東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2015年 神宮大会高校の部・3

 東邦 VS 青森山田

東邦の先発は、背番号11を付けた 近久 輝(2年)右腕。コンスタントに140キロ前後~MAX143キロの速球を投げ込むスピード能力は、エースの 藤嶋 健人(2年)に負けない能力を持っている。右打者には制球は安定しているものの、左打者には相当ばらつく傾向があること。また腕を真上から振り下ろす、肩への負担が激しいフォームに不安を残す。それでも一冬越えた時に、どのぐらいのボールを投げるのかという楽しみを、抱かせてくれる選手だった。

青森山田の 三森 大貴(2年)遊撃手は、来年のドラフト候補。第一打席では内角低めのストレートをあわやライトスタンドへのエンタイトルツーベース。続く打席には、外角低めの球を綺麗にレフト前にはじき返す。今大会の中でも、ヘッドスピードの速さは際立っていて、膝を柔らかく使えるので低めの球に強い。

180センチの大型内野手だけに、まだショートの守備でもたつく場面もあったものの、肩も基準レベル。何より塁間3.9秒台のタイムをコンスタントに刻めるなど、走力にも確かなものがある。けして長打で魅了するタイプではないが、藤嶋(東邦)と並ぶ、今大会のビッグ2の野手ではないのだろうか。

近久 輝 (東邦2年)投手 175/65 右/右

三森 大貴(青森山田2年)遊撃 181/61 右/右

高松商 VS 大阪桐蔭

突出した選手はいないのですが、この時期らしい守りや基本がしっかりできた好チームでした。そんな中目立っていたのは、大阪桐蔭戦でリリーフで登板した 美濃 晃成(高松商2年)投手。170/64 と小柄で、普段はセカンドを守る選手。打者としてもセンスの好い選手なのですが、投げてはこの時期にして140キロ台のストレートを投げ込むスピード能力に、球質も悪くありません。けして、急造投手という感じはしない選手。ブレーキの好いカーブとのコンビネーションで、スライダーもありますがカーブの方が制御できている感じ。この冬何処まで投手として高められるかはわかりませんが、順調な成長曲線を描けば、選抜でも140キロ台のボールをバシバシ投げ込んでくれそうです。

大学タイプですが、1番の 安西 翼(2年)中堅手の鋭い打撃に、4番 植田 響介(2年)捕手なども大型で雰囲気を持った強打者。高松商は、選抜を盛り上げてくれる好選手は結構いますが、ドラフト候補といった選手はいないように思います。

美濃 晃成(高松商2年)投手&二塁 170/64 右/右
安西 翼  (高松商2年)中堅      170/58 右/左
植田 響介(高松商2年)捕手      180/80 右/右

(高校の部を振り返って)

来年のドラフト候補になりそうなのは、投手では、高田 萌生(創志学園2年)右腕、山崎 颯一郎(敦賀気比2年)右腕、高山 優希(大阪桐蔭2年)左腕 の3人(現時点では)。

野手では、藤嶋 健人(東邦2年)投手、三森 大貴(2年)遊撃手、それに1年生の、峯村 貴希(木更津総合)遊撃手あたりか。彼らが世代の中心となるとは思わないが、上位グループを形成して、春は高校球界をリードして行く存在になるのは間違いない。一冬越えた彼らの成長と、新たなニュースター誕生に期待したい。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.