東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2016年 大学選手権三日目レポート

大会三日目・神宮球場第一試合 亜細亜大 VS 富士大

亜大の先発・嘉陽 宗一郎(松山聖陵出身・3年)右腕は、186/85 の均整の取れた体格から、リラックスして投げていた。大学の下級生時代は140キロ台中盤~後半を投げていたが、最近は球速も130キロ台後半~140キロ台前半ぐらいとおとなしい。変化球は、スライダー・スプリット気味に小さく沈む球、カーブなどとのコンビネーション。余力を感じさせる亜大の選手らしい投球ではあるが、正直じじくさい投球でもっとガンガン自分の力をアピールして欲しい。しかしいずれにしても、来年の上位候補の1人であるのは間違いない。

この試合の驚きは、富士大の先発・小野 泰己(折尾愛真出身・4年)の癖を盗みまくって、宗接 唯人(神戸国際大附出身・4年)捕手が、ホームスチール含めて走りまくっていたこと。宗接は、そんなに足でアピールするような選手だったのかというのが新たな驚き。獲ってから素早い1.8秒台のスローイングは悪くないが、ディフェンス力、打力的にもソコソコで、指名があるのかと言われるとボーダーレベルの印象が。しかし今年は本当に捕手いない売り手市場だけに、プロ志向を強烈にアピールすれば下位指名あたりでならば指名があっても不思議ではない。

また大会4日目の中京学院大戦では、この大会のキープレーヤーではないかと見ていた 諏訪 洸(亜細亜大4年)左腕が2番手で登板。しかしリーグ戦の不調を引きずり左投手ながら左打者にことごとく打ち返されるなど、勢いに乗る中京学院大の打線を封じることができなくなる。諏訪の不調が、そのまま試合の結果に現れた気がしてならない。諏訪は完全、ドラフト戦線から後退したとみて好いだろう。

そんななか亜細亜大では、高橋 遥人(常葉橘出身・3年)左腕が好投。軽く投げていても、MAX148キロを記録するなど来年の上位候補だと期待したくなる。130キロ台のカットボール気味な小さな曲がりのスライダーに、曲がり幅の小さなチェンジアップ系の球もありそう。高校時代から静岡では注目されてきた選手だったが、大幅に成長してきている。

なお第二試合に関しては、今大会すでに登場しているので取り上げません。ただしこの試合の模様を観て新たにわかったことは、すでに発表されているレポートに補充する形で、奈良学園大と九州国際大緒戦のレポートに加筆致しました。

大会三日目・神宮球場第三試合 明治大 VS 関西国際大

明治の先発・斎藤 大将(桐蔭学園出身・3年)左腕は、スリークオーターから繰り出す常時145キロ前後の切れ味抜群の速球が目を惹く。左スリークオーター独特の背中越しから来る球筋を活かし、左打者の外へのスライダーは遠くに感じられるはず。右打者にも外に逃げるチェンジアップを使うことができ、順調に成長を感じさせる。来年の、有力なドラフト候補なのは間違いないだろう。ただし投球が一辺倒になりやすく、イニングが進んで来ると相手に慣れやれやすい。投球に、いかに奥行きを持たせて行けるのかが今後の課題ではないのだろうか。

緒戦ではイマイチだった 門野 敦也(東洋大姫路出身・2年)右腕は、この試合では持ち味を発揮した。球速こそ130キロ台後半~140キロ台前半ぐらいと平凡だが、ボールに球威があり球速表示以上に威力が感じられう。また低めに沈むチェンジアップが有効で、明治打線に的を絞らせないで試合を作った。スライダーなども織り交ぜ、チームの絶対的な存在の片鱗を魅せてくれた。けして身体は大きくないが、今後も関西を代表する好投手として活躍して行くことが期待される。

また明大は終盤に ドラフト上位候補の 柳 裕也(横浜出身・4年)右腕を投入。リリーフということもあり、コンスタントに145キロ前後(MAX148キロ)という、いつにない球威・球速で押す柳の姿が見られた。変化球もカーブ・スライダー・カットボール・チェンジアップ・フォークと実に多彩であり、普段は先発でゲームメイクする上手さが目立つ選手だったが、力で押す貴重な姿が観られた。タイブレークの末敗れたとはいえ、普段なかなか見られない柳の一面が見られ、1位指名に相応しいことを確信させてくれる登板だった。

その他明治では、佐野 恵太(広陵出身・4年)一塁手が、ツボにハマれば抜群の飛距離が出ることをリーグ戦同様に証明。またリーグ戦5本塁打で活躍した 牛島 将太(門司学園出身・4年)捕手、打つだけでなくディフェンス力もドラフト級であることを、改めて実感させてくれる試合だった。

大会3日目・東京ドーム第ニ試合 上武大 VS 福井工大

上武大がレポートの中で、最後の学校となります。この試合に先発した 宮川 哲(東海大山形出身・3年)右腕は、先発投手とは思えない力投派。球速も130キロ台後半~MAX146キロを記録し、ボールに勢いと威力がある。変化球は、独特の縦に割れるスライダーと横滑りするスライダーとのコンビネーション。あまりドラフト候補の匂いはしてこないが、ボールに威力がある投手だけに、もう一皮向けると印象は変わってくるかもしれない。力んで投げる分、ボールが上吊りやすいのが欠点。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.