東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
第88回 選抜大会ドラフト注目選手(野手編)
神宮大会を観る限り、高校からプロに行けると秋の時点で確信できたのは二人しかいなかった。その一人が、投手としても注目される 藤嶋 健人(東邦)投手 と 細身の身体はからは信じられない強烈な打球を放っていた 三森 大貴(青森山田)遊撃手の二人。 藤嶋 健人(東邦)投手は、神宮大会で中段に2本のホームランを放つなど、圧倒的な飛距離が際立つ。投手としても140キロ台を連発できる地肩があるのだが、足が遅いので野手として考えた場合、三塁が合っているのではないのか。また 三森 大貴(青森山田)遊撃手は、引っ張って長打を放ったかと思ったら、綺麗に流してレフトにはじき返すなど、長短織り交ぜたバッティングが持ち味。抜群の打球の速さと柔軟性を兼ね備え、打撃に関してはプロ級の素材。また走力も、一塁まで3.9秒台で駆け抜けられる俊足も兼備。ただし現時点では、遊撃手として平凡であり将来的にセカンドあたりの素材ではと思えるのだが、一冬越えてその辺がどうなっているのか気になるところ。

藤嶋 健人(東邦高校)投手 178/80 右/右
三森 大貴(青森山田)遊撃 178/62 右/左

また神宮大会組では、大会屈指の大型捕手として注目される 九鬼 隆平(秀岳館)に注目が集まる。父は元パナソニックの名選手だったという血筋の良さもあり、まだ攻守に荒っぽさは残すもののスケールの大きなプレーヤー。旧チームから主力で、勝負強い打撃が目立っていた 林中 勇輝(敦賀気比)遊撃手に、神宮大会で140キロ台の活きの良い投球も目立った 美濃 晃成(高松商)二塁手なども、攻守に注目されるセンスの高い好選手。

九鬼 隆平(秀岳館高)捕手 181/78 右/右
林中 勇輝(敦賀気比)遊撃 180/72 右/右
美濃 晃成(高松商業)二塁 170/64 右/左

全体的に野手に関しては、新2年生の方がスケールの大きな選手が目立つ大会。しかし新3年生世代でも、楽しみな選手は少なくない。観戦仲間によると、ビックリするような打撃を魅せるという 田城 飛翔(八戸学院光星)外野手、打球への反応鋭くミート力も高い 岡崎 大輔(花咲徳栄)遊撃手や、ポジションは気になるものの、小西 翔太(明石商)の強打は、プロも注目しているという。

田城 飛翔(八戸光星)右翼 178/70 右/左
岡崎 大輔(花咲徳栄)遊撃 182/70 右/左
小西 翔太(明石商業)一塁 175/72 右/右

さらに旧チームから存在感を示してきた 松岡 隼祐(東海大甲府)内野手や、逸材揃う大阪桐蔭の4番を任されている 三井 健石(3年)外野手に、下級生の時から打力は光っていた 綿屋 樹(鹿児島実)内野手などにも注目したい。

松岡 隼祐(東海大甲府)一塁 180/85 右/右
三井 健石(大阪桐蔭高)左翼 186/80 右/左
綿屋 樹  (鹿児島商業)一塁 180/86 右/左

まだ私自身チェックできていないチームも多いので、まだまだニュースターが現れてくる可能性が高いはず。全体的に野手は来年組の方がスケールは大きく、果たしてセンバツ組の新3年生の中に、上位指名されるような大物がいるのかは微妙かと。しかしこのなかの幾人かは、必ず秋のドラフト会議で名前が呼ばれるに違いない。そういった選手達を、見逃すな!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.