東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2015年 アイランドリーグ選抜 VS フューチャーズ3
今回は、二日間のアイランドリーグ選抜の試合を観て気になった選手をピックアップして行きたいと思います。

増田 大輝(22歳・徳島ID)内野 172/62 右/右 (小松島出身)

二日間ともに、代表チームの二番・二塁手としてスタメン出場しました。初日には、センター前、サード横を抜けるツーベース・三遊間へのヒットと連発し、存在感を示します。鋭さとスピード感のある選手、そんな印象を受けました。

徳島では、34試合 1本 15打点 9盗塁 打率.174厘 という成績。二塁手としても、守備力・地肩ともに許容範囲といった印象。二塁到達、8.33秒ぐらいとまずまずの俊足。ただしアイランドリーグで1割台というのは、なんとも打撃が心許ないところ。初日三安打放ってそんな打力が弱い選手には見えませんでしたが、二日目は目立つものがありませんでした。まぁ年齢的に若いというのと、ショートあたりも無難にできるようだと、成績はスイングにひ弱はなく、育成枠での指名も無きにしもあらずといった感じでしょうか。

大木 貴将(23歳・香川OG)内野 173/73 右/左 (拓大紅陵出身)

一塁までの塁間を、3.9秒台で駆け抜ける脚力が最大の自慢。ここまでで、34試合 0本 9打点 21盗塁 打率.291厘 という成績で、増田でなく大木がスタメンしてイなかったほうが不思議なぐらいの成績。

盗塁では、2位の増田の9個に対し21個ですから、リーグでは図抜けた走力であることが伺われます。見た感じ打撃がひ弱で全然なのかな?と思ったのですが、打率.291厘打っており、全く箸にも棒にもかからないという数字でもありません。この選手は足が図抜けているので、育成あたりならば指名の可能性は充分あるのではないのでしょうか。守備では増田のあとにセカンドを守っていましたが、どのレベルなのかはよくわかりませんでした。

松嶋 亮太(27歳・徳島ID)内野 180/88 右/右 (大分大出身)

初日は4番・ショートで、二日目は4番・DH で出場していました。ここまでの成績は、34試合 1本 15打点 5盗塁 打率.250厘 という成績。成績的には、何故この選手が4番なのかと思います。しかしスイングを見てみると、スイングの弧が大きく、メンバー中一番プロ仕様のスイングをしているのはこの選手でした。

初日に強烈なライト前ヒットを放ちますが、やや粗い部分があるのは成績が示す通り。ショートとしても丁寧で、守備・地肩ともに悪くありません。素材としては、なかなか面白いものがありますし、ある程度守れるのも魅力。しかし27歳の年齢がネックであり、この年令で、この成績で食指を伸ばす球団が出てくるか? 20歳ソコソコだったら、間違いなく育成では指名されていたとは思いますが。

小林 義弘(20歳・徳島ID)内野 182/86 右/左 (山梨学院大附出身)

山梨学院大附時代は、山梨予選で5本塁か何かを放ち注目されたスラッガー。東洋大に進むも早々中退して、アイランドリーグでプロを目指します。個人的にも、その打撃には大変期待している一人で、実際スパンと強い打球を放つ打撃は、やはり一番打力では魅力を感じます。

しかしリーグ戦では、32試合 2本 11打点 1盗塁 打率.292厘 と図抜けているわけではありません。昨年もアイランドリーグ1年目から代表メンバーに選出され期待されるも、成績はそれほどではありませんでした。

若さとその打力は魅力なのですが、守備位置が一塁など限られてしまったり、走力もイマイチでなので、打撃オンリーのタイプということ。それを承知で育ててみたいという球団が現れても不思議ではないのですが、そういった需要があるのかは微妙でしょう。

赤松 幸輔(23歳・香川OG)捕手 188/106 右/右 (名古屋商科大出身)

見るからに壁といった捕手で、ディフェンス面ではスローイング含めて正直どうなのかな?といった印象しかありません。しかし二日目に、アマでは殆ど見られないような特大のホームランをレフトスタンドに叩き込みます。このパワーは、ちょっとビックリ。

ここまでの成績は、31試合 9本 26打点 0盗塁 打率.327厘(リーグ3位) 。更に本塁打9は、現在のホームランダービートップを走ります。もう守備は緊急時の場合の選手だと割りきって、打撃オンリーで考えるならばアリだと思います。そういった需要があるのであれば、育成あたりなら指名は充分ありの個性派ではないのでしょうか?

(野手を振り返って)

二日間で見ていて気になったのは、この辺の選手でしょうか。足という武器がある大木、圧倒的な長打力のある赤松 。こういった選手は、まさに育成でこそ光る一芸に秀でた選手たちだと言えるでしょう。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.