東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2015年 ドラフト戦線を考える(大学投手編)
2015年度のドラフト戦線を考えて行く企画、前回は高校生投手編をお送りしました。それならば今回は、高校生野手編にしようかと思っていたのですが、少し確認したい選手がおりまして、先に大学生投手編をお送りしたいと思います。

(大学生投手編)

今年の大学生球界をリードしてゆくのは、スケールNO.1の素材・上原 健太(明大)と今永 昇太(駒沢大)の二人の左腕。上原は先発での実績・プレッシャーのかかる立場で活躍に乏しいものの、190/86 の体格から真上から投げ込む本格左腕。一方の今永は、大学の先輩‥高橋尚成(DeNA)の東芝時代を彷彿させる実戦型で、すでに10勝前後を期待できる力を持っている。

上原 健太(明治大)投手 190/86 左/左
今永 昇太(駒沢大)投手 178/78 左/左


その他にも、今年は大学生投手に上位候補が目白押し。北から紹介してゆくと、伝説の伊藤 智仁(ヤクルト)を彷彿させるような深い重心の沈み込みが印象的な 多和田 真三郎(富士大)右腕、立教時代の多田野 数人(日ハム)のようなギッコンバッタンしたフォームながら力のあるボールが光る 熊原 健人(仙台大)右腕。人材集まる今年の首都リーグからは、吉田 侑樹(東海大)右腕の角度のある投球や、澤村 拓一(巨人)を小さくしたような 西村 天裕(帝京大)右腕、田中 裕樹(日本文理大)右腕などは全国大会や全日本合宿などでその実力は証明済み。

多和田真三郎(富士大)投手 181/81 右/右
熊原 健人  (仙台大)投手 178/76 右/右
吉田 侑樹  (東海大)投手 187/79 右/右
西村 天裕  (帝京大)投手 177/92 右/右


また今年は、関西学生リーグに人材が揃っているのも特徴。正統派右腕の 桜井 俊貴(立命館大)右腕、スピードなら関西屈指の 柏原 史陽(同志社大)、実戦的な投球が光る・宇都宮 健太(関西学院大)右腕、力と技を兼ね備えた 石田 光宏(関西大)右腕と、各校に4年生の実力者を備えている。

桜井 俊貴 (立命館大)投手 181/73 右/右
柏原 史陽 (同志社大)投手 174/75 右/右
宇都宮健太(関学院大)投手 176/67 右/右
石田 光宏 (関西大学)投手 181/77 右/右


地方リーグにも、神宮大会で評価を高めた 井口 和朋(東農大オホーツク)右腕、高校時代から道内屈指の本格派と評判だった 尾山 翔吾(八戸学院大)右腕、正統派右腕として高校時代から目立っていた 本田 圭佑(東北学院大)右腕などの北海道・東北勢。

井口 和朋(東農大オホーツク)投手  177/73 右/右
尾山 将吾(八戸学院大)    投手 185/77 右/左
本田 圭佑(東北学院大)    投手 178/73 右/右


上原・今永に続く左腕として期待される 唐仁原 志貴(福岡大)左腕や 鹿児島南時代から上位指名が狙えた 笛田 怜平(福岡工業大)右腕など、九州にも楽しな人材が多い。

唐仁原志貴(福岡大) 投手 185/74 左/左
笛田 怜平(福岡工大)投手 186/75 右/右


他にも高校時代から注目の逸材が最終学年を迎えている選手もいるが、今回は特に主だったものをあげてみました。これからオープン戦・春季リーグ戦で新たな人材が飛び出して来ることを、期待してやみません。
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
いつも楽しく拝見しております。
あまり寸評にケチをつけるつもりはないのですが・・・個人的に、巨人の沢村に近いのは仙台大の熊原の方ではないかと。
逆に蔵さんが「ミニ沢村」と評されている帝京大の西村は、伝説の剛腕・山口高志2世になり得る素材ではないかと期待しています。
2015/03/13 (金) 01:45:47 | URL | 東京漢(とんちんかん) #mQop/nM.[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.