FC2ブログ

広島3位指名 塹江 敦哉(高松北)投手

塹江 敦哉(高松北)投手 177/76 左/左





            「球速表示に見合ってきた」





すでに2年夏の時点で 塹江 敦哉 は、左腕から常時140キロ台~中盤を連発していた。しかしそのボールは、球速表示ほどの迫力はなく、面白いように打ち返されていた。あれから一年どのぐらい成長したのかと思ったのだが、だいぶその球は表示に近い感じになってきた。更にピッチング自体も、随分と投手らしく成長を遂げている。

(投球内容)

177/76 と中背の体格で、フォームもオーソドックスなために、怖さを感じないフォームをしているのは変わりません。

ストレート常時145キロ前後~MAX150キロ

コンスタントに145キロ前後出るようになり、大学・社会人含めても、左腕では1,2を争うほど。ボールの勢い・球威も出てきて、球筋も内外角・低めなどに決まる場面も増えてきました。そのため、スコンスコンと打ち返されていた昨年に比べると、そういったことも少なくなりつつあります。

変化球 スライダー・カーブなど

殆どは横滑りするスライダーとのコンビネーションで、たまにカーブ・チェンジアップ・カットボール・フォークなどを投げる程度。元々スライダーが高めに甘く入る欠点があり、今もその傾向は見られます。しかしカウントを整える・速球との変化をつけるという意味では、大きな意味を持っています。逆にそれ以外jの変化球は、それほど大きな役割を果たしていません。

その他

牽制は刺すような鋭い牽制は見られませんが、ある程度走者をベースに引きつける役割は果たします。クィックも1.05~1.1秒前後で投げ込めており、基準以上の素早さはあります。昨年は、1.2~1.3秒ぐらいだったことを考えると、この辺に成長を感じます。

(投球のまとめ)

昨年に比べると、ボールの威力・制球力・投球術にも成長のあとが見られ、かなり投手らしくなってきました。それでもこれだけのボールを投げている割に、結構簡単に失点してしまうのは何故か?

私が見る限り、ランナーがいる時といない時の投球にかなり差があるように感じます。昨年のように「間」が作れず体が突っ込むようなことはなくなったのですが、セットになると急に制球が乱れたり、精神的に冷静さを失うように見えます。それまでの安定感が、ガタガタと崩れるわけです。この辺が、今後に向けての大きな課題ではないのでしょうか。

(投球フォーム)

今度は、昨年に比べフォームがどのように変わっているのか見てましょう。

<広がる可能性> ☆☆☆

引き上げた足を比較的高い位置でピンと伸ばしているのですが、かなり二塁方向に送り込んでしまうので、お尻の落としは甘め。全く落とせていないわけではないので、カーブで緩急をつけたり、フォークのような縦の変化球も投げられないことはないでしょう。

「着地」までの粘りも平均的で、体を捻り出す時間は並。いろいろな変化球を投げられても、絶対的なキレや曲がりをする球がないのは、このせいかもしれません。昨年と、この部分は殆ど変わっていません。

<ボールの支配> ☆☆☆

グラブは抱えられているものの、後ろに解けてしまって両サイドのコントロールをアバウトにします。足の甲での地面への押し付けは悪くないので、ボールが高めを抜けるを防ぎます。この部分も、昨年と全く同じ感じ。

<故障のリスク> ☆☆☆☆

お尻の落としに甘さは残るものの、カーブやフォークをそれほど投げないので、肘への負担も少ないはず。腕を振り下ろす角度・送り出しにも無理は感じないので、肩への負担も少ないでしょう。この部分も、昨年と大きく変わっていません。

<実戦的な術> ☆☆☆

「着地」までの粘りは平均的で、それほど苦になるフォームではありません。それでも「開き」は抑えられているので、コントロールミスをしなければ、それほど痛手を喰らい難いのではないのでしょうか。

腕は強く振れており、速球と変化球の見極めは困難。ボールにも適度に体重が乗せられており、地面の蹴り上げも悪くありません。こういった部分も、昨年と変わっていませんでした。

(フォームのまとめ)

こうやって見てみると、昨年からフォームは全くいじらずに、肉体のパワーアップのみに務めていたことがわかります。投球の4大要素である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「開き」が抑えられ、あとの部分にも大きな欠点はありません。

グラブの抱えが甘くボールが暴れやすいものの、故障のリスクはそれほど高くありません。これだけのボールの割に簡単に打たれてしまうので、フォームに課題があるのかと思ったのですが、そういったことはありませんでした。

(最後に)

それほど苦にならないフォームなのと、コントロールのアバウトさはいぜん残ります。そういった意味では、将来的にモノになるのか?と言われると微妙だと言わざるえません。しかしこの一年で、確実に肉体的な成長を遂げ、だいぶ投手らしくもなりました。クィックのタイムを縮めてきたように、けして野球への取り組みが悪い選手ではないのでしょう。プロの指導者・環境で教えることを教えれば、まだまだ伸びる余地はあるのではないのでしょうか。左腕でこれだけのボールを投げられる貴重な存在として、指名リストには名前を残してみたいと思います。

蔵の評価:☆☆

(2014年夏 香川大会)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード