FC2ブログ

DeNA1位指名 山崎 康晃(亜細亜大)投手

山崎康晃の寸評など、シーズン中にとっくに作成していたと思っていたのですが、どうも昨年のオフに作成した「本当に凄いやつ」シリーズ以来作成していないことがわかりました。すでにドラフト総括でも評価は、☆☆☆ と発表しているように、そこから評価が変わることはありませんが、最終寸評を改めて作成してみようと思います。

山崎 康晃 (亜細亜大4年)投手 177/83 右/右 (帝京出身)





           「だいぶ先発らしくはなってきたが」





山崎康晃といえば、リリーフで唸るようなストレートで抑えこむ強烈なインパクトがある一方で、先発だと上背の無さから来る底の浅さが滲み出る物足りないピッチング。それでも最終学年では球種を増やすなどして、だいぶ先発投手らしくはなっていたのだが・・・。

(投球内容)

ストレート 常時140キロ~MAX147キロ

この秋見た時は、結構145キロ前後のボールを投げ込むなど、先発でもビシッとしたボールは投げ込んでいました。どうしてもリーグ戦になると、長いシーズンを想定して省エネピッチングになりがち。この投手は合わせやすいフォームなので、140キロ前後~中盤ぐらいだと、打者にとっては苦になく合わされてしまいます。力を入れた140キロ台後半~150キロ台前半ぐらいの、明らかに球のキレが変わって来ないと、打者としては厄介だとは言えないでしょう。それ故に私は、いくら引き出しを増やしてみても、投球の核であるストレートが生きない先発では面白味に欠けると、常に言ってきました。

合わされやすいフォームなので、コースを突いたような球でも打ち返されてしまうところが悲しいところ。けしてコントロールで、苦しくなるような投手ではないのですが。

変化球 スライダー・ツーシーム・カーブ・ナックルなど

プロではナックル・ナックル騒ぎますが、この投手は曲りながら落ちるスライダーで三振を奪います。またチェンジアップのような、ツーシームと、この2つの変化球が主体です。たまにパームボールみたいな変な遅い変化球を投げていたのですが、あれがナックルだったようです。カーブ同様にピッチングでは大きなウエートを占めておらず、たまに投げるから効果的であって、けして彼の武器ではありませんでした。

その他

牽制は結構鋭いですし、クィックも1.0秒前後と高速。走者を背負っても、投球のリズムを狂うわけではないので、その辺はさすがだと思います。

しかしそれほど細かい出し入れや、間のとり方が上手い選手ではないので、ガンガン力で押す方が彼の性格には合っているのではないのでしょうか。

(投球のまとめ)

ストレートのコマンドも、変化球のキレ・曲りもけして悪くはありません。ナックルをアクセントに、投球の幅も広がりつつはあります。しかし根本的なストレートの合わされうやすさは改善されていないので、キャパを落として投げると苦になりません。

やはり相手の打者が合い出すと、スコンスコンと集中打や長打を浴びるなど、打たれだすと止まらない危うさがあります。途中までは素晴らしくても、集中力の糸がキレるとビッグイニングを作ってしまうタイプ。

(投球フォーム)

セットポジションから、スッと足を引き上げて投げ込んできます。

<広がる可能性> ☆☆☆

引き上げた足を地面に向けて伸ばすので、お尻は一塁側に落とせません。そのため体を捻り出すスペースは確保できず、カーブで緩急を利かしたり、フォークのような縦に鋭く落ちる球には適しません。

それでも「着地」までの粘りはそれなりなので、適度に体を捻り出す時間は確保。カーブやフォーク以外の球種ならば、それなりにモノに出来るフォームとなっています。そういうこともあり、ナックルなどを器用に扱っているのではないのでしょうか。

<ボールの支配> ☆☆☆

グラブは最後まで体の近くにあるので、両サイドの投げ分けは安定。足の甲での地面への押し付けは短く、低めにボールを集めようとすると、キャパを落として投げないとダメなのかもしれません。「球持ち」自体は悪くないので、力を抑えて投げれば、それなりにコントロール出来てしまうのではないのでしょうか。

<故障のリスク> ☆☆☆

お尻は落とせないフォームですが、カーブやフォークといった球種を殆ど使って来ないので、悲観することはないでしょう。

振り下ろす腕の送り出しにも無理は感じないので、肩への負担も少ないはず。それほど頑強そうには見えませんが、無理をしなければ、肩への影響は少なそう。インステップがキツイので、その辺が長いシーズンで疲れが溜まってくると、どう出るか?

<実戦的な術> ☆☆☆

「着地」までの粘りは平均的で、若干「開き」が早くボールが見やすい感じがします。ボールに角度がある方ではないので、その辺も相まって、苦にならないフォームになっているのではないのでしょうか。

振り下ろした腕は体にあたっており、速球と変化球の見極めはそれなり。ボールにも適度に体重が乗せられているので、打者の手元まで生きた球が投げられます。力を入れた時のボールの伸び・勢いには目を見張るものがあります。

(フォームのまとめ)

投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」の観点でいえば、「球持ち」「体重移動」に優れますが、「開」に課題を感じます。この辺がもう少し変わってくると、先発でもある程度やれるかもしれません。

故障のリスクもそれほど高くないのですが、足の甲の押し付けが浅いので、力を入れて投げてしまうと、ボールが上手く制御できなくなります。この辺を嫌って、先発ではどうしてもキャパを落として投げざるえないのかもしれません。

(最後に)

成績だけ見れば、最終学年よりも3年時の方が内容は良かったことがあります。3年時に作成した寸評をみればわかりますが、それでもプロの即戦力を担うには物足りないものがあったことは否めませんでした。東都で無双していた 東浜 巨(ソフトバンク)でさえ、プロで苦労していることを考えると、それより遥かにピッチングセンス・先発での投球技術に劣る山崎が、一年目からローテーションで活躍できるのか?と言われると疑問が残ります。

即戦力として活躍するのであれば、神宮大会での6奪三振や、大学選手権の近大工学部戦で魅せたような、すべてストレートだけで圧倒するようなボール勢いで勝負するピッチングで、まずは勝負すべきです。逆にそれが出来ないほど劣化しているようならば、リリーフでも厳しいのではないのでしょうか。まずは、一軍で実績を残す、それからでも先発は遅くないのでは。あの時のピッチングを考えれば、やはりそれなりの評価はしないといけないでしょう。リリーフならば、一年目からセットアッパーやクローザー級の活躍も期待できると評価します。

蔵の評価:☆☆☆

(2014年 秋季リーグ戦)

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード