東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2016年夏 甲子園2日目レポート

大会2日目・第一試合 鶴岡東 VS いなべ総合

いなべ総合の2番打者・宮崎 悠斗(3年)右翼手が、4安打を放ち際立っていた。レフト方向へヒットを飛ばしかと思えば、3安打放ったあとの4打席目には、ライトスタンドに叩き込むなど当たりに当たっていた。しかしこの選手、ただこの試合が絶好調の男ではなかった。一塁までの塁間を、左打席から3.95秒前後という俊足。右翼としての送球も基準以上のものがあり肩も悪く無く、三拍子バランスの取れたプレーヤー。次戦以降も、どんな活躍を見せるか注目したい。

鶴岡東では、丸山 大(3年)右翼手の豪快なスイングが目を惹く。少し膝が固く低めの球への対応は気になるところだが、高めに浮いた球は逃さない。山形大会でも3本塁打を放った強打者で、守備・走塁含めて県大会の他の試合の模様も確認してレポートを作成してみたい。2016年度の、山形を代表する強打者だと言えるだろう。

また終盤登板した 吉住 晴斗(2年)右腕は、コンスタントに130キロ台後半~MAX141キロを記録。もう少しボールを押し込んで低めに投げ込みたいところはあるが、スライダー・チェンジアップなども織り交ぜ来年楽しみな本格派。一冬超えれば、コンスタントに140キロ台を投げ込めるまでになるかもしれない。

宮崎 悠斗(いなべ総合3年)右翼 166/60 右/左

丸山 大  (鶴岡東3年)右翼 180/90 左/左
吉住 晴斗(鶴岡東2年)投手 184/80 右/右

大会2日目・第二試合 中京 VS 大分

中京の核弾頭・渡辺 豪(3年)遊撃手は、バットコントロールが巧みな打撃が光った。更に相手の隙を突くスピード感あふれる走塁に、最初の一歩目が抜群の遊撃守備も目を惹くものがある。まだインパクトが弱くその辺が今後の課題であるが、三拍子バランスの取れた将来楽しみな大型ショート。

またプロ注目の 今井 大貴(中京3年)一塁手も素質の片鱗を魅せてくれた。県大会から力が入り過ぎかなと思える部分は相変わらずなものの、あれだけバットを振れる力とヘッドスピード・打球の速さは逸脱。それだけでなく、眼の良さ を持っており、ただブリブリ振るだけの選手ではない。また一塁手としての反応の良さ、キャッチングの上手さもあり、三塁あたりの可能性も感じさせるプレーだった。これで右打ちならば指名も充分期待できるが、左の一塁手ということからも評価は微妙なところになりそう。それでも、育成あたりならば獲ってみたいと思わせるものを持っている。今後の試合の模様も観て、最終的な判断をしてゆきたい。

その今井が不調だった県大会で存在感を示したのが、北川 竜之介(3年)右翼手。こちらは1,2打席目はポテンヒットでラッキーな部分があったが、ライトスタンドへの打球は見事だった。肩・守備は並という感じではあるが、打撃に関しては上のレベルでも続けて行ける存在だろう。

一方の大分では、3番を務めていた 佐藤 陸(3年)二塁手の、捕ってから全く無駄のないキビキビしたセカンド守備が光っていた。打ってもヒットを連発するなど、大学などに進んでも注目してゆきたい好選手。

また2番打者ながらヘッドスピードの速さが目立っていた 三浦 拓人(2年)遊撃手も来年に向けて楽しみな一人。遊撃手としてはまだまだ勉強の余地はありそうだが、全国レベルの野球を経験できたことは、必ず彼の今後に大きな影響を及ぼすだろう。

渡辺 豪  (中京3年)遊撃 180/70 右/左
今井順之助(中京3年)一塁 177/88 右/左
北川竜之介(中京3年)右翼 173/78 右/左

佐藤 陸  (大分3年)二塁 172/70 右/左
三浦 拓人(大分2年)遊撃 173/75 右/左

大会2日目・第三試合 高川学園 VS 履正社

高校NO.1投手・寺島 成輝(履正社3年)左腕が、甲子園に初登場。バランスの取れたフォームから、130キロ台後半~140キロ台前半の球速が中心で、コントロール重視で抑え気味に投げていた。それでも追い込めば、140キロ台中盤(MAX146キロ)を記録するなど、要所では力のある球を。特にこの投手は、球速以上に手元でキレる球質なのが大いなる強味。その代わり力を入れて投げると身体が突っ込んで、バランスが悪くなりコントロールが乱れやすい側面もある。

スライダー、カーブ、チェンジアップ・フォークと各変化球のレベルはそれほどではないものの、速球をしっかり魅せていれば効果的に使うことはできている。しかしこの辺ちょっとプロレベルの打者だと、仕留め切れず苦労するかなという心配は確かにある。

その辺が、高川学園の核弾頭・大江 駿介(3年)中堅手に粘られて、球数を放らされていたところにも現れていた。最後は四球をだしリズムを崩されるなど、プロではこういったことが当然起こって来る。そういった部分でを見ていると、意外に精神面が強いわけではない部分も垣間見られる。ただし、大江は本当にミートセンス、いやらしさは一級品の好選手。中堅手としても落下点までの入りが早く、肩も悪くなかった。チームにこういう選手がいると、実にいやらしくなる。

また高川学園の先発・山野 太一(3年)左腕も好投手だった。左スリークオーターから繰り出す、135~140キロ台前半の速球のキレは評判どおり。曲がりながら低めに切れ込むスライダーの威力は、寺島以上だった。高校からプロという凄みはないが、大学などでパワーアップを遂げられるようになると、将来は実戦派として社会人などまで活躍して行ける投手になるかもしれない。

履正社の野手では、核弾頭の 福田 観大(3年)中堅手のリストワークが柔らかく、芯で捉える能力が光っていた。また来年のドラフト候補として注目される 安田 尚憲(2年)三塁の、188/92 の体格は一際目立つ存在。打撃の技量も確かで、秋以降関西を代表する強打者として注目されてゆくはず。三塁の守備は、まだおっかなびっくりプレーをしていたが、思ったよりは再三転がって来るゴロを無難に捌いていた。結果は出なかったが、3番の 四川 雄翔(3年)一塁手も、技術・長打力を兼ね備えた素晴らしい強打者だけに、次戦以降も注目してみたい。

寺島 尚輝(履正社3年)投手 183/85 左/左
福田 観大(履正社3年)中堅 175/72 右/左
安田 尚憲(履正社2年)三塁 188/92 右/左
四川 雄翔(履正社3年)一塁 172/75 右/左

山野 太一(高川学園3年)投手 167/61 左/左
大江 駿介(高川学園3年)中堅 172/65 右/左

大会2日目・第四試合 東邦 VS 北陸

東邦の先発・松山 仁彦(3年)左腕は、野手が投げているような固いフォームなのは相変わらず。それでも左スリークオーターから135~140キロを超える球を投げ込めるスピード能力に、コントロールなどにも大きな破綻はない。打者としても一定の打力を持っている選手ながら、希少価値としては140キロ投げられる左腕としての能力が買われ、卒業後は投手に専念されることが求められるかもしれない。

それとは対照的に、エースナンバーをつけた 藤嶋 健人(3年)右翼手は、あわやサイクル安打という爆発ぶり。少々差し込まれても外野の頭を抜けてゆくような、圧倒的な腕っぷしと体幹の強さは健在。金属打ちではあるものの、神宮大会同様驚きのパワーを魅せてくれた。個人的には投手としての能力は買っていないものの、評価は次戦への持ち越しとなった。いすれにしてもドラフトで3位前後で指名されるぐらいの、圧倒的なポテンシャルの持ち主であることは間違いない。

一方大差はつけられたものの、打力のあるところ魅せてくれた北陸。特に一番の 山内 佑真(1年)三塁手は、早めに足をあげ回しこんで思いっきり引っ叩く打撃は光っていた。チームの沈滞ムードをものともせずに自分のプレーに徹し、好い意味での鈍感力は強打者として大事な要素。今後は、北信越を代表する打者に育ってゆくことを期待したい。

4番の 八木 雅也(2年)一塁手もヒットを連発するなど、秋以降も楽しみなチーム。この経験を活かし、この悔しい負けを糧に大きく育って欲しい。そのためにも、投手力・守備力の整備が求められる。

松山 仁志(東邦3年)投手 177/75 左/左
藤嶋 健人(東邦3年)右翼 175/78 右/右

山内 佑真(北陸1年)三塁 175/70 右/右
八木 雅也(北陸3年)一塁 178/74 右/右
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.