東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2015年(12) JX-ENEOS VS 全日本大学選抜(投手後編)
この試合は12回まで行われることが事前に決まっており、試合後半からはすでに代表が内定しているような注目の投手が、それまでの2イニングずつから1イニングずつに変わって、次から次へと登場しました。

上原 健太(明大4年)投手 190/86 左/左 (広陵出身)

190センチの長身から、真上から投げ下ろして来るかつてない左腕、それがこの 上原 健太。好調時には、145~150キロ級のボールを、この体格から投げ込んできます。しかしこの日は、MAXで88マイル(140.8キロ)と、ストレートは極めて抑え気味。むしろカーブ・スライダー・チェンジアップなどを中心に、丁寧に投げている感じがしました。

何より驚いたのが、変化球でストライクを先行させ、マウンドを支配していたこと。今年の上原は、先発を意識して、あえてこういったピッチングでゆくのだということを示していたのかもしれません。しかし彼の場合、体格や角度があるので、140キロぐらいでもボールがそれなりに見栄えがするということ。凄みはありませんでしたが、物足りなさは感じませんでした。

田中 正義(創価大3年)投手 186/89 右/右 (創価出身)

この日の田中は、けして力むことなく投げているのですが、常時94(150.4キロ)~98マイル(156.8キロ)まで記録するなど、今まで観た田中の中でも、一番のスピードだったのではないのでしょうか。変化球はスライダーとのコンビネーションで、社会人相手でも見下ろして投げている感じ平均してここまで速い球を連発した投手を見るのは、このスピードガンを15年近く使っていても初めてのことかと。ちなみに98マイルは、私のスピードガン記録。リーグ戦でも先発での起用が中心ですから、中々こ次元の球は見られないのではないのでしょうか。実際に体感速度としても、今まで観た歴代の投手の中でも一番だったと言う気がします

吉田 侑樹(東海大4年)投手 187/79 右/右 (東海大仰星出身)

長身から投げ下ろす角度と縦の変化で、的を絞らせない投球が持ち味。この日は、常時140~中盤ぐらいで、ビシッとした良い球は投げていました。私のガンでは、88マイル(140.8キロ)程度でしたが。この日は、スライダー・カーブなどが中心で、縦の変化球は殆ど見られず。内容としては悪くはありませんでしたが、クィックが下手なのが多少なりとも気になりました。

今永 昇太(駒沢大4年)投手 178/78 左/左 (北筑出身)

秋の神宮大会優勝投手であり、総合力では大学NO.1投手と目されている存在。この日の球速は、常時135~MAX143キロ。私のガンでは、88マイル(140.8キロ)ぐらい。ボールに適度な切れは感じますし、横滑りするスライダー‥カーブ・チェンジアップ系の球を織り交ぜ抑えます。しかしそれほど、短いイニングでも代わり映えはしませんでした。

最後に満を持して登場したのですが、このメンバーに混ざってしまうと、体格・ボールの凄みなども普通の投手に見えてしまい、ドラフトの目玉という特別な輝きはありません。確かに実戦向きで良い投手ではありますが、何か物足りない。その理由は、思ったほど変化球が良くないからかもしれません。

江口 昌太(21歳・JX-ENEOS)投手 181/80 右/右

鹿児島工業時代から、その剛球は目を見張るものがありました。しかしボールが真ん中~高めに集中するなど、あくまでも素材型の域を脱していなかった。社会人に入ってはじめてみましたが、だいぶ印象が変わっていました。球速は常時145キロ前後~MAX148キロぐらいでしょうか。私のガンでも、91マイル(145.6キロ)まで記録。変化球は、カーブ・大きく横に曲がるスライダー、それにチェンジアップだかフォーク系の球も持っています。

両サイドにボールを散らすコントロールはありましたが、甘く高めに浮いた球を痛打されるなど、まだまだ発展途上の投手。確かにプロを意識できる素材ですが、即戦力でやれるかと言われると疑問が。力量的には 東芝からプロ入りした 江柄子裕樹(巨人)と同じぐらいでしょうか。それでも大卒3年目でプロ入りした江柄子と、高卒3年目の江口がほぼ同等だと考えれば、ある程度の順位で指名されるのではないかということにはなりそう。今後、都市対抗予選・都市対抗などに向けて、どのようにチームに関わってゆくのか注目されます。

(最後に)

上原が登場したあたりから、投手が1イニングずつ交代し、ドラフト的にも注目度の高い選手が次から次へと品評会のように現れ見応えがありました。特に田中の投球は、歴史的なスピードショーでありましたし、対戦相手のENEOSの方からも注目の江口が出てくるなどヒートアップ。しいていえば、ENEOSから 船本 一樹(24歳・法大出身)が登板しなかったぐらいでしょうか残念だったのは。今年の、あるいは今後のドラフト戦線を語る上で見逃せない選手たちを、一同に見られたのは選手を比較検討する意味でも大きな意味を持ってきます。あとは、リーグ戦や都市対抗の時期などの本番で、再度細かい部分を観て評価を固めて行きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.