東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2015年夏 7日目・第二・第三試合
長々行ってきた甲子園レポートも、今回で、出場全校のレポートを終えることになります。

大会7日目・第二試合 遊学館 VS 九州学院

遊学館の先発・小孫 竜二(3年)右腕は、180/82 の体格ながら、それほどスケールを感じさせる投手ではありません。しかし球速は、常時130キロ台後半~MAX144キロを記録。勝負どころでは、140キロ台を連発する能力があります。またストレートのコマンドは高く、縦に切れ込むスライダーにも威力を感じます。高校からのプロ入りはないでしょうが、大学などに進んで更に伸びるようだと、将来はプロへの期待も膨らみます。

九州学院の先発・伊勢 大夢(3年)右腕は、神宮大会・選抜・夏の選手権と出場し、全国でもお馴染みの好投手。スリークオーターから繰り出す、130キロ台中盤~MAX142キロのぐらいのボールのキレは悪くありません。その他にスライダー・シンカー系の球なども織り交ぜ、コントロール・マウンド捌きもまずまず。しかし昨秋からの上積みが感じられず、投球に奥行きがないのが気になります。昨秋見た時は、このまま伸びてゆけば、平良 拳太郎(北山~巨人)ぐらいの投手にはなれるかもと期待しましたが、そういった成長が観られなかったのは残念。大学などでの、飛躍に期待したいところ。

打者では、遊学館の3番・土倉 徳(3年)二塁手が、鋭い当たり連発で3安打。一年生から注目されてきた5番・広橋 敬大(3年)一塁手は、この試合ではそれほど存在感を示せず。

九州学院では、期待された 松下 且興(2年)右翼手が、遊撃手から外野手になっていたり、打順も7番など伸び悩んでいたのは残念。来年に向けて、更なる巻き返しを期待したい。また期待1年生・村上 宗隆(1年)一塁手も、4打数0安打に終わりアピールすることができなかった。

小孫 竜二(遊学館3年)投手 180/82 右/右
土倉 徳  (遊学館3年)二塁 178/71 右/右
広橋 敬大(遊学館3年)一塁 177/83 右/右

伊勢 大夢(九州学院3年)投手 182/78 右/右
村上 宗隆(九州学院1年)一塁 185/86 右/左
松下 且興(九州学院2年)右翼 176/68 右/右

大会7日目・第三試合 作新学院 VS 上田西

出場49校中最後に登場した作新学院、この試合は同校の選手のみとりあげます。この試合で目立ったのは、1番の 赤木 隆哉(3年)左翼手と3番の 添田 真海(3年)遊撃手。

赤木 は、とにかく打球の球足が速いのが特徴。ライナー性の鋭い打球が、野手間に飛んでゆく。この試合三安打・敗れた九州国際大附戦でもヒットを放ち存在感を示した。県大会でも6試合で5盗塁を決めるなど脚力もあるようだが、守備位置は左翼。確かに打球の追い方などを見ていると、あまり守備には自信を持っていない気はする。県大会では右翼も守っていたみたいなので、肩も悪くないのかも。その辺は、他の試合を観るときにも注視したい。

添田 の方も、右に左へと4安打。特にボールを引きつけてからの、レフト方向への打撃が上手い。ベースに覆いかぶさるような癖のある構えではあるが、遊撃手としての動きもよく、地肩もまずまず。170/72 と体格には恵まれないが、大学などでも存在感を示して不思議ではない。6試合で2盗塁と動ける走力もあるようで、今後の活躍にも期待したい好選手。

下級生の時から、投手としても注目された 朝山 広憲(3年)一塁は、2試合とも登板なく終わる。パワフルな打撃が売りだが、夏の大会も故障の影響で1試合のみの登板。順調ならば、140キロ台を越えるパワーピッチもお預けとなった。将来は、野手一本で勝負するのか? それとも投手としての復調を図るのか?

朝山 勇輔(作新学院3年)一塁&投手 176/78 右/左
添田 真海(作新学院3年)遊撃      170/72 右/左
赤木 隆哉(作新学院3年)左翼      178/75 右/左
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.