですが、ボールの押し込み、素早い反応、ワンバウンド処理、捕手らしいプレースタイルなど好感が持てます。スローイングも東都屈指と言われるだけあって、イニング間でも1.85~1.95 ぐらいで安定して投げ込めるなど、プロでもけして見劣りはしないでしょう。リードも理にかなっており、多少内角を使いたがるリードが痛手喰らうのかもしれませんが、悪くは感じません。ただドラフト候補と考えると、打撃が完全に弱いということ。身体つきが頑強なタイプではないということ。そしてプレーにもう少しギラギラした欲が欲しいかなという気は致しました。使い勝手が良さそうなタイプだけに、下位指名で指名する球団が出てくるかもしれませんが、将来の正捕手とかそういった凄みは全く感じませんし、プレーからはプロの臭いはしてきません。

駒大では、米満 一聖(敦賀気比出身・1年)三塁手が、ツーベースやセンター前に鋭い打球を連発したり、青学では、吉澤 岳志(常総学院出身・1年)選手が、7番・遊撃手として出場と若い力の台頭が見られました。

プロ注目の 福本 翼(大阪桐蔭出身・4年)左腕は、最後の1/3イニングのみ登場した模様(帰宅したあとでした)。明日の先発だと思っていたのですが、試合開始直後からブルペンに入るなどして、今シーズンは先発ではないのかもしれません。そうなると 田中 一也(仙台育英出身・4年)右腕が、ラストシーズンに今までの鬱憤をぶつけて来るかもしれません。明日の青学の先発が誰なのか、ちょっと気になるところ。田中は状態が良ければ、145キロ級の連発も期待できる豪腕なので。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.