東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2016年夏 甲子園4日目・第三・第四試合レポート

大会4日目・第三試合 市立和歌山 VS 星稜

選抜でも好投した 赤羽 陸(市和歌山3年)右腕は、130キロ台後半~140キロ台前半のストレートを低めに集めるのが持ち味。変化球はスライダー中心であり、春魅せていた沈む球はよくわからなかった。試合をまとめるセンス、マウンド捌き、制球力などセンスを感じさせるものの、高校からプロとなるとまだ球威が物足りない。大学などで体幹などを鍛え強さを増して来ると、上位指名候補へと将来なっても不思議ではない。選抜からはそれほど変わった印象はなく、緩やかな成長曲線を辿ってゆくタイプなのかもしれない。

星稜は、下級生中心にタレント揃い。先発をした4番打者・寺西 建(2年)左腕は、柔軟性に欠ける部分はあるものの、191/92 という恵まれた体格。そのため打席に入った時の存在感は確かで、将来的には打者としての資質を高く感じさせる。今後北信越を代表する強打者として、いかにスケールを増して行けるだろうか。

また寺西のあとマウンドに上った 竹中 理央(1年)右腕は、173/78 と小柄なものの、135~後半ぐらいの速球とスライダーを中心に、1年生離れしたマウンド捌きを披露。秋以降は、主戦としてチームを支えてゆくことになりそう。また最後にマウンドに上った 清水 力斗(2年)右腕は、コンスタントに140~140キロ台中盤を叩き出すスピード能力は図抜けており、秋以降北信越の話題を独占しそう。中背の力投派だけに、秋には先発・竹中~リリーフ・清水という必勝パターンを確立して来るかもしれない。ただし高校からプロにゆく素材かと言われると、まだまだ先は見えて来ない。高校からの指名を意識するのならば、身体がもうひと回り、二回り大きくなって欲しい。

赤羽 陸 (市和歌山3年)投手 180/72 右/左

寺西 建  (星稜2年)投手 191/92 左/左
竹谷 理央(星稜1年)投手 173/78 右/左
清水 力斗(星稜2年)投手 175/75 右/右

大会4日目・第四試合 大曲工業 VS 花咲徳栄

大曲工業の先発・藤井 黎来(2年)右腕は、135~140キロ台前半のストレートに、スライダー、カーブ、フォークなどを交えるピッチングで想像以上の内容だった。特に追い込んでからのフォークに威力があり、来夏までに速球が磨かれて来ると面白い。来年は、コンスタントに140キロ台を刻めるようになると、ドラフト候補として浮上してきても不思議ではないだろう。

プロ注目の左腕・高橋 昂也(花咲徳栄3年)左腕は、立ち上がりからリズムに乗れず、埼玉大会の内容を示すまでには至らなかった。それでもそのストレートの球威に関しては、寺島 成輝(履正社)以上のものがあり、容易に外野の頭を越すことが難しい。その分球威型なので、140キロ台中盤を投げ込んでも打者から空振りを誘えない。高橋の良さは、ストレートは結構暴れるものの、スライダーで確実にカウントが取れ、フォークで相手を仕留めるというピッチングができること。しかしこの試合では、変化球の切れ・精度がもう一つでリズムを掴み切れなかった。埼玉大会の内容がよかったとはいえ、次戦の内容次第でドラフトの位置づけも定まってきそう。

プロ注目の 岡崎 大輔(花咲徳栄3年)遊撃手は、柔らかいハンドリングを活かした攻守が魅力の好選手。ただしスカウトが入れ込むほど、何か高校からプロという強さやインパクトに欠ける印象があり、個人的にはピンと来ないというのが率直な感想。これは今までもそうなのだが、今回も攻守にあまり見どころがなかったので次戦も引き続き注目してみたい。

県大会から打撃でのインパクトならば、西川 愛也(2年)外野手の方が目立っていた。こちらは、パンチ力を秘めた打撃に、左右に打ち分ける技術も光る強打者。来年のドラフト候補とまでゆくかは、走・守のバランスとの兼ね合いもあるが、打撃では花咲打線でも最も目立つ選手ではないのだろうか。

藤井 黎来(大曲工2年)投手 181/82 右/右

高橋 昂也(花咲徳栄3年)投手 181/83 左/左
岡崎 大輔(花咲徳栄3年)遊撃 182/75 右/左
西川 愛也(花咲徳栄2年)左翼 177/75 右/左

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.