東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
中日4位指名 石川 駿(24歳・JX-NEOS)内野 
石川 駿(24歳・JX-NEOS)二塁 178/81 右/右 (北大津-明大出身)





            「そんなに変わった感じは」





北大津時代からプロから注目されるも、度重なるケガで消化不良が続いてきた 石川 駿 。ようやく安定して能力を発揮できるようになったのは、社会人に進んでからではないのだろうか。そして今年は、2年目のプロ解禁の年。ただしそれほど以前と較べて、明らかに変わった感じはしなかったのだが・・・。

(守備・走塁面)

だいたい一塁までの塁間は、右打席から4.4秒前後。これを左打者に換算すると、4.15秒前後に相当し、ほぼドラフト指名される選手の平均的なタイムとなる。実際のプレースタイルを観ても、足でかきまわすとか、そういったタイプではけしてない。

二塁手としては、それほど守備範囲が広くはない。それでも球際には強く、強肩も相まってゲッツーは結構取れるのではないのだろうか。プロの二塁手としては少々重苦しいイメージもあり、将来的には三塁か外野の方にコンバートされるかもしれない。ただしこの選手は、強打の二塁手という付加価値こそが生命線。

守備・走塁に関しては、プロに混ぜても平均~それ以下ぐらいであり、やはり打撃でいかにアピールできるかにかかっている。

(打撃内容)

打球は広角に飛ばせるタイプであり、パンチ力があって時々スタンドインの打球も飛ばす。2013年度の成績では、60打席で5本塁打。これをプロの規定打席である446打席に換算すると、年間 37.2本 ペースで打っているので、かなりの長打力だというのがわかってくる。

<構え> ☆☆☆

両足を揃えたスクエアスタンスで、グリップを下げ気味に構えます。腰の据わり具合・両目で前を見据える姿勢は悪くないのですが、少し前傾になっており全体のバランスとしてはどうでしょうか?

<仕掛け> 平均的な仕掛け

投手の重心が下がりきったあたりで動き出す、「平均的な仕掛け」を採用。これは、ある程度の対応力と長打力をバランスよく兼ね備えた打ち方。主に中距離打者やポイントゲッターが採用します。彼のプレースタイルには、見事合致しているのでは。

<足の運び> ☆☆☆

足を少し浮かしてまわしこみ、軽くベース側にインステップして踏み込みます。始動~着地までの「間」はそれなりで、速球でも変化球でもソコソコ対応できるはず。意識としては、外角よりの球にあるのがわかります。踏み込んだ足元はブレないので、外角の厳しい球や低めの球にも喰らいつけます。

<リストワーク> ☆☆☆☆

打撃の準備である「トップ」を作るのはそれなりで、特に速い球に立ち遅れる心配はなさそう。深くトップをとっているように、弓矢の弓を強く引くような大きな反発力が期待できます。しかし始動~インパクトまでのスイング軌道にロスがあり、中々綺麗に振り抜けません。けしてバットの先端であるヘッドが下るわけではないのですが、確実性が高くないのはスイングからもわかります。

<軸> ☆☆☆

足の上げ下げは静かなので、目線の上下動はそれなり。体の開きは我慢出来ていますが、あまり軸足が地面から真っ直ぐ伸びてはいません。このへんも、軸を機転に綺麗にまわれておらず、確実性を損なっている要因かもしれません。

(打撃のまとめ)

都市対抗での4試合では、11打数の1安打とアピールはできませんでした。当たれば大きいのですが、対応力の弱さは未だに払拭出来ていない気がします。この辺が、プロで改善できるのかどうか? 

(最後に)

うまく育てば、2割6分前後でも20本級の、強打のセカンドとして育つ可能性はあると考えます。しかしセカンドの守備も無難レベル程度であり、レギュラーの二塁手としては物足りません。また打撃の粗さは、今後もついてまわる気がします。そう考えると、プロでレギュラーを奪えるほどの選手は思えません。あくまでも荒木の後釜というよりは、現有戦力の競争を煽るための存在、そんな位置づけなのは彼に関してもします。特に大きな変化を感じられた上での指名でもないので、個人的には指名リストに名前を載せるまでの魅力は感じませんでした。

(2014年 都市対抗)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.