FC2ブログ

神宮大会高校の部・三日目以降

高校の部でまだ取り上げていないのが、浦和学院と九州学院。この2つのチームで気になった選手を、今回は取り上げてみた。

浦和学院

浦和学院で目立っていたのは、1番の 津田 翔希(2年)遊撃手。かつて同じ神宮大会で、よくわからないが打ち出の小槌のようにヒットを連発した 上本 博紀(広陵-早大-阪神)内野手のように、ヒットゾーンに面白いように飛んでゆく。得意にスイングに力感はないのだが、ボールへのコンタクトに優れているのだろう。遊撃手としても安定感があり、地肩も基準レベル。走力は、右打席から4.7秒前後(左打者換算で4.35秒に相当)と物足りない。ポテンシャルよりもセンスが優先するタイプで、来年のドラフト候補というよりは、名門大学に進むタイプではないのだろうか。

また4番の 山崎 滉太(2年)一塁手の強打も目立っていた。182/85 の恵まれた体格が目を惹くが、長打力で魅了するというよりは勝負強さが自慢。大型ゆえの脆さがなく、対応力が高いのが特徴。残念なのは緒戦でゴロを顔面に受けたような一塁守備と走力の無さ。あくまでも、打撃に特化したタイプだということ。

また投手では、桑原 魁利(1年)右腕が、このチームでは目立つ存在。球速こそまだ130キロ台中盤ぐらいだが、187/90 の恵まれた体格から投げ下ろす球威は抜群。まだまだ体全体が緩いのと変化球の精度が低いのが今後の課題。浦和学院というよりは、帝京あたりにいそうなタイプだけに、同校がどのように今後育ててゆくのか注目したい。最後に投げた 今村 一登(2年)右腕も、ズバッと決まった時のストレートには見るべきものがあり、180/82の均整の取れた体格から選抜では140キロ台の到達も期待できるかもしれない。

九州学院

九州学院のエース・伊勢 大夢(2年)右腕は、今後の方向性の予測が難しい。しかし緒戦では、182/74の恵まれた体格も相まって、常時135~MAX140キロまで到達。パッと見、球威・球速で押すようなタイプには見えないが、そういった力技で勝負できるようになる可能性は秘めている。現在は、右打者内角をショート系の球で厳しく突きながら、スライダーを織り交ぜる実戦派。この辺の技と力のバランスが取れて来ると、平良 拳太郎(北山-巨人5位)右腕のような投手に育ち、ドラフト候補へ浮上してきても不思議ではない。

このチームの注目選手は、9番打者を務める 中原 力也(2年)捕手。メリハリの効いたプレーができる選手で、キャッチングを中心にディフェンス力に優れている。やや単調になったリード面には勉強の余地があるが、緒戦にはホームランも放って見せた。打力が弱いから9番を務めているのではなく、捕手の仕事に専念させるためだろう。

その他では、4番を打つ 松下 且興(2年)遊撃手は、むしろディフェンスで好感を持った。キビキビした動きの良さに加え、球筋がブレない安定したスローイングも悪くない。打撃の方は、バットが波打ち過ぎでロスの大きなスイングは、今後の改善の余地あり。

このチームも、中々の大型チーム。一冬越えた選抜で、彼らがどんなプレーを見せてくれるのか注目したい。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード