東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2015年 大学選手権5

大会二日目・東京ドーム第三試合 東海大 VS 九州産業大

東海大の先発は、春絶不調だったドラフト候補の・吉田 侑樹(東海大仰星出身・4年)右腕。立ち上がりから常時140~144キロぐらいのボールを投げ込んでおり、ボールの走り・コントロールはさほど良い時と変わらなかったと思う。むしろ思ったほど悪くないじゃんといった内容で、立ち上がりを上手く切り抜けられれば、リズムに乗れたのではないのだろうか?

確かに微妙なコントロールに欠き、高めに甘く入る球を痛打されたり初回に打ち込まれ降板。しかし元々細かいコントロールで勝負するタイプでは無いし、角度を駆使しした投球で相手の的を絞らせないのが持ち味。巡りあわせんの悪さもあったのかな?という感じで、むしろ思ったほど重症ではないのでは?と個人的には思った。試合巧者の九州産業大が、ちょっとした隙を見逃さなかったところを褒めるべきでは。彼も例外なく期待されて調子を踏み外した4年生の一人であり、評価は秋のシーズンへの持ち越しとなった。しかし彼の場合、条件さえつけなければドラフト指名は濃厚のレベルの選手であり、焦ることはないだろうから秋の立て直しに期待したい。

九州産業大の先発は、井手 亮太郎(九産大九州出身・2年)右腕。右サイドからの勢いのある球が特徴で、荒れ球で的を絞らせない。しかし今春の平塚合宿ではストライクが入らず散々な内容だったが、この日は見事にその悪いイメージを払拭。立ち上がりは、常時145キロ前後のボールを連発。今回興味深かったのは、制球に不安のあったスライダーを捨てて、速球とシンカーのコンビネーションに徹するようになったこと。残念だったのは、故障で3回で降板してしまったこと。まだ2年生だけに、着実にレベルアップしていって欲しい。

九州産業大の2番手で投げた 伊藤 奨太(九州学院出身・3年)右腕は、ボール自体135~MAXで141キロ程度と際立つものはない。しかし腕の振りが全く同じなので、速球とスライダー・フォームなどの変化球との見極めが極めて困難な厄介なタイプ。もう少し球威・球速が増して来ると厄介な存在になりそう。

東海大では、高校時代から高く評価する 神原 友(東海大甲府出身・3年)右腕が3番手登場。相変わらずガッチリした体型で、140キロ台中盤の球威のある球を連発。来年は、第二戦の先発あたり任されそうな存在。ちょっと気になったのは、肩周りの筋肉をつけすぎて、腕の回旋が窮屈になってしまっている点。これだと、小手先の変化球になり、特徴が見えづらい投手になりかねない。まだ来年のドラフト候補と呼べるほど、絶対的な内容ではなかった。

やはり注目なのは、神原の後を投げた 丸山 泰資(東邦出身・3年)右腕。こちらは、常時145キロ前後~MAX149キロのストレートを投げ込み、打者の手元でキュッと鋭く曲がるスライダーと、カーブも良いアクセントになり150キロ右腕の片鱗を見せてくれた。この選手の素晴らしいのは、何よりフォームにメリハリが効いているところ。そのため打者が、ピュッとワンテンポ振り遅れるし、ボールにもキレが生まれている。順調にゆけば、来年の有力な上位候補といえる。

九産大も、187センチの角度が光る 森川 祐至(熊本商出身・3年)右腕が登場。この日は140キロ台中盤止まりであったが、ボールの威力は健在で来年の有力な候補として存在感を示した。来年は、高良・森川のコンビは、スカウトからも熱い視線を浴びることになりそう。

東海大相模の選抜優勝メンバーが顔を連ねた東海大打線だが、いずれも現状ドラフト候補というほどのインパクトは感じず。特に田中 俊太(東海大相模出身・4年)二塁手は、高校時代は兄・広輔(広島)以上に評価していた選手だっただけに、あまり伸びていなくて残念だった。

大会二日目・神宮球場第一試合 東日本国際大 VS 大体大

この試合は、投手より野手が目立つ試合でした。大体大の核弾頭・堅田 啓太郎(秀岳館出身・2年)中堅手は、50メートル5秒9の快速を生かしたプレーが自慢。中堅手としてもまずまずで、守備・足は更に上のレベルでも通用しそう。どうしても左の巧打者タイプなので、ひ弱に見える打撃が今後の課題だろうか。

2番の 庄野 雄斗(履正社出身・3年)三塁手は、ライトポール際にホームランをかっ飛ばしたり、長短織り交ぜた打撃は光っていた。この試合では2番を打っていたが、持っている打撃の資質はチーム一ではないのだろうか。三塁手としての動き・地肩もまずまずで、足もそれなりに速そう。三拍子、バランスのとれたプレーヤーとの印象。また3番の 木村 侑輝(敦賀気比出身・4年)捕手も、右中間スタンドへのホームランや左中間方向へと幅広い打撃が目立った。捕手としてもキャッチングがしっかりしており、ワンバウンド処理でのミットの出し方なども素晴らしい。地肩はあんまりよくわからなかったが、少々腕が横から出るのが気になった。次の試合でも注視してみたいが、社会人あたりでも野球を続けて行ける選手ではないのだろうか。

一方の東日本国際大では、1年生ながら三番に座っていた 青木 龍成(山形中央出身・1年)中堅手が、2本のヒットで存在感を示した。高校時代からセンスの良さは目を惹く選手で、一年から神宮で結果を残して魅せた。また4番を打つ 二橋 大地(盛岡大附出身・3年)一塁手も、腕っぷしの強さを生かしたパワフルな打撃と、いかにも4番という存在感が光っていた。この試合では、3打数3安打2打点と、4番の重責を充分果たしている。

ドラフト候補云々という選手たちではないが、今後もアマ球界を盛り上げて行ってくれることが期待できる面子ではないのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.