東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2015年夏 甲子園2日目・第三・第四試合

大会2日目・第三試合 九州国際大附 VS 鳴門

昨年も主戦として投げていた 河野 竜生(2年)左腕が、鳴門の先発。左スリークオーターから繰り出す130~135キロのストレートは、テイクバックも小さく差し込まれやすい。変化球は抜け球も多いが、スライダー・カーブ・チェンアップと一通りあり、マウンド捌きの良さは健在。完成度の高い投手との印象があるが、昨夏よりも常時5キロ程度は速くなっているのではないのだろうか。結構厄介な投手に見えたが、それを攻略してしまう 九州国際大附 の打線は、今年も全国上位ということなのだろう。秋以降の四国の新チームは、なかなか苦労するのではないのだろうか。

この試合の注目選手は、山本 武白志(九州国際大付3年)三塁手。父は、ロッテでも監督を務めた 山本 功児氏。昨夏も強力打線の九州国際大附において、6番・三塁手として出場している。ただ下級生の時から見て来て、正直ピンと来たことがない。

一つは打てるポイントが限られていること、そして身のこなしに柔らかさを感じないことにあると思う。打球もパワフルで強烈ではあるが、けしてスラッガーとか上げるタイプでもない。三塁手としてもそれほど上手くなく、上のレベルだと一塁・左翼あたりかなと思える守備力と、走力にも魅力はないことを考えると、正直ドラフト候補としては物足りない。ただし父のDNAに期待して、ロッテなど関係のある球団が、育成あたりで指名する可能性も無きにしもあらずかといった感じ。貴重な、右の大型三塁手ではあるのだが・・・。

強力打線である九州国際大附ではあるが、ドラフトだとか今後大学・社会人で活躍して行けるか?という観点で見ると、今年のチームはタレントに乏しい気はするのだが・・・。

河野 竜生(鳴門2年)投手 172/72 左/左

山本武白志(九州国際大付3年)三塁 187/83 右/右

第四試合 東海大甲府 VS 静岡

静岡大会では、140キロ台中盤の球速を連発していた 村木 文哉(静岡2年)右腕。しかしこの試合では、初球からフォークを投げるなど、県大会での勢いはだいぶ薄れていたのではないか? 元々フォークを多投する投手は肘への負担が大きいし、彼のような担いで投げるフォームの選手は腰への負担も大きい。フォークをバシバシ使っていたことからも肘痛というよりは、腰などの県大会での疲労が抜けきれなかった可能性は否定できない。それでも常時130キロ台後半~MAX144キロを勝負どころで記録。カーブ・フォークなどを交える姿は、秋以降東海地区を引っ張ってゆく存在なのは間違いない。あとは、中間球であるスライダーをいかに磨き、フォークに依存しすぎる投球を改善できるのか。

スラッとした投手体型の村木とは対照的に、菊地 大輝(東海大甲府2年)右腕は、がっちりしたパワー型。こちらも130キロ台後半~MAX145キロを記録するボールの威力は確かで、1年時から主戦として活躍する片鱗を見せてくれた。変化球は、スライダー・チェンジアップなど。村木同様に、ただ球速があるだけでなくある程度ピッチングできる速球派。しかし不思議と、二人ともドラフト候補の匂いがしてこない。秋の大会では中々攻略するのが厳しい存在で、選抜出場も期待できる完成度。課題は、合わされやすいフォームにある。いずれにしても関東を代表する投手として、来年世代を引っ張ってゆく一人ではないのだろうか。

野手では、静高の中軸はタレント揃い。3番の 内山 竣(3年)右翼手は、三拍子バランスのとれた選手だが、選抜のようにはアピールできず。5番の 安本 竜ニ(3年)は、選抜はショートだったが夏は三塁手に。守備含めてが魅力の選手だっただけに、ややインパクトが薄れてしまった感は否めない。そんななか4番の 堀内 謙伍(3年)捕手は、良い形でボールを捉えられており、自慢の強打を存分に発揮することができた。しかし3人ともにドラフト候補というよりは、中央の有力大学などに進むことが予想される。そんななか、1番の 鈴木 将平(2年)中堅手は、センターの守備も上手く、打っても2安打の核弾頭。来年に向けて、楽しみな選手だと言えよう。

東海大甲府では、パワフルな打撃が光った4番・平井 練(3年)右翼手に、良い形で捉えられていた 松岡 隼祐(2年)三塁手などが、来年に向けて楽しみな選手だった。

村木 文哉(静岡2年)投手 182/74 右/左
内山 竣  (静岡3年)右翼 175/72 左/左
安本 竜ニ(静岡3年)三塁 178/78 右/右
堀内 謙伍(静岡3年)捕手 174/80 右/左
鈴木 将平(静岡2年)中堅 173/73 左/左

菊地 大輝(東海大甲府3年)投手 178/83 右/右
平井 練  (東海大甲府3年)右翼 174/80 右/左
松岡 隼祐(東海大甲府2年)三塁 180/87 右/右


2試合ともタレントはいましたが、ドラフト指名となると微妙な面子かと。村木・菊地の両2年生は、秋以降地区を代表する投手として引っ張ってゆく存在になろうかと思いますが、不思議と来年のドラフトというイメージが湧いてきません。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.