東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2015年 大学選手権4

大会二日目・東京ドーム第一試合 京都学園大 VS 愛媛大

京都学園大の先発・藤本 勇希(作陽出身・2年)右腕は、球速こそ135~MAX140キロぐらいでもボールの勢いは遥かにそれ以上に感じさせる勢いがある。変化球も、スライダー・チェンジアップ・カーブ・フォークなどがあり、どれも悪くない。気になるのは、全体的に高めに甘く入ることが多く、これをいかに改善できるか。あと2年でストレートの球威・球速が増すようだと、大学からのプロ入りも期待できるかもしれない。志を高く持って取り組めば、面白い存在になりそう。

愛媛大では、2番手で投げた 田中 宏章(洲本出身・3年)右腕が目を惹いた。常時130キロ台後半~MAX143キロのストレートは、ビシッとキレるのある球質。特にブレーキの効いたカーブがアクセントとなり、スライダー・フォーク系の球も織り交ぜて来る。ランナーを出すと、ニ盗・三盗とやられたい放題だったりと、まだただ投げ込んでいるだけといったレベル。しかし来年に向け、覚えておいて損はない投手だろう。卒業後、アイランドリーグなり本格的に野球に取り組んだら、どんな化学反応を魅せるのか気になるところ。

打者では、京都学園大の核弾頭・河合 絢斗(京都外大西出身・2年)DH のパワフルなスイングが目を惹いた。特にライトスタンドに叩き込んだスイングは圧巻で、高校時代から名の知れた選手ではあったが、更にパワーアップした感じがする。また守備でのアピールはできなかったが、盗塁を決めるなど1番打者の片鱗を見せてくれた。

大会二日目・東京ドーム第二試合 北海道東海大 VS 立命館大

立命館の先発・西川 大地(高知出身・4年)右腕は、中盤までノーヒットピッチングで素晴らしい内容。球速も130キロ台後半~MAX143キロまで記録し、スライダー・カットボール・カーブ・スプリットなどを織り交ぜ、コントロールがあり安定感抜群。けして凄みのある投手ではないが、社会人でも野球を続けて行ける素材。更にもうワンランク社会人でパワーアップできると、プロ入りもあるかもしれない。元々ゲームメイクできる、安定したピッチングが売りで、今春は 0.73 で最優秀防御率に。

東海大北海道の先発・ 山根 大幸(花巻東出身・3年)右腕は、大谷 翔平(日ハム)と高校時代のチームメイト。183/91 の大型サイドハンドで、球速こそ135~後半程度だが、長い腕がムチのようにしなり遅れて出てくる感じの打ち難さが武器。変化球は、カーブ・スライダー・シンカーなどで、コントロールなどはそれほど細かいものはないが、中々捉え切れない嫌らしさがる。

野手では、立命館の核弾頭・山足 達也(大阪桐蔭出身・4年)遊撃手が注目選手。大阪桐蔭時代から、小力のあるパンチの効いた打撃と、スタートの良い走塁は目を惹いていた。しかし結構ムラッ気のある選手で、プレーに波が有るタイプ。どちらかというと、ニ遊間のような連携プレーが望まれる守備位置よりも、将来的には外野あたりの方が向いているのではないのだろうか? 守備も動きは悪くないし、肩もそれなりだが、安定感に欠ける気がする。どうも春先から社会人が決まっているらしく、プロにアピールしようというガツガツしたものが見られないのも残念。現状は、ドラフト戦線からは外れた選手と観て良いだろう。

この試合でプロ注目だったのは、最後に登板した 桜井 俊貴(立命館大・4年)右腕。今春の関西学生リーグのリーグ2位の0.90を残し、大事な試合を任され大学選手権出場の立役者。恐らく先発しなかったのは、次の早稲田戦を想定していたからだろう。西川の好投もあり、敗戦の可能性が高くなってから慌てて調整したのではないのだろうか?

球速は常時140~MAX146キロで、結構ボールを動かして来る。球速自体は彼らしいものであったが、右打者内角を突く球が甘く入り、上手く巻き込まれてホームランされた。この選手の最大の武器は、左打者外角に決めるチェンジアップにあるのだが、右打者に対してはスライダーが制御できなかったり、高めに甘く浮く傾向が強い。通常右投手は左打者を苦手にするのだが、この選手はむしろ逆で右打者の方を苦手とする珍しいタイプ。関西学生の開幕登板の試合を観て、個人的には指名できると評価しているし、散々リーグ戦でも力を見せてきているので、スカウトの評価もこれで揺らぐことはないだろう。関西の大学生投手で指名されるのは、岡田(大商大)と、この桜井ぐらいではないのだろうか。あと実際生で観てみて、ボールがしっかり手元まで来るボールを投げられたのは、今年数えるほどしかいなかった。その一人がこの桜井であり、そのボールを持続できるだけの本当の強さ・スタミナを身につけるのに、プロでも一年ぐらいはファームに漬けこまないとダメではないのだろうか。右打者への攻めと、体力的な部分を改善できれば、プロでも2年目ぐらいからローテーションに入っても不思議ではない。イメージ的には、高梨 裕稔(山梨学院大-日ハム4位)の時に似ている。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.