東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2015年夏 甲子園初日
今日から、いよいよ夏の甲子園が始まりました。いつもどおり今後個別に取り上げる選手を探すために、簡単に気になった選手について触れてゆきたいと思います。

第一試合 鹿児島実 VS  北海

北海の先発は、背番号8を付けた 山本 樹(3年)右腕。立ち上がりから力んで甘いところに入るなどコントロールに課題。しかしMAX143キロのズシリと球威を感じさせるストレート、スライダー・カーブ・特にチェンジアップの落差など、一つ一つのボールは素晴らしい。昨年は130キロぐらいでもボールに勢いが感じられてレポートを作成したが、そのボールの勢いに見合うだけの球速が伴ってきた。上手くこのボールの良さを生かしまとめることができたら、将来は面白い投手になれそう。

両チームの打者でも、一番を目を惹いたのが、北海の3番打者・丹野 涼介(3年)三塁手。とにかくバットが振れる点が素晴らしく、実にその打球もパワフル。できれば、もう数試合観てみたかった。道内を代表する強打者・鎌仲 純平(3年)左翼手も、ボールを呼び込んで打てる打撃にその片鱗を見た。ホームランもそうだが、フライでもなかなか落ちて来ない打球に、ポテンシャルの高さを感じさせる。

鹿児島実業では、1番を務めた 有村 健太(3年)一塁手の、シュアな打撃が光る。どの方向にも打ち返せる幅の広い巧打で4安打。2年生4番の 綿屋 樹(2年)三塁手も2安打・4打点の活躍で来年に期待を持たせる活躍だった。

山本 樹  (北海3年)投手 175/72 右/右
丹野 涼介(北海3年)三塁 178/77 右/右
鎌仲 純平(北海3年)左翼 176/81 右/左

有村 健太(鹿児島実3年)一塁 173/68 右/左
綿屋 樹  (鹿児島実2年)三塁 179/87 右/左

第二試合 中京大中京 VS 岐阜城北

中京大中京の先発、上野 翔太郎(3年)右腕は、ドラフト候補という感じではないが、9回を6安打・10奪三振で完封するなど素晴らしい内容。特に腕をシャープに振ることができ、速球とスライダー・チェンジアップなどの腕の振りの見分けが難しく三振の山を築ける。また手元でシッカリリリースできるので、打者の手元までビシッとキレる。さらに大学などでレベルアップできれば、4年後はドラフト候補に浮上しても不思議ではない。最後の打者に、この日最速の144キロの速球を投げ込んだのも見事だった。

伊藤 寛士(中京大中京3年)捕手は、プロも注目する強打の捕手。思ったほどキャッチングなどのプレースタイルが雑でなかったことは好感だったが、地肩を含めたスローイングなど、捕手としてドラフト候補としてはパンチ不足の印象も。打撃もパワフルで強打者であるのは認めるが、金属バットと腕力に任せたところもあるので、個人的には大学経由の選手かなという印象。将来的には、東都や六大学でも野球を続けられる力の持ち主であるのは間違いない。

むしろスイングという意味では、3番の 中村 健人(中京大中京3年)中堅手の方が目を惹いた。ヒットは初回1本のみに終わったが、今後の試合で打撃の力量・守備力・地肩など詳細をつめてみてみたい。

岐阜城北には突出した選手はいなかったが、村木 亮介(3年)の軽快な遊撃守備が光り、2年生の 林 剛輝 右翼手に2安打出るなど、将来につながる活躍できたことは大きかった。

上野翔太郎(中京大中京3年)投手 174/74 右/右
伊藤  寛士(中京大中京3年)捕手 173/87 右/右
中村  健人(中京大中京3年)中堅 181/78 右/右

村木 亮介(岐阜城北3年)遊撃 170/65 右/右
林   剛輝(岐阜情報2年)右翼 172/65 左/左

第三試合 宮崎日大 VS 上田西

この試合は、録画ミスで試合序盤と終盤のみしか録画できていなかったので、野手に関しては触れることができません。それぞれの野手は、県大会の模様を振り返るときにとりあげたいと思います。

この試合で光ったのは、上田西の先発である 草海 光貴(2年)右腕のピッチングセンス。球速は135~140キロぐらいだが、テンポよくポンポンとストライクゾーンに投げ込み、自分のペースに相手を引き込むのが上手い。それだけでなく内角を厳しく突いたり、勝負どころとそうじゃないときとの強弱の付け方も2年生とは思えない投球術。変化球は、横滑りするスライダーのキレがよく、チェンジアップも織り交ぜながら、最後まで宮崎日大打線に的を絞らせず完封。この大会の台風の目となりそうな存在。

一方の宮崎日大は、旧チームから主戦として投げていた 杉尾 剛史(3年)右腕が、立ち上がり打ち込まれたのが痛かった。球速こそ135~MAX142キロぐらいの重いボールを投げていたものの、甘く入ったところを簡単に捉えられていたのは気になった。もう少し投球に、いろいろ工夫が欲しいでのはないのだろうか? 

二番手で投げた 黒木 隆司(3年)右腕は、腕が突っ張って投げるアーム式ながらストレートの球威には見るべきものがあった。カーブ・スライダー・チェンジアップなどの威力もあり、更に今後パワーアップして来るようだと面白い。

注目の 前田 禎史(宮崎日大3年)右翼手は、最初の打席の空振り三振しか確認できず。しかし右翼からの返球には良い物があり、強肩ぶりを見せてくれた。宮崎大会の模様を確認して、レポートを作成してみたい。また上田西は嫌らしい攻めをしてくるチームで、野手陣にもそれなりにタレントがいそうなだけに、次回の試合を楽しみにしたい。

草海 光貴(上田西2年)投手 168/62 右/右

杉尾 剛史(宮崎日大3年)投手 173/77 右/右
黒木 隆司(宮崎日大3年)投手 167/67 右/右
前田 禎史(宮崎日大3年)右翼 179/77 右/右

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.