東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2015年秋 東京六大学レポート 1
六大学が開幕し、ようやく秋季リーグ戦の模様を確認できました。そこで今回は、ドラフト候補に絞り、気がついたことを書き込んでみます。

東大 VS 早大

ドラフト上位候補の 茂木 栄吾郎(早稲田大4年)三塁手は、昨年秋の首位打者・春は5本・11打点.390厘 と大活躍して早稲田日本一に貢献しました。ドラフト指名は揺らぎませんが、「野球太郎」の座談会やツィッターなどにも書きましたが、高めの見極めがポイントだと指摘しました。しかしこの試合でも、宮台 康平(東大2年)左腕の高めのボール球に手を出してしまい、自ら不利の状況を作って討ち取られてしまっていました。

この高めを捨てる、カットするなどの我慢ができる術を身につけないと、プロでは徹底的にソコを攻められて、自分の打てる球まで打てなくなってしまいます。これは、よく外国人にやると有効な攻めで(外人はローボールヒッターが多い)、ここが我慢できるかが日本での成功の有無に大きく左右します。茂木にも、同様のことが言えるのではないのでしょうか。シーズン後半に再び見たときに、その辺がどう変わっているか見極めたいポイント。

そういった球では、自分が打てる球しか手を出さないと割り切っている 丸子 達也(早大4年)一塁手の方が、投手としては不気味に感じられるはず。丸子は難しい球を打つような器用さはないですが、打てる枠の中のボールはかなりの確率で仕留めてきます。しかし春のシーズンに比べると、少し振りが鈍く感じられたのは気のせいでしょうか?

志望届けを出せば、下位指名でしょうが指名されるとは思います。しかし本人が、現時点でそこまでガツガツしている感じはしないので、社会人に進んで自信を持つまでは本人もプロ志望にはならないのではないか、そんな感じが致します。

一番を打つ 重信 慎之助(早大4年)外野手は、俊足、攻守、巧打ぶりは健在で、変わらず好調をキープといった感じ。通算でも.3割を超える実績を残している選手で、走・守はプロ級なので、こういった左の好打者タイプの外野手を望んでいる球団があれば、指名される力は充分あると思います。しかしプロで最もダブつきやすいポジションだけに、下位指名だろうなという感じはします。

立大 VS 慶大

横尾 俊建(慶大4年)三塁手は、緒戦ではセンター中心にはじき返そうという意識が感じられるバッティング。しかし別の試合を見た人の話では、ぶよぶよの体でボールを引っ張りまくっていたとの話も耳にしており、他の試合の模様をみて、見極めてゆきたい。しかしこの選手は、けして長距離打者なのではなく、広角に打ち返す中距離ヒッター。それだけに長打を求めず、状況に応じたバッティングを追求すべきではないのだろうか?

その一方で、開幕から爆発しているのが、谷田 成吾(慶大4年)外野手。春は、打率.146厘と絶不調で酷評されていた。しかし私は、あれだけ前大きく振れるスイングができる選手はいないと、スラッガーの資質はピカイチだと高く評価した。緒戦の立大戦では、さよならホームランだけでなく、レフト前ヒットなどアウトの内容も悪くなかった。すでに、開幕カードだけで3本塁打・10打点をマーク。最終的に、何処まで成績を伸ばすか注目したい。ただし野球への意識・状況に応じたバッティングなどの観点は期待できないので、どこまで伸び伸びした状況で好き勝手にバッティングさせられるかにかかっている。

立大の核弾頭・大城 滉ニ(興南出身・4年)遊撃手も、伸び伸びと型にハマることなくヤらせてもらってきたんだなという感じの自由奔放なバッティング。こちらは意識が低いとかそういったことはないのだが、独特の感性を持っており、それを潰さないように周りも気をつかってきたのでは?それでも通算100本以上のヒットを打つのだから、これで本格的な環境に進んだらどうなるだろうという期待は抱く。しかしその反動か、体がプロという感じではないので、プロで戦える体を作るのには、1,2年はかかるかもしれない。しかしヒットを生み出す感性という意味では、今年の大学生で一番魅力を感じる。あとは、彼の感性を潰さない球団に進んで欲しい。ドラフトでも二遊間を担える選手であり、中位ぐらいでは指名されるのではないのだろうか? 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.