東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2016年夏 甲子園5日目・第三、6日目・第一試合

大会5日目第三試合 嘉手納 VS 前橋育英

前橋育英の先発・佐藤 優人(3年)右腕は、成長が高校の間に間に合わなかった感じの好投手。181/82 という均整の取れた体格に、先輩である高橋 光成(西武)を彷彿とさせるような綺麗なフォームで投げ込む正統派。球速は135キロ前後と平凡だが、近い将来140キロ台を連発してくれそうな投手との印象を持った。高校では才能爆発とまでは行かなかったものの、次のステージで本格化するのではないかと期待を抱かせてくれた。

また前橋育英には、下級生の逸材達がわんさかと。この佐藤の後に投げた 吉沢 悠(2年)右腕は、すでに135~MAX142キロを記録するなど、ボールの勢い・球速はエースの佐藤を凌ぐものがある。合わされやすいフォームと、収まりの悪い制球力の改善が今後の課題。

またその後を継いだ 皆川 喬涼(2年)右腕は、ズシリと球威のある球を投げ込んでくる。すでに球速も140キロ台を連発しており、MAX144キロまで到達。縦に落ちる球も持っており、秋以降楽しみなリリーフタイプ。順調に伸びて行けば、来夏には150キロ台の大台も見えてくるかもしれない。

最後に投げた 丸山 和郁(2年)中堅&左腕は、3人の下級生の中では一番体格では見劣る。しかし左腕から130キロ台後半を連発するキレの好い球を投げ込み、3人の中では最もまとまりがある先発タイプ。新チーム以後は、エースとして君臨するのではないかという期待を持つ。一冬超えれば、140キロ台を連発できるようになっていても不思議ではないサウスポー。

嘉手納の方では突出した選手はいなかったものの、4番の 知花 拓哉(3年)捕手が攻守で活躍。逆転となるタイムリーなどヒットを連発し、更に捕手としても捕殺をするなど攻守の中心選手だということを強く実感させてくれた。

佐藤 優人(前橋育英3年)投手 181/82 右/右
吉沢 悠  (前橋育英2年)投手 174/63 右/右
皆川 喬涼(前橋育英2年)投手 178/76 右/右
丸山 和郁(前橋育英2年)投手 170/69 左/左

知花 拓哉(嘉手納3年)捕手 174/80 右/右

大会6日目・第一試合 聖光学院 VS クラーク国際

聖光学院では、2番手に登板した・斎藤 郁也(2年)右腕が、135~後半ぐらいのボールを安定して投げていた。少々肩で投げるフォームなので故障が怖いのと、ボールを押し込みきれず高めに抜けやすい。それでも来夏には、140キロ台を連発する投手への期待が高まる。

また野手では、4番の 鈴木 駿輔(3年)外野手が、高い身体能力を持ったアスリート系外野手。右打席から、セーフティバントとはいえ、4.05秒前後で走り抜けており、これを左打者に換算すると3.8秒という快速。しかしおそらく普通に打った時は、左打者換算で4.0秒前後なのかなという気はしている。この辺は、もう少し他の試合の模様を観て詳細を詰めたい。また東邦戦では投手として先発し、勢いのある140キロ前後の本格派で、腕の振りを活かしたチェンジアップに威力がある。打者としては根本的な対応力に脆さがあり、個人的には投手として才能を磨いた方が良いのではないかと考えている。均整が取れた体格だけに、大学などで投手に専念すればかなりのレベルまで到達できるかもしれない。

クラーク国際では、背番号6をつけた・平沢津 虎揮(3年)右腕が、右サイドハンドから135キロ前後のボールを披露。しかし野球センスの高い選手で、将来的にはやはりショートとして勝負したい。打撃は払うようなスイングでも、対応力は高かった。

またチームの打点をことごとく稼いだ・安田 世幸(3年)一塁手の、勝負強い打撃が光った。けして長距離打者という感じではないが、北北海道大会・打率.556厘の数字は半端ではなかった。将来的には、もう少し他のポジションも担えるようだと起用の幅が広がりそう。

斎藤 郁也(聖光学院2年)投手      173/67 右/左
鈴木 駿輔(聖光学院3年)投手&中堅  182/75 右/右

平沢津虎揮(クラーク国際3年)遊撃&投手 168/61 右/右
安田 世幸 (クラーク国際3年)一塁      173/68 右/左

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.