東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
河田 直人(24歳・高知FD)外野手
2016年度の 阪神VS高知FD の試合の模様観てレポート致します。この2015年8月15日は、更新が抜けていてスペースが空いているので、あえてここにこのレポートを掲載させて頂きたいと思います。

河田 直人(24歳・高知FD)右翼 180/85 右/左 (生光学園~愛知学院大を中退)





            「良い物は持っているのだが」





毎年のように、アイランドリーグを代表する野手として名前があがる 河田 直人 。実際試合の中でも彼の存在感は、チームの中でも目立つものがある。先日行われた阪神とのプロアマ交流戦でも、ライトからの二度の返球で刺したり、センター前にヒットを放つなど、存在感のあるところを示していた。

(守備・走塁面)

一塁までの塁間は、4.35秒前後。一般的にプロの基準となるのは、左打席から4.2秒以内です。そう考えると、基準からかなり劣ることがわかります。また13年度は80試合で3盗塁、14年度は66試合4盗塁、15年度は68試合で2盗塁と、足を売りにする選手ではないことがわかります。実際試合を見ていても、中の下 ぐらいではないのでしょうか。

右翼手としては、送球のコントロールの精度が高いかは別にして地肩はかなり強い。しかし元々打球判断などのキャッチングなどに課題があり、上手い外野手という印象はない。

(打撃内容)

特に過去フォーム分析をしたことのある選手ではないので、以前との比較はできない。しかし2016年度春の時点でのフォームで考えてみたい。

<構え> ☆☆☆☆

前足の足を引いて、グリップは高めに添えます。その足を打ちにゆくときは、スクエアに戻します。腰の据わり具合、全体のバランス、両目で前を見据える姿勢などはよくバランスが取れ、理に適った構えではないのでしょうか。

<仕掛け> 遅め

開いていた足を、早めに戻して構えます。本格的に始動するのは、投手の重心が沈みきって前に移動する段階。すなわち、「遅めの仕掛け」となります。これはできるだけ引きつけてから始動するので、典型的な長距離打者に多く観られる仕掛けとなります。

しかし彼のプレーを見ている限りは、パンチ力を秘めた中距離タイプにしか見えませんが。

<足の運び> ☆☆

始動~着地までの時間は短いので、線ではなく  でボールを捉えるタイプ。そのためあらかじめ狙い球を絞って、その球が来た時に逃さず叩くことが求められます。

軽く足をあげて、ベースから離れた方向に踏み出すアウトステップを採用。すなわち懐を空けて打つ、内角を強く意識したスタイルになります。気になるのは、踏み込んだ足元がインパクトの際に少しブレてしまって、開きが我慢できなかったり、パワーロスが生じてしまっているところ。内角の球を捌く時はそれでも良いのですが、外角の球を叩く時はどうしても待ちきれなかったり、打ち損じが多く生まれてしまいます。

<リストワーク> ☆☆☆☆

打撃の準備である「トップ」を作るのは自然体で、特に力みは感じられません。バットの振り出しも、けしてインサイドアウトに抜けて来るわけではないのですが、内角の球を捌くのは下手ではないでしょう。外角の球を捉えるまでも、ミートポイントまでロスは感じません。ボールを捉えるまでに問題があるというよりは、ボールをちゃんと捉えられない、ロスしてしまっていることに問題があるかと。

バットの先端であるヘッドも、それほどインパクトの時は下がってはいません。ただし少しヘッドを立てるぐらいのつもりで捉えた方が、広い面でボールは捉えられますし、綺麗にバットは振り抜けます。ボールを捉えてからも、大きな弧を描いて振り切れています。捉えた時の打球が目を惹くのは、この潔いスイングに秘密があるのだと感じます。

<軸> ☆☆☆

足の上げ下げは大きくはないので、目線の上下動は少なめ。ただし体の開きが充分我慢しきれず、力が内に凝縮できずに逃げてしまっているのは残念。軸足の内モモ自体には強さが感じられ、引っ張る時の打球はロスなく強く振れています。

(打撃のまとめ)

ボールを捉えるまでの技術には、大きな欠点はありません。しかし開きが我慢しきれなかったり、力が逃げてしまったりと、ボールをしっかり捉えきれないところに課題を感じます。捉えてからも、大きな弧で後押しはできているのですが。

その辺が、試合でのインパクトほど、成績が図抜けてこない要因ではないかと考えられます。

(最後に)

先日の阪神との交流戦を観る限り、やはり高知の野手では、この 河田 が一番目立つ素材だと改めて感じました。今後も高知の試合を観る機会があれば、何か変化が出てきたか注視したいところ。今年こそ、悲願のNPB入りを実現させて欲しい選手です。

(2016年春 阪神との交流戦)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.