東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2014年神宮大会初日・高校の部
今日から神宮大会のレポートを行い、一般の方にも自由に閲覧できるようにしたいと思います。あくまでも、選手個人に注目した視点で書くので、ご了承くださいませ。

大会初日第一試合 東海大四 VS 宇部鴻城

東海大四に関しては、すでに秋季大会決勝戦の模様を確認。個別の選手のレポートは、高校野球.COM様でUPしているので、そちらを参照して頂けると幸いです。今回は、大まかの特徴・印象を述べて行きたいと思います。

東海大四の先発は、大澤 志意也(2年)右腕。夏の甲子園でもベンチ入りしていましたが、登板なく甲子園を去りました。175/68 の中背の体格から、実にオーソドックスなフォームから投げ込む好投手。球速は、130キロ前後~中盤ぐらいまでで、縦に割れるカーブだかスライダーとのコンビネーションで、非常にまとまっている印象があります。今後物凄くスケールアップするとかそういった雰囲気はないのですが、総合力があり全国レベルの好投手、そんな印象があります。それでも上手くパワーアップして行ければ、最後の夏には140キロ台の大台も見えてくるかもしれません。現状は、大学タイプの好投手かと。

むしろ将来性では、宇部鴻城の先発・上西 嵐満(2年)右腕の方が感じます。こちらも現状は線が細く、ドラフト候補の凄みは感じられません。それでも135キロ前後を出せるボールの勢いもあり、縦・横のスライダー・カーブ・スピリット・などなど多彩な球種を操る器用さもあります。中国大会の圧倒的な成績に比べると、力を充分出しきれなかった感は否めませんが、素直に肉付けできれば近い将来140キロ台も見えてくるのでは?夏までに、一回り二回り体が大きくなり逞しさを増せれば、高校の間からドラフト候補に浮上して来ても不思議ではありません。ある程度のスピード能力に加え、実戦的な技術・コントロール・センスもなども合わせ持ち、いずれにしても高校だけで終わる選手ではないでしょう。

また宇部鴻城は、2番手の 木場 優大(2年)右腕も130キロ台中盤を連発できるスピード能力があります。こちらはエースの上西ほどの素材の奥行きは感じられませんが、小さめのテイクバックからのボールの威力はまずまず。こちらも夏までには、140キロ台が見えてくるかもしれません。もう少し、投球の幅を持ちたいところ。

打者では、東海大四の核弾頭・冨田 勇輝(2年)遊撃手の、ハンドリングの良さが光ります。ボールを捉える技術は同校でも際立っているものの、遊撃守備の安定感が今後の課題。また邵 広基(そう かんぎ)左翼手の、ミート力とパワフルさを兼ね備えた強打も目立っていました。

また宇部鴻城では、唯一の1年生・上田 力也(1年)右翼手が、ダイビングキャッチで打球を好捕したり、パワフルさとガッツ溢れるプレーで活躍。172/81 のゴツイ体格の選手ですが、膝を柔らかく使える柔軟さも兼ね備えます。

今後ドラフト候補になり得る可能性があるとすれば、宇部鴻城のエース・上西 嵐満 の成長次第でしょうが、あとは大学タイプの選手たちでした。

大会初日・第二試合 英明 VS 敦賀気比

英明の先発・田中 寛大(2年)左腕は、175/74 の中背ながら、MAX140キロすると話題になっていたサウスポー。しかし投球を見ると、常時130~137キロぐらいで、ボールの勢い・質共に際立つものはなく、全国レベルではどうかな?というボール。カーブ・スライダー・ツーシームなどを織り交ぜるピッチングも、コースに集めた球でも敦賀気比打線にヒットされる場面が目立った。一冬越えて140キロ左腕として期待と書きたいところだが、仮に今の内容ならば140キロ出たからどうだ?といった内容で、ドラフト候補の臭いはしてこない。

対する敦賀気比は、昨夏の甲子園で活躍したメンバーが目立った。一番の篠原 涼(2年)三塁手は、相変わらずのバットコントロールの良さは健在。守備位置は三塁に変わっていたが、塁間4.2秒ぐらいの脚力が並なところが残念。夏の甲子園を沸かした 平沼 翔太(2年)右腕は、夏はMAX142キロを記録するなど力でねじ伏せる快投が光った。しかしこの試合では、135キロ前後で投球の勢いはもうひとつ。むしろ4番を打つ、パワフルな打撃が目立ち、夏の甲子園で将来は野手の素材と答えていたスカウトの予見どおり、野手としての方が高い将来性は感じさせる。パンチ力を秘めた中距離タイプだが、上のレベルを考えると三塁&外野あたりが適職か? まずは春までは、投打の両方の可能性を見守ってみたい。あまりドラフト候補という感じはしないが、両チームでドラフト候補になりそうなのは、この男ぐらいだろう。

また敦賀気比の 山崎 颯一郎(1年)右腕は、188/78 のスラッとした体型は、高校時代のダルビッシュ有を彷彿とさせる佇まい。長身から投げ下ろす角度のある130キロ中盤のストレートに、カーブ・スライダーなどを織り交ぜるオーソドックスなスタイル。まだ投げているだけという感じの投球だが、最終学年にどのぐらいの投手にまで成長するのか注目してみたい。こちらも順調に成長を遂げれば、最終学年でドラフト候補に浮上してくる可能性は高いだろう。

夏の大会と違い、平沼 翔太(敦賀気比2年)は、投手としてよりも野手として存在感を示した。まだまだだが、素材的に 山崎 颯一郎(敦賀気比1年)右腕も、再来年のドラフト候補として可能性を秘めた素材だということ。それが、実感できた試合ではなかったのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.