東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2016年大学選手権・大会二日目神宮球場レポート

大会二日目・神宮球場第一試合 奈良学園大 VS 中京大

春のリーグ戦観戦の際にも、ドラフト上位指名候補・柳 裕也(明大)にも匹敵する投手と評した、鈴木 佳佑(奈良学園大4年)右腕。中背のオーソドックスフォームから、常時140キロ前後~中盤ぐらいまで叩き出すのは、春の観戦時と同じぐらい。カーブ・スライダー・フォークなどを織り交ぜ、勝負どころではズバッと速球を手が出せないようなところに決めるのが持ち味。しかしこの中京大戦では、緒戦ということもあってか微妙なコントロールはイマイチな部分もあった。それでも続く九州国際大戦では修正されており、2試合連続で完投勝利をあげることになる。気になったのは、フォークを結構使う割に、打者に見極められ振ってもらえない点。この球が、もう少し身体の近くで落ちるなり見極めがつかなくなってくると、打者も的を絞れなくなるだろう。特に最後に決めゆく時に最高の球が行くのは、則本昂大(楽天)を彷彿とさせるものがある。投手陣の頭数の足りない球団ならば、1年目からローテーション入りが期待できる選手。有力社会人チームへの進路が噂されているが、あえて大学からのプロ入りを実現して頂きたい。志望届けを提出すれば、3位前後での指名は充分期待できるのではないのだろうか。個人的には、今年イチオシの1人になる。

野手では、2番の 米満 凪(敦賀気比出身・2年)一塁&中堅手が、初回にホームランを放ち、またセーフティバントで左打席から3.6秒前後で駆け抜けるなど長短絡めた打撃で活躍。来年のドラフト候補として注目される 宮本 丈(履正社出身・3年)遊撃手は、春のリーグ戦で打率.556厘という驚異的な成績で首位打者を獲得。しかしこの試合では、強肩を活かした安定した守備が光っていた。しかし続く九州国際大戦では、ライトスタンドへのホームランも放ち、打撃でも非凡な能力を示す。腰を深く沈めたフォームで、一塁までの塁間は、左打席から4.05秒前後とまずまずの俊足。また188/89 の体格が一際目を惹く 村上 海斗(北照出身・3年)中堅手も、当たれば大きい破壊力のある打撃は魅力。またチームでも中堅手を務めるように、その体格に似合わさず脚力があるところもポテンシャルの高さを感じさせる。鈴木のピッチングだけでなく、打線も活発でタレントの多いチームだった。

中京大では、3番を任された 福田 理孔(北陸学院出身・4年)右翼手のフルスイングは、まるで 柳田悠岐(ソフトバンク)外野手を彷彿させるようなスイング。まだまだバットに当たらないが、これだけ大学生になってもバットを振れることは素晴らしい。地肩も悪く無い選手だけに、何処かで野球を続けて欲しい。

また先発した 古田 尚平(名古屋出身・4年)右腕は、7安打打たれて早々降板したもののキレの良い快速球にはセンスの良さが感じられた。まだMAXで140キロ程度なので、球威・球速が増して来るようだと筋の好い投手だけに楽しみ。彼もまた、何処かで野球を続けて欲しい1人ではないのだろうか。

大会二日目・神宮球場第二試合 関西国際大 VS 花園大

花園大の先発・大江 克哉(塔南出身・2年)右腕は、腕の振りが強く、常時140キロ台~MAX146キロの速球には勢いがある。さらにカーブ・スライダー・チェンジアップ・ツーシームのような変化球どれでもカウントを稼げる多彩さもあり、2年後のドラフト候補になり得る素材であることを印象づけた。あとは、まだ線が細く後半球速が鈍るので、今後体力・身体づくりを積めるかではないのだろうか。

また花園大の核弾頭・泉 祐介(綾羽出身・4年)中堅手は、3安打と柔らかいリストワークを活かした対応力が魅力。また左打席からの塁間を3.8秒前後で走り抜ける快速で、二盗・三盗と走りまくる脚力はプロでも上位レベル。この快速を活かし広い守備範囲も素晴らしく、守備・走塁ではプロ級だと評価できる。課題をあげるとすれば、柔らかさがある反面・スイングの強さがやや物足りないのと、肩が平均的でアピールするほどではないという部分。ドラフト戦線では全く名前は上がらないが、脚力・守備力などは左の巧打打者タイプではトップクラスであり、個人的には今後もマークしてみたい1人ではないのだろうか。

大会二日目・神宮球場第三試合 桐蔭横浜大 VS 中京学院大

すでに大会2試合目となる中京学院大と、春季リーグでも観戦している桐蔭横浜大の試合なのだが、簡単に触れてみたい。緒戦では、打撃以上に守備で魅了した 吉川 尚輝(中京学院大4年)遊撃手が、4安打を放ち打撃への不安を払拭して魅せた。打ったのもドラフト候補の左腕・高橋拓巳であったり斎籐 友貴哉からの4安打だけに価値が高い。時折守備でポカをするときもあるが、日本人離れした身体能力を魅せドラフト1位に入って来ることになりそう。

今大会初登場となった 高橋 拓已(桐蔭横浜大4年)左腕は、立ち上がりから左打者外角へのコントロールが冴えた。むしろ調子の良かったはずの高橋を、中京学院大が上手く攻略したという感じだった。キレのある130キロ台後半~140キロ台中盤のの速球とスライダー・チェンジアップ系とのコンビネーション。気になるのは、時々真ん中高めに甘く入ってくる球が多く、この球を打たれるケースが目立った。平均して高いコントロールがあるものの、要所で甘いところに入り致命傷となる。やはりキレ型の球が高めに浮くことがあり、本気モードの時じゃないと見栄えがしない部分が残る。その辺の球威・球速が、上位指名となる物足りない。中位指名ならば面白いと思うが、果たして上位の順位を提示できる球団は出てくるだろうか?

また2番手で投げた 斎籐 友貴哉(桐蔭横浜大4年)右腕は、腕の振りが良く140キロ台中盤のボールを連発する。変化球はスライダー中心で、たまに落ちる球を投げる程度。まだ繊細なコントロール・投球術はなく、現状は素材型の域を脱していない。しかしプロ志向が高い選手だけに、育成枠あたりでも入団しそう。将来性を感じさせる素材だけに、下で育てるつもりがある球団から指名があっても不思議ではない。

また好いところでのタイムリーと強肩ぶりで注目されたのが、山崎 善隆(中京学院大4年)捕手。個人的には、打っても守っても腰高なフォームが気になる。何処か、腰を痛めた経験でもあるのだろうか? バッティングは、余計な動作のない振り出しの鋭さが魅力。またスローイングは、モーションが小さく実に実戦的。けして無理して投げなくても、的に向かって正確に飛んでゆく。試合中再三走者を威嚇するような送球を魅せる。守っても柳川のハイレベルな投球を引き出すなど、好リードぶりが光っていた。確かにパッと観あまり見栄えのする選手ではないが、今大会急浮上してきたドラフト候補なのもわかってきた。今年は有力な捕手が少ないだけに、指名の可能性は充分かもしれない。各球団、あまり表沙汰にせず密かに評価しておきたい選手なのかもしれない。

柳川 優太(大垣日大出身・4年)左腕は、球速こそ135キロ~140キロ程度と平凡。しかし精度の高いコントロール・左打者内角に食い込むショート系の球を投げるなど厳しい攻めもできる。何より亜細亜大というネームバリューにも臆することなく、最後まで自分の投球を続けた精神力の高さは見事なもの。ドラフト候補というよりは社会人に進むことにはなると思うが、その実戦的な投球は社会人でも一年目から通用するのではないのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.