東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2014年 神宮大会二日目・高校の部

高校の部 第一試合 東海大菅生 VS 静岡高

東海大菅生の先発・ 勝俣 翔貴(2年)右腕は、135~後半の球速を誇るものの、将来性では断然野手の素材。この時期の高校生としては破格のヘッドスピードを誇り、右中間スタンドにも叩き込んで見せた。こと打力に関しては、ドラフト候補としてマークできるレベル。あとは、走力・守備力含めて、一年間追いかけて判断して行きたい。

強打者タイプの三番・勝俣に比べると、4番の 江藤 勇治(2年)遊撃手は、逆らわない打撃が目立つ好打者タイプ。内野フライでタッチアップを決めたり、送りバントでも相手の守備位置をよく観て転がすところを決めたりと、視野の広さととっさの判断力が光る。また遊撃手としての動きも悪くなかったが、あまり肩が強くなさそうなのが気になった。また菅生では、二番の 小川 貴広(2年)二塁手が、高校生では稀なぐらい深いところを守っており、絶対的な守備力の自信を覗かせる。選抜でもぜひ、小川選手の守備には注目して欲しい。

一方の静岡高校は、タレント軍団。前評判の高かった4番・堀内 謙伍(2年)捕手は、力みなのか低めの球を見極められず三振の山。しかしスイングの力強さは強打者の片鱗を見せており、改めて選抜でのプレーに期待したい。しかし捕手としても、それほど光るものは感じられなかった。

むしろ目を惹いたのは、5番の 安本 竜ニ(2年)遊撃手。東海大会でも3本のホームランを打ったように、自分のツボを持った打撃・打球の速さは目を惹いた。深いところからでも刺せる地肩の強さもあり、安定感のあるショート・ストップ。178/78 の均整の取れた体格の持ち主であり、ドラフト候補としてマークできる素材ではないのだろうか。

またまだまだ線の細さは気になったが、静高エースの 村木 文哉 投手と、1番打者の鈴木 将平 中堅手 の両一年生のセンスの良さも光った。村木 は、182/68 の体格で、球威はないがキレのある球を投げ込み、130キロ台後半も記録。来年の今頃には、140キロ台を安定して乗せられるようになっていても不思議ではない。また鈴木の方も、まだ打球に力強さはないものの、ミートセンス・走塁センスなど、所作の端々からセンスが良さが滲み出るような好選手だった。二人とも順調に心身共に成長してゆけば、2年後のドラフト候補として名前があがってきても不思議ではない。

菅生の勝俣・静岡の安本 という二人の野手は、来年に向け楽しみな存在。他の選手もタレント揃いで、中々興味深い試合となった。

高校の部 第二試合 仙台育英 VS 天理

仙台育英先発の 佐藤 世那(2年)右腕は、かつてNTT四国~巨人に指名された 西山一宇 のようなアーム式のフォームながら、今大会NO.1投手ではないかと思えるピッチングを披露してくれた。体格も 180/76 と均整が取れており、その球速は、常時130キロ台後半~MAX144キロ。まだ驚くような凄みはないが、仙台育英らしいキレで勝負する快速球タイプ。特に光るのが、ツーシームのようにシュート回転して沈む球が有効で、この球とのコンビネーションが光る。その他にも、スライダー・カーブなどもあるようだ。投球をまとめるセンス・コントロールもまずまずで、このひと冬の成長次第では、充分にドラフト候補として期待できる内容だった。

仙台育英では、中軸が目立つ。三番・平沢 大河(2年)遊撃手は、高校生でこれだけボールを呼び込んで打てる選手は稀。こと打つことに関しては、全国でもトップクラスのショートストレップ。ショートとしての動きも悪くないし肩も強いのだが、バウンドの合わせ方が下手だったり、スローイングの精度が低いなど、遊撃手としてはこの冬みっちり鍛えて欲しい。それでも順調に伸びれば、来年の上位候補ではないのだろうか。4番の 郡司 裕也(2年)捕手も、180センチ台の大型捕手で、勝負強さと破壊力を兼ね備えた強打は魅力。リードセンスは悪くないが、グラブを一度地面に着けてしまう癖があり、次の動作への移行が遅れキャッチングミスを連発した。この辺が、選抜までに改善されるか注目したい。また5番の 佐々木 良介(2年)一塁手も、この二人の陰にかくれがちだが、きっちり自分の役割を果たせるだけの、確かな打力を兼ね備えている。現時点では、全国でもトップクラスの中軸だと言えるだろう。

天理では、1番の 船曳 海(2年)中堅手の抜群の脚力が光った。182/72 の大型外野手ながら、塁間3.9秒で走り抜けられる脚力は一級品。肩・中堅守備も悪く無さそうだが、しっかりミートポイントで捉えられない打撃が、今後の課題だろうか。選抜で、そのへんに注目して再度注視したい。

また4番の 坂口 漠弥(2年)一塁手も、夏の奈良大会4本塁打を放ったスラッガー。構えた時から背筋の強さを感じさせる構えで、それでいて打撃技術・対応力も低くない。問題は、185/90 の体格を示す通り、走力・守備位置の問題も含めて判断して行かなければいけないところ。岡本 和真(智弁学園-巨人1位)に続くことができるのか、彼も注視して行きたい選手だった。

佐藤・平沼の仙台育英勢は、ドラフト候補としてマークできる存在。船曳は身体能力がプロ級、坂口の強打はドラフト候補の可能性を秘めており、選抜でも再度注目してみる必要がありそうだ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.