FC2ブログ

2015年(52・53) 千葉大会レポート

長野の日帰り遠征も考えたのですが、台風で試合ができるのか微妙だったので、千葉での観戦を決めました。春見られなかった千葉の有力選手をフォローするためです。10年ぶりぐらいに、柏の葉球場に行った気がします。

専大松戸 VS 市川

この試合の目的は、春2度の観戦をするも見られなかった 原 嵩(専大松戸3年)右腕の確認でした。しかしこの日も先発ではなく、試合後半からの登場となります。春季関東大会では、素晴らしい速球を投げたことで、再び評価が上がってきた関東屈指の速球派右腕。

原はイニングの途中から、ライトから投手へ。代わりっぱなは、常時130キロ台中盤~87マイル(139.2キロ)ぐらい。その割に細かいコントロールや変化球に光るものがないので、微妙な内容。2イニング目ぐらいから、指にかかった時にはおっと思える球もありましたが、やはりアベレージとしては物足りません。最終回は、常時140キロ前後~MAX91マイル(145.6キロ)と、力でねじ伏せにはゆきますので、その片鱗は感じました。しかしまだまだ素材型の域を脱しておらず、前日の 望月 惇志(創学館3年)右腕同様に、かなり微妙との印象を受けます。望月ほど癖がないので、本会議での指名の可能性を感じますが、上位指名で云々というほどの力はないように思います。それもモノになるかと言われると、難しいタイプのように思います。現状は、まだまだ速い球を投げるだけというイメージは拭えません。

また同じくドラフト候補の 渡辺 大樹(専大松戸3年)遊撃手は、この日はヒット連発・出塁すれば盗塁をしアピール充分。相変わらず動作の切り返しに鋭さが物足りなく感じますが、春よりは本気で動く気はあるようです。本気は出せば非常に足も速いですし、肩も強いなど身体能力・秘めたるスケールは間違いなくプロ級。果たしてプロで、その秘めたる才能を開花できるか気になります。この勢いだと、本会議でも指名されても不思議ではありません。テレビ中継の映像なども見なおして、最終的な評価を固めて行きたいですね。

我孫子東 VS 成田北

我孫子東の 宮城 正規(3年)右腕も、春観戦に行って見られなかった一人。180/100 というぽっちゃり体型も、こちらは投げっぷりの良い実戦派。球速は、常時135~MAX89マイル(142.4キロ)ぐらいで、もっと力を入れて投げれば140キロ台中盤ぐらいは記録できそう。

テンポ・球筋もなども安定しており、カーブとのコンビネーションでピッチングを組み立ててきます。それほど細かさはありませんが、マウンド捌きも堂々として純粋に投手としての力量は、原よりも現時点では上でしょう。といっても、けして完成された投手というわけでもないので、将来的に150キロ投げても不思議ではありません(馬力もあるので)。ちょっと見た目で損している印象もありますが、原に集結していたスカウトが、第二試合で誰もいなくなっていたのは、なんとももったいない気は致しました。

もう進路を明確にしているのかわかりませんが、全国で話題になっている候補達と比べても遜色はありません。専大松戸も我孫子東も、あとひとつずつ勝てばテレビ中継だけに、ぜひ対戦を実現して欲しいですね。宮城が、専大松戸戦でどのぐらい能力を引き出されるのか見てみたい気は致します。仮にアマに流れたとしても、今後も追いかけてみる価値は、充分ありそうです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード