東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
高校JAPAN VS 大学JAPAN (大学野手編)
野手に関しては人数が多くなってしまうので、気になった選手のみ触れさせて頂きます。

大西 千洋(法政大2年)左翼 181/76 右/左 (阪南大高出身)

今春のリーグ戦では、14試合 0本 5打点 7盗塁 打率.305厘 を残しました。180センチの大型野手でありながら、塁間3.9秒前後で走り抜けられる快速が売り。足の速さに関しては、プロレベルでもう売りにできるレベルにあります。この試合でも内野安打で出塁し、先発・早川(木更津総合)投手のリズムを崩す活躍を。初回の5得点は、まさに彼の足が早川のリズムを狂わせたことが大きかったといえます。また打撃にもミート能力がありますし、守備範囲も広いです。気になるのは、あまり肩が強くないのかという部分か。いずれにしても2年後のドラフト候補として、期待したい1人です。

辰己 涼介(立命館大2年)中堅 178/68 右/左 (社出身)

こちらも塁間3.9秒前後の快速に、強肩、天才的なハンドリング・対応力の持ち主で、2年後のドラフト上位候補として期待されます。特に打撃の潜在能力が高く、プロで毎年3割が打てるのではないかと思わせる天才肌。今後の2年間で、どのような位置づけに育ってゆくのか注目されます。

この試合でも左投手の早川を苦にせずにヒットを連発したり、あわやセンター前にポテンと落ちるかと思われる打球をギリギリでキャッチングするなど好守でアピールしていました。

森下 翔平(東海大4年)一塁 180/83 右/右 (東海大相模出身)

学生球界を代表する強打者であり、長打力だけでなく右方向にしぶとく食らいつく打撃も魅力です。高いレベルで揉まれてきており、結果を残してきた選手だけのことはあります。どんな状況でも、なんとかしてくれるという信頼をおけるポイントゲッター。ドラフトでも、中位~下位指名ぐらいでは十分期待できると思います。

楠本 泰史(東北福祉大3年)内野 180/78 右/左 (花咲徳栄出身)

ツボにハマれば素晴らしい打球も飛ばしますが、むしろボールに合わせる対応力に非凡ものを持っています。ただし守備に難があり、その点でポジションの融通性に欠けるところがマイナスポイント。彼がもう少し長打力のある右打者であれば、守備に難があってもという部分はあるが、左の中距離打者というだけに、来年ドラフト指名となるとどうだろうか? 打撃に関しては、非凡なものを持っているのだが・・・。

その他の選手は、大学選手権やリーグ戦レポート・平塚合宿のレポートでも触れているので簡単に。牛島将太(明大4年)捕手は、さすがに打撃に関しては、他のポジションの強打者とひけをとりません。捕手としても悪く選手であり、少々上から叩き突けるようなスローイングは気になりますが、今年の大学生の中では上位の捕手であり、ドラフトでも指名されると思います。

大山 悠輔(白鴎大4年)三塁手は、やはり大学球界屈指の強打者であるのは間違いないありません。リーグ戦8本塁打の長打力が示すように、豪快なスイングは貴重な右の長距離候補。現時点ではまだ絶対的なものはありませんが、プロで何年か漬け込めばいずれは一軍でも存在感を示すことが期待されます。ドラフトでも3位前後の指名が、十分予想されます。

京田 陽太(日大4年)遊撃手は、守備ではそれほど見せ場はありませんでしたが堅実な守備は高く評価できます。この試合ではセンター前にもはじき返していましたが、やはり打撃の未来像が描けないのが大きなネック。ドラフトでは、守れるショートが欲しい球団が、2位以降で指名した。吉川 尚輝(中京学院大)二塁は、ショートはではなく二塁として出場。何よりその攻守にダイナミックなプレーは魅力ですが、課題はスローイングの安定感。ここを、いかに改善して行けるのかが今後の課題。現時点でプロでショートを任せると、凄いプレーを魅せる反面、大くのミスも頻発しそう。そう考えると入る球団次第では、セカンドを任されることになるかもしれない。いずれにしてもこちらはスター候補であり、ハズレ1位から2位以内では指名されるのではないのだろうか。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.