東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
岡本 和真(智弁学園3年)一塁手 最終寸評へ
岡本 和真(智弁学園3年)一塁 183/95 右/右





            「捉えた時の飛距離は圧巻」





まともに捉えた時の飛距離は、今年のドラフト候補でも屈指のものがある 岡本 和真 。しかし甲子園での 岸 潤一郎のいる明徳義塾戦でも、ドラフト候補の 立田 将太 の大和広陵戦でも、会心のあたりは1本ずつ。選抜での 田嶋 大樹(佐野日大)左腕相手にも1安打に抑えこまれたように、レベルの高い相手になると、持ち前の打力で圧倒することができないところに物足りなさを感じる。そう考えると、一年に一人はいるスラッガーであり、ドラフトの目玉となると物足りない。

(守備・走塁面)

最大のネックは、三塁手も務めるものの危なっかしいスローイングの選手であり、プロだと一塁あたりしか出来そうもない守備力にある。一塁手としての動きは悪くないのでプロなら一塁、もしくは投手としても140キロ台を記録できる強肩だけに、レフトあたりならばこなせるかもしれないといった選手。

一塁までの塁間は、右打席から4.75秒前後であり、左打者に換算しても4.5秒前後。実際もう少し全力で走れば速いのかもしれないが、足でアピールするようなタイプではないはず。外野手としてあまり推せないのは、この走力の無さから来る守備範囲の狭さが予想されるから。

(打撃内容)

右方向への打撃も可能ですが、基本的にはレフト方向に引っ張る打球が中心。まともに捉えれば130メートル打球を連発できる飛距離は、どこの球場でも関係ないだけのパワーがあります。右方向に叩き込めるよりも、ホームラン打者の場合自分のツボを持っている方が大成できます。その点では、この選手は自分のツボを持っていることは大きいはず。

<構え> ☆☆☆

両足を揃えたスクエアスタンスで、グリップを高めに添えた強打者スタイル。腰の据わり・全体のバランスとしては並ですが、両目で前を見据える姿勢は春より良くなかったような気が致します。ボールを錯覚なく捉えるには、好いことだと言えるでしょう。

<仕掛け> 早めの仕掛け

選抜の時は「平均的な仕掛け」ぐらいになっていましたが、この夏は少し早めて、投手の重心が下る途中で動き出す「早めの仕掛け」を採用。これは、典型的な対応力重視の打者が採用する打ち方であり、より打てる確率を高めようとしていたことがわかります。この辺がどうも、生粋のスラッガーという感じが致しません。

<足の運び> ☆☆☆

足を大きく引き上げてまわしこんでくるので、速球でも変化球でも幅広く対応。ただしスピードの変化に合わせるというよりは、強く踏み込むために足を大きく引き上げている感じは致します。そのため始動が早い割には、それほど対応力は高くありません。

真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角でも幅広く対応。長距離打者というのは、狙い球を絞って手元まで引きつけて叩くタイプの打者であり、このようになんでも捌きたいという思考の選手はスラッガーになりません。踏み出した足は、インパクトの際にもなんとか我慢。そのため右方向への打撃も可能ですが、踏み出した時につま先が開いているので、引っ張りたい打者だというのが良くわかります。

<リストワーク> ☆☆☆

打撃の準備である「トップ」を早めに作るので、速い球に立ち遅れる心配は少なくなりました。バットの振り出しも、以前よりもボールを捉えるまでのロスが減り、確実性は増したように見えます。その分バットの先端であるヘッドが下がるようになってしまい、打ち損じが生じやすい打ち方にはなっていました。大きな孤を描きますが、それほどフォロースルーを活かすことは出来ておらず、上手くタイミングが合わないと打球は上がりません。

<軸> ☆☆☆

足を大きく上げ下げするので、目線はそれなりに動きます。体の開きは我慢出来ていますが、軸足は前に傾くように突っ込まないように注意したいところ。ボールを手元まで呼び込み叩く、そういった打撃は基本的に出来ません。

(打撃のまとめ)

どうもこの選手は完璧主義なのか、どんな球でも打ちたいという気持ちが強いように思います。しかし長距離打者というのは、自分の打てる球が来るのをじっと待ち、それを逃さず叩くタイプの思考回路の選手に限られます。そうやって考えると、この選手は長距離打者なのか?という疑問は持ちます。

まして彼の場合、一塁などポジションが限定されるので、外国人に打ち勝たなければなりません。そう考えると、ちょっと心配な部分が残ります。技術的にもまだ粗いですし、打てる球は限られます。当たった時の飛距離は非凡ですが、木製バットを握った時に、本当に長打力で勝負できるのか?あるいはそうなるように改善できるのか? その辺に疑問が残ります。

(最後に)

この選手がスラッガーではないのでは?というのは、仕掛け・ボールの絞り込み、フォロースルー、内モモの筋力の強さなどのスラッガーに必要な要素を、あまり持ち合わせていないところにあります。中距離ヒッターで勝負するにしても、それほど技術‥対応力に非凡なものを感じないので、個人的にはあまり惹かれません。

それでも捉えた時の飛距離とヘッドスピードの鋭さは超高校級であり、そこは貴重な存在であることは否定しません。いずれにしても、プロでレギュラーまで昇りつめられるか?あるいはそうなるにしても、かなり時間がかかる素材ではないのでしょうか。個人的には、プロが高く評価するほど、彼に特別なものは感じません。その印象は、最後の夏まで変わることはありませんでした。しかしドラフト会議では、1位指名で消えてしまうのではないのでしょうか。

蔵の評価:☆☆

(2014年夏 甲子園)
高校NO.1スラッガーの呼び声高い 岡本 和真(智弁学園)内野手。しかしプロが高く評価するほど、私はこの選手の打撃に魅力を感じない。その理由について、今回は迫ってみたい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.