東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2016年 全日本大学選手権・東京ドーム初日

大会初日・東京ドーム第一試合 第一工業大 VS 中央学院大

第一工業大の先発・満行 嘉(都城出身・4年)右腕は、それほど体格に恵まれておらず、フォームもオーソドックスで力みなく投げ込んでくる。しかしその球速はコンスタントに140キロ前後を記録し、MAXで145キロまで到達。特に縦に割れる独特のスライダーに特徴があり、130キロ台のフォークのような沈む球も併せ持つ。特に何が凄いというわけではないかわりに、大きな欠点も見当たらない。社会人あたりで、速球に存在感が出てくると面白いのではないのだろうか。

一方の中央学院大の先発は、石井 聖太(中央学院出身・2年)右腕。あまり下半身を上手くリードできないフォームながら、コンスタントに145キロ前後を記録し、MAX149キロまで到達。特に高めに集まりやすい球筋のものの、そのゾーンへのストレートに勢いがあり空振が誘える。他にはスライダーなどを織り交ぜ、こちらも大きな欠点は見当たらない。2年後のドラフト候補として、各球団にその存在感を示しめる登板となった。

大会初日・東京ドーム第二試合 東日本国際大 VS 立命館大

立命館の先発・東 克樹(愛工大名電出身・3年)左腕は、170センチぐらいだがマウンドでは大きく魅せるタイプ。非常にフォームも投球もオーソドックスで、常時135~140キロぐらいの速球にカーブ・スライダー‥チェンジアップ系のボールを織り交ぜ試合をまとめてくる。今春のリーグ戦では、関西学生リーグの最優秀防御率にも(0.65)。もう少し来年に向けてストレートに訴えかけてくるものが出てくると、ゲームメイクできる左腕だけにドラフト候補として名前があがる存在になっても不思議ではない。しかし現状のままでは、アマの好投手の範疇は脱していない。

また東海大北海道戦で先発した 渡邉 大地(大分雄城台出身・3年)右腕は、130キロ台後半~140キロ台中盤ぐらいまで出ており、3年時の桜井俊貴(巨人1位)と比べても、球威・球速では上を行っている。更にフォークのような縦の変化も悪くなく、その辺でも特徴がしっかりしている。桜井が181センチだったのに比べ、渡邉は176センチと中背であり、3年~4年にかけて大きく伸びた桜井の成長力と比べてどうなるだろうか? ボール全体が、やや高いのが気になるところだろうか。いずれにしても、来年に向けて覚えておきたい。

また2年生の 黒田 達也(神戸国際大附出身)右腕も、スリークオーターから繰り出す140キロ前後のボールには球威があり将来楽しみ。まだスライダーとの単調なコンビネーションだが、185/78 と体格にも恵まれ将来はかなり期待できそうな有望株。今後ピッチングの幅を、いかに広げて行けるかではないのだろうか。

また 山上 大輔(立命館宇治出身・2年)右腕も、182/88 の均整の取れた体格から140キロ前後の重い球を投げ込んでくる。独特に縦に割れるスライダーも併せ持ち、こちらも化ける可能性を秘めた本格派。立命館には、将来楽しみな投手が揃っている。

立命館の野手では、全日本選考の平塚合宿のメンバーにも選ばれている 辰己 涼介(社出身・2年)中堅手が、塁間3.9秒前後の快速と、思いっきりの好いスイングが目を惹きます。東日本国際大では、先発の船迫 大雅(聖光学院出身・2年)右腕が、サイドから135~140キロぐらいのボールに、スライダー・シンカーなどを織り交ぜる投球。2番手の 有馬 昌宏(青森北出身・2年)左腕が、少々担いだフォームながら130キロ台後半を連発。高校時代から名の知られていた4番・二橋 大地(盛岡大附出身・4年)一塁手が意地の1発放つなど存在感を示した。今年の秋のドラフト云々の選手はいなかったが、あと一歩の成長が見込めれば面白いかもしれない。

大会初日・東京ドーム第三試合 東海大北海道 VS 環太平洋大

環太平洋大の先発・宮本 広大(宇和島東出身・4年)右腕は、立ち上がりこそ3失点したものの、2回以降低めにスライダーが集まりだし安定。コンパクトなテイクバックからコンスタントに140キロ台を記録するスピードの能力があり、低めのスライダーを振らせるのが持ち味。他にも、チェンジアップだか低めに沈む球を併せ持つ。大学からプロ入りするほどのものは感じないが、社会人ならば即戦力で活躍できるまとまりを持つ。社会人などで今後パワーアップを望めるようならば、2年後候補に入ってきても不思議ではない。

一方の東海大北海道の先発・水野 滉也(札幌日大出身・4年)右腕。潮崎哲也(元西武)のような、中背で小気味の好いサイドハンド。速球もコンスタントに140キロ台を記録し、MAX146キロを記録。身体の近くでキュッと曲がるスライダーとシンカー系のボールとのコンビネーションで、テンポよく投げ込んでくる。基本的に球種が少ないのと、スライダーのコマンドは高いものの相手を仕留めきる球ではないので、単調に陥りやすい。現状は、短いイニングでならプロはどうか? という感じのリリーフ候補。試合を壊すような粗さもないので、首脳陣としては使い勝手は良さそうだ。条件次第では、下位指名での指名があっても不思議ではない。

ただし続く立命館戦でも先発したのだが、この試合では緒戦では少なかったシンカーを多く混ぜてピッチングの幅を広げていた。緒戦以上の内容で、スカウトにその存在感を示せた試合となった。見た感じでは、4,5位あたりならば、面白い選手ではないのだろうか。

また野手では、平塚合宿に招集されている 伊藤 諄(北海道東海大4年)一塁手が、パワフルな打撃で3安打。見るからに強打者タイプに見えるが、この日はライトやセンター方向への上手さがあるところを魅せた。環太平洋大では、宮本の後に投げた左のエース・ 和田 洸輝(久我山出身・4年)もリーグを代表する投手。球速は130キロ台後半ぐらいで、高速の130キロ台のスライダーを投げ込んでくる。社会人など、もう少し上積みが出てくると、元来ゲームメイクできる左腕だけに面白い。また最後に投げた 藤本 裕夢(市川出身・3年)右腕も、常時140キロ前後(MAX143キロ)の速球に、強力な縦の変化球やスライダーなどを併せ持ち、ボール一つ一つには好いものを持っている。もう少し投球にまとまりが出てくると、来年面白い存在になりえそう。野村謙二郎(元広島監督)の息子・野村 颯一郎(崇徳出身・3年)三塁手も、センター前に鋭くはじき返した。亜大を中退後環太平洋大に入り直したが、居場所を見つけたかのように存在感を高めつつある。来年に向けて、期待してみたい一人ではないのだろうか。

大会初日・東京ドーム第四試合 福井工大 VS 愛媛大

昨年の大学選手権でも140キロ台の速球を投げ込んでいた 田中 宏章(愛媛大4年)右腕は、コンスタントに140キロ台の速球に、縦の変化とのコンビネーションで存在感を示した。他にもスライダー・チェンジアップ系の球もあるが、まだ投手として身体やボールがビシッとしておらず、未完成な印象は否めない。強豪社会人チームで、本格的な指導・環境を身をおいた時の、2年後に期待してみたい。

一方の福井工大の先発・谷崎 龍(福井工大福井出身・2年)右腕は、192センチの体格から投げ下ろして来るスケールは魅力。こちらはキレの好いスライダーとのコンビネーションで、2年後の有力なドラフト候補。まだ球速は130キロ台後半~140キロ台前半ぐらいが多いが、ボールに強さもあり秘めたる能力はこんなものではないだろうと思わせる奥行きがある素材。荒っぽさは残るが、久々に大学からプロ入りを狙える選手が北陸に現れた、そんな実感をさせてくれる選手だった。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.