東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2016年夏 甲子園初日レポート
今日から出場全校が出そろうまで、気になった選手を簡単にご紹介してゆきます。

大会初日・第一試合 鳴門 VS 佐久長聖

この試合の注目は、プロも注目する 元山 飛優(佐久長聖3年)遊撃手。左の好打者タイプで、内角の厳しいところに投げ込まれたツーシームをライト前に、チャンスで内角高めの速球を一二塁間を抜けるタイムリーで存在感を示した。しかし打球自体強烈なインパクトというほどでもなく、ショートゴロも一回しか飛んで来ないなど、この試合だけで能力を計るには材料不足。ショートとしても動きは悪くなく肩もそれなりに見えたが、打球の正面に入らないでの捕球だけに安定感はどうなのか? 走力は左打席から4.15秒ぐらいとドラフト候補として並で、その辺も含めると高校からプロに入るほど絶対的なものは感じられなかった。もう少し詳細を掴むためにも、長野県予選の模様を見なおしたりしてわからないところを埋めてレポートを作成してみたい。

想像以上に良くなっていたのが、鳴門の先発・河野 竜生(3年)左腕。球速も130キロ台後半~勝負どころでは140キロ台を記録し、MAX143キロまで到達。まだベース板を通過する時のボールの強さという意味では物足りないものはあるものの、大学などでの成長次第では非常に楽しみ。曲がりながら落ちるスライダー、ツーシーム・チェンジアップなどを織り交ぜ、コンビネーションで討ち取って来る。マウンド捌きにもセンスが感じられ、今後も段階を踏んで成長して行ければ、今永 昇太(駒大-DeNA1位)のような左腕に成長していっても不思議ではない。高校からプロというほどの凄みは感じられなかったものの、今後も見守ってゆきたい投手だった。

鳴門では、4番の 手束 海斗(3年)中堅手が、第一打席に左中間スタンドへホームラン。またライト方向にも強烈にはじき返すなど、腕っ節の強い打撃は光っていた。肩は平均レベルといった感じだったが、中堅守備・走塁なども含めてもう少し観てみたい。やはり彼も大学などでも野球を続けて行ける素材であり、今後も気にしてみたい。

佐久長聖では、塩沢 太規(2年)投手が、強気の投球で存在感を示した。現時点ではまだ130キロ台中盤ぐらいの球速で驚くほどのものはなかったが、がっちりした体格で馬力がありそうなだけに、来夏には140キロ台を連発できるようになっていても不思議ではない。結構変化球もいろいろ使って来る投手なので、秋以降どうなってゆくのか気にしてみたい。

元山 飛優(佐久長聖3年)遊撃 180/73 右/左
塩沢 太規(佐久長聖2年)投手 177/77 右/右

河野 竜生(鳴門高校3年)投手 174/72 左/左
手束 海斗(鳴門高校3年)中堅 172/81 右/右

大会初日・第二試合 智弁学園 VS 出雲

出雲の先発・原 暁(3年)右腕は130~137キロぐらいの球速だったものの、球速以上に手元まで伸びていた。もう少し体重を乗せてボールを投げられるようになったり、体幹が強くなれば140キロ台を連発しても不思議ではない。変化球は、スライダー・チェンジアップなどで、特にスライダーを多く混ぜて来る。爆発的に伸びる素材としての凄みは感じないが、地道に精進を重ねて行けば段階を踏んで成長を遂げて行きそうなタイプ。今後も、野球を続けて欲しい好投手。

原がまだ能力を出しきれていない好投手ならば、選抜優勝投手でもある 智弁学園の 村上 頌樹(3年)右腕は、174/78 の体格をフルに使って持ちえる能力を出しきっているタイプ。130キロ台後半~MAXで145キロまで到達し、その球も指先まで神経の通ったリリースができるので、打者の手元までビシッと生きてくる。緩いカーブをアクセントに使い、相手の打ち気を逸らすのも上手い。ただし打力が格段に春より上がってくる夏の大会では、全国の強豪校を抑えきれるのかには不安が残る。またすでに完成された投手との印象が強く、ドラフト候補という臭いはしてこない。名門大学などに進んで、どのぐらいの上積みと実績を残せるかで、評価は定まることになりそう。

智弁学園では、太田 英毅(2年)二塁手が、外角の球をセンターバックスクリーンに叩き込むなど、こんなにパワーがあるのかと驚かされた。また右方向にもはじき返すなど、広角に打ち返す持ち味を発揮。選抜ではショートを守っていたが、春季大会同様に夏は二塁手としてキビキビした動きを魅せていた。走力は思ったほどないが、中学時代から評判の力を、大舞台でも素直に発揮できるまでになってきた。

4番の 福元 悠真(2年)右翼手は、破壊力のある打撃と、右打席から4.2秒ソコソコで走る高い身体能力が売り。まだ対応力で粗い部分もあるが、178/75 と均整の取れた外野手。選抜優勝チームの4番打者という地位も板についてきており、彼もまた来年の候補として注目されるだけのものはある。

バットコントロール・対応力という意味では、1番の 納 大地(3年)左翼手が一番ではないだろうか。リストワークが柔らかく、それでいて強く叩くこともできる。左翼手だが、けして打球への反応、落下点までの入り方も悪くなかった。走力含めて、今後の試合も注目してみたい。大学などでも、活躍して行ける素材だと期待している。

出雲高校では、4番の 林 将広(3年)捕手が光った。パワフルな打撃では結果はでなかったものの、捕ってから投げるまでの動作が実に素早く、コンスタントに1.8秒台を刻んで来る。ちょっと上から叩きつける強引な送球ではあるが、スローイングにはA級のものが。構えた時にどかっと腰を落としすぎているので、この辺を改善すれば更にコントロールの精度を上げることも期待できそう。捕手としても相手を的を絞らせないように、頭を使ったインサイドワークを魅せていた。大学などでも、ぜひ野球を続けて欲しい司令塔だった。

原 暁  (出雲3年)投手 178/76 右/右
林 将広(出雲3年)捕手 171/71 右/右

村上 頌樹(智弁学園3年)投手 174/78 右/左
太田 英毅(智弁学園2年)二塁 176/78 右/右
福元 悠真(智弁学園2年)右翼 178/75 右/右
納   大地(智弁学園3年)左翼 175/73 右/左

大会初日・第三試合 盛岡大付 VS 九州国際大付

九州国際大附の先発・藤本 海斗(3年)右腕は、コンパクトなテイクバックから常時135~140キロ強と驚くような球威・球速はない。しかしボールの手元での伸びもよく空振りを誘える球質であり、これで平均して140キロ台~中盤ぐらいまで出せると、かなり厄介な投手になるのではないのだろうか。変化球は、スライダー・チェンジアップとオーソドックス。適度なまとまりと総合力もあり、大学などに進んでの成長次第では、その上も狙えるかもしれない。

盛岡大附の先発・坪田 伸祐(3年)右腕は、藤本とは対象的に腕を強く振って来るタイプ。こちらは荒っぽいフォームで、もう少しボールを押し込めるようになると好いのだが、素材としてのスケールは藤本よりある。ただし持ち球がスライダーぐらいで単調なのとまとまりに欠けるので、個性を重視してくれる環境で伸び伸びと才能を育みたい。現在は最速で140キロぐらいの球速が、将来的に10キロぐらい上がっても不思議ではなさそうな投手ではあった。

野手では打撃でアピールできなかったが、九州国際大附の核弾頭・中山 竜秀(3年)右翼手の強肩ぶりが目を惹いた。福岡予選では、2本塁打・4盗塁を記録した選手であり、予選の模様もみてレポートを作成してみたい。ちなみに一塁までの到達タイムは、右打席から4.35秒前後。これを左打者に換算すると4.1秒前後であるから、ドラフト指名される打者の平均ぐらいの走力はある。肩は、上のレベルでも充分売りにできるレベル。今後も、名前を片隅とどめておきたい選手だった。

また盛岡大附の方では、8番ながら強肩ぶりが目立った 比嘉 賢伸(2年)遊撃手が気になった。打撃でも鋭い当たりを放っており、新チーム以後の位置づけ、活躍が気になる。2回戦以降の試合の模様を確認するときも、気に留めてみたい。

藤本 海斗(九州国際大附3年)投手 180/77 右/右
中山 竜秀(九州国際大附3年)右翼 174/73 右/右

坪田 伸祐(盛岡大附3年)投手 180/77 右/右
比嘉 賢伸(盛岡大附2年)遊撃 176/68 右/左

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
ありがとうございます!

毎日観れないので、とても助かります^^
2016/08/08 (月) 10:52:28 | URL | 好投手 #-[ 編集 ]
ご返事遅れてしまい、また更新が遅れてしまっていて申し訳ございません。少しでも、みなさまの参考になれたら幸いです。
2016/08/16 (火) 20:25:47 | URL | 蔵建て男 #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.