東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2015年 都市対抗レポート7

大会三日目・第二試合 明治安田生命 VS 三菱重工広島

27歳になった今年でも、ドラフト雑誌などのリストには、この 鮫島 優樹(27歳・三菱重工広島)右腕の名前が必ずあがっている。オーソドックスな右上手投手で、常時130キロ台後半~MAX144キロぐらい。特に際立って、打者の手元まで伸びているとか、コマンドが高いというわけではなく、要所でズバッと好いところに決めてくる。カーブ・スライダー・それにチェンジアップ気味のフォークなどとのコンビネーション。イメージ的には、縦の変化が中心で 安部 建輝(NTT西日本-DeNA)右腕に似たタイプかと。安部の方が、ストレートの強さがあるよう思える。ただしチームの大エースとして活躍してきた実績・実力があるだけに、普段から開き直れるハートの強さはあるのかもしれない。もう少し、この年令ならば、ビシバシとコーナーに普段から決まって欲しい感じで、イマイチまとまりが悪いところと、ボールの強さが物足りない。ひょっとしたらハードルを下げれば指名してくる球団はあるかもしれないが、今年特に何か変わったという印象はない。

明治安田生命は、昨年も都市対抗で好投した 大久保 匠(25歳・明大出身)右腕。球速は135~140キロぐらいと地味だが、スライダー・チェンジアップ・それに昨年は目立たなかったカットボール気味のボールが目を惹いた。昨年は、MAX143キロを記録したように、もう少しストレートの割合も多く、ボールの伸びも目立っていた印象。それだけ見栄えはしなくなった一方で、ボールを微妙に動かす術を身につけ、自チームを東京ドームに導いた(昨年は補強)。しかし昨年でも、よほど良くないと生で観ると物足りなかったことを考えると、スカウトの評価が高まっているとは考えづらい。今年も、指名はされないのではないのだろうか。

続くNTT信越硬式野球クラブ戦で先発した、ルーキーの 大下 拓馬(23歳・亜細亜大出身)右腕も、録画に失敗したが確か140キロ台を記録していたように思う。来年選手なので、機会があれば再度注目してみた。

鮫島 優樹(27歳・三菱重工広島)投手 178/82 右/左
大下 拓馬(23歳・三菱重工広島)投手 178/82 右/左

大久保 匠(25歳・明治安田生命)投手 177/78 右/右
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.