東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2016年 全日本大学選手権・神宮の部初日
今日から、大学野球最大の祭典・全日本大学選手権が始まりました。そこで今回は、初日に行われた神宮球場の模様からレポートしてゆきたいと思います。

神宮球場第一試合・日本文理大 VS 中京学院大

一回戦屈指の好カードが、開幕戦から実現。日本文理の先発は、昨秋から九州で最も気になる左腕と書いてきた 坂本 光士郎(日本文理大4年)投手が先発。坂本は、長い腕を身体に巻き付けるようなスリークオーター。昨秋見た時はリリーフだったので、コンスタントに140キロ台~146キロを記録。しかし最終学年になり、今シーズンは先発~3回ぐらいまでを毎試合任される立場に。ゆったりしたモーションから、普段は130キロ台の速球と横に大きく曲がるスライダーとのコンビネーション。基本的にこの2つの球でピッチングを組み立てる投球ですが、勝負どころでは140キロ台を連発し、MAX146キロまで到達。やはり力を入れれば、そのぐらいの球速を叩き出せることを証明して魅せた。ただし立ち上がりに甘く入った球を痛打され、失点することに。対左打者対策の中継ぎとしては面白い存在だが、今のところ社会人へ進むことが有力だと言われている一人。果たして、ドラフト当日どうなるか気になるところ。今日の内容を見る限りは、志望届けを提出してもボーダーレベルという感じではあったのだが。

その立ち上がり不安だった坂本のスライダーを打ち砕いたのが、ドラフト1位候補の 吉川 尚輝(中京学院大4年)遊撃手。この選手も昨年から、大学・社会人で唯一ドラフト1位が意識できる野手だと書き続けてきた選手。今日は、第一打席にセンターオーバーのスリーベースを放ったものの、見せ場はむしろ再三転がってきた打球を捌いた遊撃守備の方だったのではないのだろうか。球際での腰を落とした丁寧な捕球、細かいステップを活かしたバウントの合わせ、日本人離れしたスナップスローなど、まさにその動きには華がある。ボールを持ち直し悪送球をする場面もあったものの、彼の身体能力の高さを示すのには充分なアピールになったはず。

塁間3.9秒前後の俊足ぶりも示し、アウトになった打席でも難しい変化球を当てる柔らかさも示すことができた。見ていてしいて気になるところをあげるとすれば、スイングが少し遠回りで打ち損じが多いロスのある軌道だということ。もう少し内から素直にバットが出てくればと思うのだが、その辺はプロ入り後学べはいいことかなと。根本的なコンタクト能力・強く叩くスイングはできており、素材としての可能性は充分示せた試合だったのではないのだろうか。総合的に、1位指名の12名に入る選手だと改めて実感させられた試合だった。ただし一年目からレギュラーを担えるのかというと、それはさすがに厳しいのではないかという気はしている。

坂本 光士郎(日本文理大4年)投手 180/70 左/左

吉川 尚輝(中京学院大)遊撃 175/73 右/左

神宮球場第二試合・京都産業大 VS 富士大

この試合の注目は、ドラフト上位候補の 小野 泰己(富士大)投手の投球。小野は初回MAX150キロを記録したように、ボールの勢い・球速はドラフト上位指名級の素材。しかし立ち上がりやセットポジションになると、抑えが効かずガタガタと失点を繰り返す悪癖がある。その辺はこの試合でも観られ、初回に2失点をきする。しかし2イニング目以降、ショート回転していた速球の球筋が定まってきたり、スライダーやフォークといった球種でピッチングを組み立てられるようになってきた。とにかく、惚れ惚れするような快速球は素晴らしい。その反面本当のコントロールがないだけに、実に危なっかしいということ。この2つの特徴を、どのように見るかで評価は分かれてきそうだ。危うさはあるもののボールは一級品ということで、ドラフトでは2,3位ぐらいでの指名に落ち着くのではないのだろうか。

小野 泰己(富士大)投手 183/73 右/右 (折尾愛真出身)

神宮球場第三試合・九州国際大 VS 広島経済大

尾仲 祐哉(広島経済大4年)右腕は、小柄ながら初回から145キロ前後~MAX150キロのキレと勢いのある速球で押すピッチングが光った。身体の近くでキュッと曲がる横滑りするスライダーと、縦スラなのか縦に変化するボールも併せ持つ。キレ型なので時々高めに不容易に浮く球を痛打されるのは気になったが、短いイニングならば小気味の好い投球で面白いのではないかという見方は充分できる。本人が順位にこだわらないプロ志望ならば、下位指名でなら指名があっても不思議ではないのではないのだろうか。

九州国際大の先発・高椋 俊平(2年)右腕も、尾仲と似たタイプ。中背の体格から、伸びのある140キロ前後(MAX143キロ)の速球に、曲がりながら落ちるスライダーとチェンジアップ気味の縦の変化球で討ち取って来る。こちらも凄みはないものの、野球センスの高い好投手。これからの、九州大学野球界を引っ張ってゆく存在になっても不思議ではない。

また奈良学園戦でリリーフで登板した 丸田 隆成 (南宇和出身・4年)右腕は、145キロ前後(MAX147キロ)のスピード能力は一級品。変化球はスライダーぐらいで、細かいコントロールはない。しかしボールの力は確かだけに、社会人での成長次第では2年後が楽しみな存在であった。

尾仲 祐哉(広島経済大4年)投手 170/67 右/左

高椋 俊平(九州国際大2年)投手 174/80 右/右
丸田 隆成(九州国際大4年)投手 180/82 右/右

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.