東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
加藤 貴之(22歳・かずさマジック)投手
加藤 貴之(22歳・かずさマジック)投手 182/80 左/左 (拓大紅陵出身)





         「唯一ローテーションを意識できる左腕」





今年のドラフト候補の左腕の中で、唯一ローテーションに入って行けそうなのが、この 加藤 貴之 。別の言い方をすれば、今年の先発型の左腕は枯渇しており、この加藤には追い風が吹いていると言える。それだけにプロ志望ならば上位指名される可能性が高い。

(投球内容)

ゆったりとしたフォームから、ピュッと鋭く腕を振って来るギャップで、打者のタイミングを狂わせます。淡々と投げ込んでくるタイプで、イメージ的には 岩崎 優(国士舘大-阪神6位)左腕に似た投手ではないのでしょうか。

ストレート 常時135~140キロ台前半

球威・球速という意味では、ドラフト候補の中でも中の下レベルで際立つものはありません。そのためボールがキレていないと、生で見ていても見栄えがしません。昨年あたりから結構中継ぎとかでも投げていたのですが、いまいちピンと来たことがないのはこのせいでしょう。今年も春のスポニチ大会、そして都市対抗後も社会人日本代表でのプロアマ交流戦などでも見ましたが、かなり微妙なところで投げているなぁという印象が残ります。

そんな中、都市対抗緒戦の永和商事戦の投球を見事でした。打者の外角にキッチリ投げ分け、ボールもキレており球速以上にキレを感じ、打者からは面白いように空振りが奪えます。安定した球筋、外角での出し入れを見ていると、まさにプロのローテーション投手、そんな投球に見えます。投球に余裕が出てくると、打者の胸元を厳しく突くこともできます。昨年までは、結構アバウトだったのに比べると、しっかり投球ができるようになってきました。

変化球 スライダー・チェンジアップ

変化球は、曲がりながら沈むスライダーとカウントを稼ぐ小さく変化する二種類のスライダーを使いわけているのか。更に130キロぐらいで外に逃げるチェンジアップなのかシュート系の球があります。この球は、あまりタイミングを狂わすという感じはなく、高速で反対側に軽く逃げます。

それほど三振をバシバシ奪うタイプでもなく、空振りの多くはストレートが多い。ただし曲がりながら沈むスライダーを、低めにもう少し落とせるようになれば、もっと三振が奪えるようになるのではないのでしょうか。現在の変化球は、目先・タイミングを狂わす役割、そんな感じがします。

その他

左投手ですが、ランナーを出しても牽制は殆ど見られません。クィックは1.1~1.2秒ぐらいと基準レベルであり、フィールディングも可も不可もなしといった感じでしょうか。

絶妙な駆け引きや微妙な投球をしているわけではないのですが、コースを丹念に突くコントロールとそれを続けられる精神力があります。また要所を占める勝負勘を持っており、その辺が一試合トータルで投球を組み立てられ、ゲームメイクできる投球につながっています。

(投球フォーム)

春先作成した寸評の時にフォーム分析したと思うのですが、確かその時は昨年の都市対抗の映像を元ととしたので、今年のフォームを分析してみましょう。

<広がる可能性> ☆☆☆

昨年は、引き上げた足を空中でピンと伸ばしており、そのためシッカリお尻が三塁側(左投手の場合は)に落ちていました。それに比べると今年は、足をピンとしっかり伸ばさなくなった分、お尻の落としは若干甘くなっている気は致します。しかし投球を見るかぎり、カーブやフォークといった球種は投げておらず、それほど大きな問題はないのかもしれません。

そのせいなのかわかりませんが、「着地」までの粘りは昨年の方が良かったように思います。体のを捻り出す時間が充分ではないので、変化球のキレ・曲がりという部分では絶対的なものがないのもそのせいかもしれません。

<ボールの支配> ☆☆☆

グラブをあまり体の近くに留めておくことができないので、元来ならば両サイドの投げ分けはアバウトなはず。実際昨年まではそんな感じでしたが、今年は球筋が非常に安定しています。

足の甲での地面への押し付けも甘めなので、ストレートも真ん中~高め近辺に多く、低めに集まってくるタイプではありません。この選手のコントロールを支えているのは、「球持ち」の良さから来る、指先の感覚の良さにあると言えそうです。これで暴れるフォームでも、上手くボールを操ることが出来ています。

<故障のリスク> ☆☆☆☆

お尻の落としは甘くなったとはいえ比較的落とせているので、大きな問題はありません。ましてカーブで緩急をつけたり、フォークのような縦に大きな変化をするボールを投げないので、この点は気にしなくて好いでしょう。

腕の角度も、昨年よりも更に少し下がったのではないかというぐらいのスリークオーターで、肩への負担も少なそう。元来力投派でもなく、肩・肘への負担は極めて少ないフォームだと言えそうです。

<実戦的な術> ☆☆☆

「着地」までの粘りは昨年よりも作れなくなり、自然と体の「開き」も以前ほど抑えられなくなってきました。その点では、ボールがかなりキレないと、簡単に合わせられてしまうリスクが増したと言えるでしょう。

腕の振りもそれほど身体に絡んで来ないので、変化球であまり空振りが取れないのもわかります。打者の手元までボールが来る感じがあまりしないのも、ボールに充分体重が乗り切る前にリリースを迎えてしまっており、ボールが手元でグッと来る感じはしません。

ただし、ゆったりしたモーションから鋭く腕を振ってくるギャップとボールのキレで打者のタイミングを狂わせること。そしてボールが見えてからも、中々「球持ち」がよくボールが出てこないところは健在で、この辺がこの投手の打ち難さの理由となっています。

(フォームのまとめ)

投球の4大動作である「着地」「球持ち「開き」「体重移動」では、「球持ち」こそ非凡ですが、以前ほど「着地」までの粘り、体の「開き」が薄れ、まだ「体重移動」に課題を残していることがわかりました。

制球を司る動作にも課題はあるのですが、指先の感覚の良さで補えています。また故障のリスクが少ないのも、この投手の推せる材料になります。

(最後に)

昨年に比べると、フォーム自体の粘りがなくなっているのは気になるのですが、球筋が安定しコントロールがよくなったことで結果を残せるようになりました。しかしボール自体は微妙なところで投げているので、疲労が溜まったり調子落ちすると、プロの打者相手では球威・球速不足で餌食になる危険性も感じなくはありません。そのために、いかに好い時期を持続できるのかがポイントになるでしょう。その点、都市対抗あとに見たプロアマ交流戦の投球を見て不安は感じました。

ここに来てチーム残留という話も聞こえて来ている選手で、ドラフトされるか雲行きが変わってきました。しかし年間をとおしてエースとして活躍し、結果を残してきたことは評価に値するし(本人は納得できない部分もあるのでしょうが)、何より先発できる左腕が枯渇している今年のドラフト市場を考えると、彼には大いなる追い風が吹いていると言えます。このチャンスを生かさないのは、彼の将来にどう影響するのか気になります。プロ志望を表明すれば、ハズレ1位~2位ぐらいまでには消えるはずで、その点では今プロ入りすれば好いのになぁとは思います。しかしやるのは本人なので、充分納得するの形で、進路を選択して欲しいと思います。今年の先発型の左腕の中では、大学・社会人NO.1の存在ではないのでしょうか。順調に開幕を迎えられれば、一年目から先発ローテーション投手として、5~8勝ぐらいは期待できそうです。

蔵の評価:☆☆☆

(2014年 都市対抗)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.