東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2015年 神宮大会・高校の部 二日目

第一試合・創志学園 VS 敦賀気比

今大会注目度NO.1投手であった 高田 萌生(創志学園2年)右腕は、噂どおり「松坂二世」の雰囲気を漂わす選手だった。球速表示こそ、135~MAX143キロぐらいであったが、勝負どころでのストレートには威力があり、見るべきものがある。変化球は、横に鋭くキレてゆくスライダーを武器に、カーブ・チェンジアップ系のボールを交えて来る配球も松坂にそっくり。結構アバウトそうな投手に魅せて、ボールはコースに集まっていた。打たれたのは、カウントを取りに来た時のスライダーが多く、速球以外の球でカウントをいかに取るかが今後の課題だろうか。順調に一冬越えてくれば、選抜では140キロ台後半の速球を連発しても不思議ではない。背筋・体幹を鍛えあげて作ってきたタイプで、底から沸き上がるようなパワーを期待したい。現状はまだ上位候補の可能性を秘めた素材という範疇ではあるが、今後の成長次第では充分それも現実になるだろう。

敦賀気比の先発・山崎 颯一郎(2年)右腕は、188センチの長身から繰り出す角度が自慢。こちらは、球速を落とした 藤浪晋太郎 といった感じ。ストレート自体は、135~MAX140キロぐらいの球速を、九回まで淡々と刻んで来るタイプ。高田ほどボールに訴えかけて来るものがないのだが、ストレートのコマンドが高く、安定して狙ったところに集めてくる。また縦に割れるカーブ・スライダーフォークなどもあり、両サイドだけでなく高低も意識しないといけない厄介タイプ。この時期の高校生としては、テクニカル面で秀でており、これでストレートに身が入って来ると手がつけられない。

個人的にはピンと来るものはないのだが、このまま順調に肉付けして来られると、ドラフト上位指名も見えて来るだろう。ピッチングをみる限り、思った以上に頭の良さが感じられるタイプ。一冬越えて、どんなピッチングを魅せてくれるだろうか?

野手では、旧チームから目立っていた 3番・林中 勇輝(敦賀気比2年)遊撃手。背筋をピンと伸ばした構えから、甘めの外角球をキッチリ叩けるスイングには見るべきものがある。180センチ台の大型遊撃手であり、今後のスケールアップ次第ではドラフト候補に浮上して来ても不思議ではない。ただしスラッガーというよりは、完全にポイントゲッタータイプ。それだけに守備や走力との総合力が、より求められるタイプだといえよう。あと上背の割に68キロの体重が示す通り、下半身の肉付きが寂しいのも気になった。この辺を、一冬の間にどのぐらい払拭して来られるか?

また1年生・4番の 橋本 篤弥(敦賀気比1年)左翼手は、打席での雰囲気を持った強打者。まだ高田の外角のストレートについて行けない脆さは感じられるものの、強烈な打球が目立つ将来楽しみな強打者。

高田 萌生(創志学園2年)投手 178/68 右/右

山崎颯一郎(敦賀気比2年)投手 188/83 右/右
林中  勇輝(敦賀気比2年)遊撃 180/68 右/右
橋本  篤弥(敦賀気比1年)左翼 176/73 右/左

第二試合 大阪桐蔭 VS 木更津総合

大阪桐蔭の 高山 優希(2年)左腕は、180/70 のスラッとした体型のサウスポー。この日の球速は、常時135キロ前後で、MAXで139キロ程度だった。変化球は、カーブ・スライダー・チェンジアップなど一通り織り交ぜ、特にその中ではチェンジアップが良い球か。この選手大阪桐蔭のエースにしては、ストレートのコントロールが悪く、マウンド捌きは悪くないのだが収まりが悪い。

緒戦の投球を見ると、なんということもない投手に見えた。しかし高松商業戦では、9回にリリーフで登板。帽子を飛ばしながらの力投で、常時145~MAX148キロのストレートを打者の膝下に集めるなど、別人のような気合の入った投球を披露。この細身の体型から、そんな能力を秘めていたのかと驚かされた。このアバウトさが何処まで改善されるのかは微妙だが、夏までに150キロ台の王台がが見えてきても不思議ではない。現状その将来像、評価は難しい投手ではあるが、秋の時点で140キロ台後半を連発できる左腕がいるということは、覚えておいて損はないだろう。ちなみにこの高山、投手ながら対応力のある打撃にも、ぜひ注目して頂きたい。

一方の木更津総合の先発・早川 隆久(2年)左腕も、下級生の頃から知られた好投手。球速は135キロ前後ぐらいではあるが、ピュッと差し込まれるストレートを低めに集められるのが特徵。こちらは全国の舞台で緊張したのか? 自慢のコントロールが決まらず苦しんだ。変化球は、殆どが曲がりながら落ちるスライダーとのコンビネーション。きっと選抜の舞台では、この経験を活かして好投してくれるのではないのだろうか。現状は、ドラフト候補というよりも、有力大学に進んで行きそうな垢抜けたタイプの好投手。

打者では、木更津総合の核弾頭・峯村 貴希(1年)遊撃手が、いきなり高山の内角低めのストレートを叩いてライトスタンドへ。続く打席では、外角の球をセンター前に運ぶなど膝の柔らかさを感じさせてくれる素材。左打席からの一塁到達タイムは、基準である4.2秒を切る4.18秒を記録。出塁すればすかさず盗塁を決めるなど、184/75 の大型内野手ながら、動ける身体能力を魅せた。ショートとしても悪くないのだが、デカすぎて細かい動きに難があるように見える。いずれにしても、2年後にはドラフト候補に上がってくる大型内野手であるのは間違いない。

ドラフト云々は別にして、大澤 翔(2年)捕手も好捕手。驚くような地肩はないが、型のシッカリしたスローイングで1.9秒弱。捕手としてのセンスも感じさせ、野球センスの高さが感じられる。選抜では、早川を好リードして、大会を盛り上げてくれそう。

大阪桐蔭では、1番の 中山 遥斗(2年)遊撃手が、軽快な守備と深いところから刺せる強肩に目を見張るものがあった。また打っても鋭い当たりを放つなど、強豪大学などへの進学も期待できそう。また、まだまだ攻守に粗さが残るものの、3番・古澤 一翔(2年)三塁手の、腕っ節の強いスイングも目を引いた。肩も悪くなく、高校からプロというほどのものはないかもしれないが、タレント揃いの大阪桐蔭の中でも打力では際立っている。イメージ的には、昨年九州国際大附からソフトバンクにプロ入りした 古澤 勝吾に似たタイプか。

また素材としては、フォロースルーが効いたスイングと強肩が魅力の 栗林 佑麿(2年)捕手も、180/75 の大型捕手でありスカウト好みの素材。夏までに、どのぐらいの選手に育つの注目して行きたい。

早川 隆久(木更津総合2年)投手 178/70 左/左
大澤 翔  (木更津総合2年)捕手 175/65 右/右
峯村 貴希(木更津総合1年)遊撃 184/75 右/左

高山 優希(大阪桐蔭2年)投手 180/70 左/左
栗林 佑麿(大阪桐蔭2年)捕手 180/75 右/右
中山 遥斗(大阪桐蔭2年)遊撃 173/70 右/右
古澤 一翔(大阪桐蔭2年)三塁 172/75 右/右
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.