東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2016年夏 甲子園5日目・第一・第ニ試合レポート

大会5日目・第一試合 日南学園 VS 八王子

八王子では昨年からそのセンスが光っていた 竹中 裕貴(3年)遊撃手の、フットワークの身軽さが光っていた。打撃ではアピールできなかったが、守備・野球センスはピカイチ。158/60 と小柄な選手ではあるが、大学でも野球を続けて行ける素材ではないのだろうか。

また2番手で登板した 米原 大地(八王子2年)右腕は、180/68 とまだ線の細さは感じられるものの、135キロ前後~MAXで141キロを記録したストレートには観るべきものがあった。まだボールの収まりというかコントロールが不安定なのは気になったものの、筋は良さそうなだけに一冬超えた成長を期待。来夏ぐらいには、コンスタントに140キロ前後を連発し、西東京でも話題の投手になっていても不思議ではない。

日南学園では、度重なる盗塁を刺した 萩原 哲(3年)捕手のスローイング。再三転がってきた打球を、安定した守備で捌いていた 石嶋 友翔(3年)遊撃手の守備が目立っていた。打撃など含めて、2回戦以降のプレーにも注目したい。

また投手では2番手登板した 上野 椋太(2年)右腕が、135キロ前後の力のあるボールを投げ込んでいた。173/75 とそれほど上背はないが、がっちりとして馬力がありそうなので、来夏には140キロ台を連発するような力強い存在に成長していそう。

竹中 裕貴(八王子3年)遊撃 158/60 右/右
米原 大地(八王子2年)投手 180/68 右/右

萩原 哲  (日南学園3年)捕手 175/73 右/左
石嶋 友翔(日南学園3年)遊撃 176/75 右/右
上野 椋太(日南学園2年)投手 173/75 右/右

大会5日目・第二試合 中越 VS 富山第一

富山第一の先発・中津原 元輝(3年)右腕は、常時135キロ前後と驚くような球速ではないものの、球筋もよくフォームの土台もしっかりしており、182/83 の均整のとれた体格も考えるとこれからまだまだ良くなりそうな素材。カーブ‥スライダー・フォークなどの各変化球の曲がりも悪くないだけに、新潟医療大のような地方の有力大学あたりで才能が伸ばせるようだと面白いのではないのだろうか。卒業する頃に、どんな姿になっているのか今から楽しみ。

また2番手で登場した・森 圭名(富山第一2年)右腕は、130キロ台後半の速球に力があり、スライダー・カットボールの曲がりにも光るものを持っていた。174/79 というがっちりした体格で、今後の富山をリードして行きそうな素材。来夏には140キロ台中盤ぐらいまでは期待できそうで、大いに楽しみな一人ではないのだろうか。

チームを4番を務めた・狭間 悠希(3年)捕手も、懐の深い構えからヒットを連発。また捕手としても、3度の盗塁を確実に刺すなど精度の高いスローイングが光っていた。特に慌てることなく、確実に刺していたところが印象に。

一方の中越には突出した選手はおらず、先発した 今村 豪(3年)左腕は、9回まで0点に抑える力投を魅せたが、さよならで甲子園をあとに。4番・西山 侑汰(3年)一塁手の、鋭い打球が目についたた。

中津原元輝(富山第一3年)投手 182/83 右/右
森   圭名(富山第一2年)投手 174/79 右/右
狭間  悠希(富山第一3年)捕手 175/80 右/左

今村 豪  (中越3年)投手 165/68 左/左
西山 侑汰(中越3年)一塁 170/73 右/右

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.