東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2015年(4) 仙台大 VS 神奈川大
今日は、仙台大が関東に遠征して来る緒戦だということで、神奈川大へ足を運びました。関東遠征の初日ならば、ドラフト候補の 熊原 健人(柴田出身・4年)右腕が、何かしらの形で登板するのではないかと考えたわけです。

久々に神大のグランドに来たのですが、正門のところで名前は書かされるは、知り合いがバックネット裏からの観戦を断られたという以前にはなかったことが起こり、三塁側から観戦していました。そのため熊原以外の選手のチェックは、実にいい加減なもの。しかし事前にスカウトの方から、熊原は最後に投げると教えて頂いたので、試合最後までまったりと眺めてました。

仙台大で先発していたのは、馬場 皐輔(2年・仙台育英出身)右腕だったようで、相変わらず少しもっさりした体型でしたが、ボールの威力・スライダー・フォークだか縦の変化もあり、速球も140キロ越えてそうな力のあるボールを投げます。仙台育英時代は、ボールの威力はあったものの、何か不安定な投手との印象が強かったのですが、適度に試合をまとめて成長を感じます。昨年などは、福祉大戦で150キロも記録したと訊いていますから、かなり成長しているのでしょう。熊原とダブルエースという形で、大学選手権出場が期待されます。できればこの選手も、バックネット裏からじっくり観てみたかった一人。

神大では、背番号11を付けていたのが 瀧瀬  諒太(聖望学園出身・4年)右腕ですかね。187/77 の体格が目を惹き、速球とフォークとのコンビネーションが気になりました。ストレートがどの程度出ていたのかはよくわかりませんが、縦の変化球で相手を翻弄します。投球も適度にまとまっており、最終学年の今年は、どの程度成績を残すのか気になります。

最終回に向けて 熊原 健人 は、気合の入った投げ込みをブルペンで行っており、その投球に期待が膨らんできました。中々精悍な顔つきで、礼儀正しいナイスガイといった感じの好青年。

肘のかなり下がったスリークオーター気味のフォームは相変わらずですが、球速は殆ど145~150キロを連発。私のガンでも、92(147.2キロ)か93マイル(148.8キロ)という数字を。ボールの勢いは、この時期の大学生としては破格なものであり、今年見た投手ではダントツの勢いがありました。打者がワンテンポ差し込まれるフォームと勢いのあるボールで、球筋は真ん中~高めに集中するのは以前と同じ。特に今日は、1イニングという短い登板だったので、キャパ全開で投げる分、細かいコントロールは無しという感じでガンガン投げ込んでました。

体の近くで曲がるスライダーがあるのですが、今日はちょっと指のかかりが悪くコントロールも不安定。またシンカーのような沈む球があったはずですが、それがスプリットらしく今日は抜けてしっかり落ちなかったりと、変化球には課題を残します。しかしその辺は、キャンプを終えて実戦に入って日も浅いでしょうから、これから調整すれば良い部分。今の段階では、これだけのストレートを投げられるのだということを、示しただけで充分ではなかったのでしょうか。

ちょっと感じは違いますが、大学時代の 浅尾 拓也(中日)を見た時を思い出しますね。彼はガンガン来るという感じではなく、飄々と速い球を投げる感じの投手でした。しかしその球速・ボールの勢い、変化球の精度やコントロールなどは浅尾の大学時代と近い感じがします。いずれにしても現時点では、ゲームメイクする先発というよりも、リリーフで持ち味が発揮されるタイプかと。今回は時期が時期ですから具体的な評価は避けますが、2,3位ぐらいでの指名が期待出来るのではないのでしょうか。できれば大学選手権で、変化球精度含めて改めて観てみたいところ。しかし最後の最後で本物のストレートが観られて、満足のゆく一日でした。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.