東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2016年 大学選手権二日目・東京ドーム

大会二日目・東京ドーム第一試合 東北福祉大 VS 東農大オホーツク

東農大オホーツクの先発・宮本 誉士(鎮西出身・3年)右腕は、大型のサイドハンドで殆ど速球で押してくる力投派。球速は、135~MAX143キロぐらいで、球種は少なくてもボールが沈んだり、シュートしたりと動いて来るので的が絞り難い。しかし今大会屈指を誇る福祉大打線は、2巡目になると見事に対応し始めたところで早々降板する形に。

2番手で登板した 岡本 直也(千葉経大附出身・2年)左腕も、長身でスラッとした投手体型の本格派。球速こそ135キロ前後と驚くほどのものはないのだが、球筋が良く打者が球速以上に打ち難そうに対峙していた。現状は100キロ台のスローカーブとのコンビネーションでまだまだ投げているだけという感じではあるが、大学時代の先輩・飯田 優也(ソフトバンク)を彷彿とさせる素材であり、2年後が楽しみ。

福祉大では、3番手で投げた 津森 宥紀(和歌山東出身・1年)右腕が、サイドハンドから140キロ台の球速を連発した。その球速以上に、ベース板の上でもボールの強さが衰えないのが素晴らしい。イメージ的には、巨人のストッパーとして活躍した 鹿取義隆に似ており将来楽しみ。また福祉大の最後に登板した 波多野 陽介(日本文理出身・4年)右腕は、MAX146キロながらボールの勢い・質が素晴らしい。フォークの落差もあり、リリーフならば非常に面白い存在。球速はあったが抜け球の多かった 佐藤 優(中日2位)よりも、個人的には波多野の方を推したい。春はアクシデントに見舞われリーグ戦での活躍は乏しかったが、大学選手権に間に合い今後の活躍が期待される。これからのアピール次第では、上位指名をも視野に入れられる選手。しかし九州産業大戦では、速球を面白いように合わされておりフォームにその辺が大いに気になった。

また福祉大の野手陣では、浅沼 佑亮(日大山形出身・4年)右翼手が、タイムリーやライトスタンドへのホームランでリーグ戦の好調さを維持する活躍。強肩、俊足の身体能力に加え、長短兼ね備えた打撃ができる選手。ドラフト候補としてマークしている来る球団があっても不思議ではない。

また先制のタイムリーや広い守備範囲を誇るアスリート系4番・井澤 凌一朗(龍谷大平安出身・4年)中堅手。全日本平塚合宿にも招集されている 長坂 拳弥(健大高崎出身・4年)捕手も、ライトスタンドへのホームランや、塁間1.9秒前後ながら力みなく走者を刺す安定したスローイングで存在感を示した。ただし腕だけを伸ばして捕球するキャッチングや腕が横から出るスローイングは、ちょっと気になるところ。

大会二日目・東京ドーム第二試合 日体大 VS 九州産業大

この試合は、両先発の息詰まる投手戦が見ものだった。九州産業大の先発・草場 亮太(伊万里商出身・3年)右腕は、少しまともなフォームにした 新垣 渚(ヤクルト)みたいな上半身主導のフォーム。しかしコンスタントに140キロ台後半を連発する快速球は、来年の上位候補を強烈に印象づけた。変化球は、スライダーとのコンビネーションで余裕が出てくると緩いカーブを織り交ぜて来る。リーグ戦での実績には乏しいが、これが今後に大きな自信となりそう。

東北福祉大戦で登板した 浦本 千広(必由館出身)右腕は、球速こそ140キロ前後だがキレのある球質で高校時代よりも勢いを増している。変化球はスライダーぐらいなのだが、速球がいろいろ動くので打者としては的が絞り難い。ボールに伸びがあるのに、いろいろ動くというかなり特殊な選手であり興味深い。

またその浦本と同じ一年の 福森 耀真(北九州出身)右腕も、もっさりしているがボールに力があり楽しみ。球速もコンスタントに140キロ台~MAX146キロに到達。カーブを投げるときに腕が緩んだり、コントロールに課題を残す。それでも馬力のある投手で、また1人九州産業大に逸材がいることに驚かされた。

一方日体大の先発は、リーグ戦レポートでも取り上げた 松本 航(明石商出身・2年)右腕。こちらは中背の体格から130キロ台後半~140キロ台中盤ぐらいの球速。スライダー・カーブ・フォークなどの変化球を織り交ぜ、コンビネーションで討ち取って来る。素晴らしいのは、勝負どころでのストレートのコマンドの高さ。最後に絶妙なところに決めて、相手を討ち取って来る。草場がポテンシャルで圧倒するタイプならば、松本は実戦力・野球センスで勝負するタイプ。最終学年までに消耗して劣化しなければ、卒業時にはプロ入りも期待できる。

大会二日目・東京ドーム第三試合 共栄大 VS 中央学院大

この試合で驚かされたのは、共栄大の核弾頭・長谷川 亮太(武南出身・3年)一塁手のリストの強さ。先頭打者で登場し、いきなりライトスタンドへ叩き込んで魅せた。更に続く第二打席ではボテボテのサードゴロ内野安打だったのだが、到達タイムが右打席から4.0秒を切るような快速ぶりも披露。これだけの身体能力を持っていながら、何故一塁を守っているのかも気になるところ。高校時代は二塁などを守っていた選手であるようで、今春のリーグ戦では1番打者ながら14打点をあげて打点王に。課題は、膝が固く柔軟性に欠ける部分をどう補って行けるか。いずれにしても高い身体能力を秘めているので、来年まで気にかけてみたい選手だった。

今大会二度目の登場となった中央学院大は、臼井 浩(光明相模原出身・4年)右腕が先発。こちらは、170センチを切るような小柄の好投手。脱力した投球が持ち味で、まるで社会人のベテラン投手が投げているような投球。球速は135~MAX143キロぐらいで、スライダー・フォークなどを織り交ぜてくる安定感が売り。社会人あたりで、長く活躍して行けそうなタイプ。

共栄大は、個々にポテンシャルが高い選手が多いのに驚く。最後に投げた 石井 一斗士(西邑楽出身・4年)右腕は、球速こそ130キロ台後半~140キロ台前半ぐらいなものの、その球速以上にボールの勢いと球威を感じさせる速球派。変化球はスライダーぐらいだが、鍛え方次第では面白い。卒業後の進路はわからないが、強豪クラブチームあたりで続けるのだろうか? ぜひ今後も、野球を続けて欲しい1人。本人のコメントを読む限り、コントロールが持ち味で球威が課題だと言っているが、その課題は充分にクリアしつつあるのではないのだろうか。

3番を打つ 伊藤 ヴィットル(本庄第一出身・3年)遊撃手は、スナップの強さと塁間4.1秒弱で走り抜けられる身体能力を併せ持つ。来年までの成長、アピール次第では、卒業後も社会人チームでプレーできるかもしれない。更に4番を打つ 三好 智泰(成立学園出身・4年)DHも、4番打者ながら左打席から3.9秒台後半で走れる脚力を持つ強打者で、身体能力の高い選手が目立つ。ぜひ秋も、共栄大の試合のある日に、新東京リーグに足を運んでみたい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.