東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2015年 選抜大会三日目

第一試合 敦賀気比 VS 奈良大附

プロ注目の奈良大附の先発・坂口 大誠(3年)右腕は、緊張からなのか?体がツッコミまくりで、自慢の糸を引くような球も、コントロールも定まらない最悪の状態。体が突っ込むために、変化球の曲がりも早くなり見極められたり、ボールになったり。更に開きが早くなってボールが見やすくなり、球質も・球速も低下したストレートを狙い打たれた。他にもカーブ・スライダー‥チェンジアップ・フォークなどを織り交ぜ、多彩なコンビネーションで元来なら討ち取るタイプだったのだが・・・。それでも内角を突くなどして、強力打線の敦賀気比に対し、試合を壊さないで済んだことは評価できるか。

昨夏観たときは、135キロぐらいでも140キロぐらいに感じさせるようなボールが魅力で、コントロール・投球の精度も極めて高かった。しかし今日は、120キロ台~出ても135キロぐらいまでで、球威・球速不足は否めない。出来ればもう一試合ぐらい見たかったが、ドラフト戦線から大きく後退したとみて良いだろう。夏までによほどのピッチングを魅せない限り、高校からのプロ入りは厳しそう。

昨夏甲子園で活躍し注目された 平沼 翔太(敦賀気比3年)右腕は、さすがに場慣れしている。135キロぐらいでも手元までボールが切れており、小さく横滑りするスライダーも打者の体の近くでキュッと曲がる。左打者にはチェンジアップを活かし、マウンド捌きの良さが目立った。特にこの選手は、ボールひとつひとつの威力よりも、ボールの活かし方が上手い。それはどういうことかというと、ストライクゾーンからボールゾーンに変化球を投げ込み、それを振らせる技術を持っているということ。その辺が、並みの高校生では中々捉えきれない要因ではないのだろうか。

しかし将来性となると、やはり強烈な打球が光る野手としての才能では。上下動が激しいフォームだけに、ミスショットも少なくなさそうなのだが、あっという間に右翼手の頭の上を越えて行った打球は圧巻。投手らしい体幹の強さを活かした強打は、まさにプロの打球だった。

その他敦賀気比では、昨夏も存在感を示した 篠原 涼(3年)三塁手はさすが。難しい球をファールで粘り、投げる球がなくなり甘く入って来た球を逃さないあたり、並みの打者ではない。体格の物足りなさからも、高校からプロというタイプではないが、今後も高いレベルの野球に携わって行ける垢抜けた存在。

また奈良大附では、最後に投げた 中山 玲央(3年)右腕のボールが目立った。恵まれた体格から繰り出される、常時135~MAX138キロの重いボールには威力を感じる。多少球筋が暴れたり、スライダー以外の変化球はあるのか?などの疑問は残ったが、夏の大会の頃には140キロ台を連発できるようになっていても不思議ではない。

坂口 大誠(奈良大附3年)投手 180/73 右/左
中山 玲央(奈良大附3年)投手 184/80 右/右

平沼 翔太(敦賀気比3年)投手 178/75 右/左
篠原 涼  (敦賀気比3年)三塁 168/71 右/左

第二試合 仙台育英 VS 神村学園

仙台育英のエース・佐藤 世那(3年)右腕は、相変わらず元巨人の 西山 一宇 のような腕が突っ張ったアーム式のフォーム。ボール自体は、コンスタントに140キロ前後~中盤ぐらいまで出せるようになり、一冬越えて力強くなっている。しかし球筋は結構暴れて、ストレートのコマンドはけして高くない。

変化球は、スライダーと二種類のフォークを使い分けているのか? ひとつは握りを浅くしてシンカー的に沈みストライクゾーンに落ちてくる。もう一つは、ストライクゾーンからボールゾーンに落とし空振りを誘う。これを意図的に使い分けているのか?精度の問題で、落差に差があるのかは定かではないが、どうも使い分けているような感じはする。

また腕がしならない分、打者の手元での伸びに欠けるので、空振りが誘えない球質は気になる。その分ストレートを見せ球に、変化球で仕留めることが求められる。現状はドラフト候補ではあるが、夏まで様子を観てみたい、そんな感じの投手だった。

神村学園の先発・北庄司 恭平(3年)右腕は、サイドに近いスリークオーターか。球速は、130キロ前後~中盤ぐらいまでも、ベース板の上を通過するときの強さは球速以上。スライダー・カーブ・シンカー系の球織り交ぜる好投手。ドラフト候補とかそういった投手ではないが、上のレベルでも野球を続けて行きそうな楽しみな投手ではあった。

プロ注目の 平沢 大河(仙台育英3年)遊撃手は、第一打席こそヒットを放ったものの、徹底的な内角攻めに合い、持ち味を削がれた感じ。遊撃守備での動きはよく、一冬越えてこの辺はだいぶ成長しているのかもしれない。176/71 の体格が示すように、良い選手ではあるが上位指名を担うほどのポテンシャルの高さを感じるかというと微妙な感じ。今後の試合を観て考えて行きたいが、今後も順調にアピール出来ても中位ぐらいの指名に留まる選手かもしれない。

また4番の 郡司 裕也(3年)捕手は、相変わらず実戦的で勝負強い打撃は健在。捕手としてのセンスも悪くないのだが、地肩がプロの捕手としては物足りない。こういった部分をプロ側がどう見るかは微妙だが、攻守にバランスの取れた選手だと言える。

また神村学園の注目打者である 山本 卓弥(3年)外野手は、良いところなし。確かに捉えた打球には見るべきものがあるのだが、どうも芯でボールを捉える確率が低すぎる印象を持っていた。現状は、高校からのプロ入りは厳しいのではないかと考える。

佐藤 世那(仙台育英3年)投手 180/76 右/右
平沢 大河(仙台育英3年)遊撃 176/71 右/左
郡司 裕也(仙台育英3年)捕手 180/79 右/右

北庄司恭平(神村学園3年)投手 178/76 右/右
山本 卓弥 (神村学園3年)中堅 185/85 右/左

第三試合 龍谷大平安 VS 浦和学院

昨年の選抜優勝校と、一昨年の選抜優勝校が初戦で対戦。プロ注目の左腕・高橋 奎ニ(龍谷大平安3年)左腕は、相変わらず足を高く引き上げる独特のフォームから繰り出す、135~140キロ台前半のストレートは変わらず。リリーフ時には、もっと活きの良いボールの切れと140キロ台中盤まで出せる勢いがあります。彼の持ち味は、一見荒っぽそうに見えながら、意外に低めに集まる球筋。この試合ではストレートが暴れる傾向にはありましたが、低めにカーブ・スライダー・チェンジアップ系の球を集め、ゴロの山を築いていました。

元々心配された今後の上積みという意味では殆ど感じられませんでしたが、良い意味でも悪い意味でも平行線という感じで、夏までによほど上積みがないと上位指名というほどの凄みは感じません。しかし本人がプロ志望ならば、中位ぐらいでの指名は充分あるのではないのでしょうか。この選手、ランナーを背負ってからボールを長く持ったり、走者を見ながらも投球できる視野があり、そういった野球センスは想像以上です。

神宮大会にも出場していた浦和学院は、津田・山崎の三・四番コンビがやはり目立つ。津田 翔希(3年)遊撃手は、神宮大会では打出小槌のように面白いほどヒットを連発していた好打者。この日はヒット一本に抑えられたものの、ミートポイントは悪くない。遊撃手としても安定しており、強豪‥名門大学などで野球を続けて行けるセンスの持ち主。

勝負強い打撃が魅力の 山崎 滉太(3年)一塁手は、甲子園でも持ち前の対応力の高さを見せつけた。守備・走力でアピールするものはないが、状況に応じ勝負どころでも仕事ができる能力は、全国でも指折りのポイントゲッター。彼も、有力大学などで野球を続けてゆくことになりそう。

高橋 奎ニ(龍谷大平安3年)投手 177/70 左/左

津田 翔希(浦和学院3年)遊撃 174/72 右/右
山崎 滉太(浦和学院3年)一塁 181/86 右/右

(大会三日目を振りかぶって)

大会三日目になり、ようやく投手でマークできる人材が出てきた。特に佐藤(仙台育英)・高橋(龍谷大平安)の二人は、夏までのその成長ぶりを見守りたい。

また投打で存在感を示した 平沼(敦賀気比)投手に、今回は良いところがないまま終わった 坂口(奈良大附)なども、今後もスカウトの目を惹きつけそう。坂口に関しては、この選抜でマークをやめる球団も出てくるかもしれないが。

野手では、平沢(仙台育英)遊撃手がどのぐらいのものなのか?今後の試合でも、スカウトの熱い視線を浴びそうだ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.