東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
4/8(土) 東京6大学レポート 

東大 VS 明大

明治の先発は、六大学で1番プロに近い男・齊藤 大将(桐蔭学園出身4年)左腕が先発。左スリークォーターから繰り出す130キロ台後半~140キロ台中盤の速球にはキレがある。なんだか腕の出どころが、スリークォーターという以上にサイドに近い位置まで、より下がった気がするのは気のせいだろうか? 東大相手だということもあり、速球中心にガンガン攻めのピッチングを魅せた。左打者の背中越しから来る感覚に陥る独特の球筋が武器であり、対左打者に強さを発揮するタイプ。コントロールは結構アバウトな部分があるのと、ボールが揃い出すとカカカ~ンと連打を食らうことがある。変則タイプであり、性格的にもムラッ気があって浮き沈みが激しい。上手くその気の強い部分を活かすと、リリーフで持ち味を発揮できそうだ。そういった特殊なタイプだけに、1位指名という感じはしないものの、ドラフトでは外れ1位~2位以内の中では指名されてしまうのかなという気はする。上手くハマれば、1年目からリリーフならば一軍での活躍も見込めそう。

東大の先発は、大学球界注目度NO.1投手の 宮台 康平(湘南出身4年)左腕。こちらはオーソドックスフォームから、コンスタントに140キロ台~150キロ近いスピードボールを投げ込んでくる。まだまだ筋力・体力が不足しており、ボールの質もけして高くない。そのため145キロを越えて来ないと、ボール自体に見栄えはしてこない。まだ下半身が不安定なのもありストレートの球筋もばらつく傾向が強く、この投手の良さはむしろチェンジアップにあると言えるであろう。この球を右打者にも左打者にも自在に使えるところに、最大の良さがある。いずれにしてもプロ入り後1、2年は、基礎筋力・体力を養うのに費やされるのではないのだろうか。もし獲得するのであれば、高校生を指名したぐらいの感覚で育成プログラムを組むべき。内容的には、ドラフト4位級ぐらいの投手だが、いろいろ東大なり左腕などの付加価値がついて、最終的には3位以内での指名になるのではないのだろうか。

齊藤 大将(明治大4年)投手 179/72 左/左

宮台 康平(東京大4年)投手 178/83 左/左

早大 VS 法大

法大の先発・熊谷 拓也(平塚学園出身4年)右腕は、オーソドックスなフォームからコンスタントに145キロ前後は出ていそうな勢いのあるボールを投げ込んでいた。不思議と合わされやすいフォームなのか? これだけのボールがあっても、1試合トータルで抑えきれない内容が続く。この日も早大相手に、6回1/3イニングで8安打・自責点3。特にコントロールが悪いとか、変化球が全然というわけではない。投球に深みが感じられないこと、フォームが合わされやすいこと、投球に繊細さがないことなど、総合力で自慢の速球が活かしきれていない惜しい投手。ボール自体はドラフト級だが、あえて強豪社会人チームなどで腕を磨き2年後にという判断になるのではないのだろうか。高校時代から見違えるほど速球は速くなっているので、社会人ではリリーフ中心に起用されることで活路を開くことになりそうだ。

また野手で目立っていたのが、 法大の 中山 翔大(履正社出身3年)一塁手。こちらは腕っぷしの強さを活かした、パワフルな打撃が際立つ。とにかくバットを振れるという魅力があり、右に左にも長打を飛ばせるのが特徴。履正社時代から打撃には目を見張るものがあったが、守備・走塁に課題があり現在は一塁を守っている。こういった右の強打者は今のドラフトでは評価される追い風が吹いているだけに、今後も存在感を示し続ければ来年はドラフト候補として注目されることになりそう。

また早大では、1年生の 早川 隆久(木更津総合出身)左腕が開幕戦デビュー。1回2/3イニングで3安打・4奪三振・自責点0 の内容で、将来性と物足りなさの両面を感じさせた。高校時代から指摘するとおり、ボールの芯にまだ強さがなく、球速はあっても本当の球威がない。この辺は、大学生に混ぜると一目瞭然ということを改めて実感させられる。しかしこれから早稲田を背負ってゆく素材なのは間違いなく、ボールの質が4年間で変わってゆくのか注視してゆきたい。順調に育てば、最終学年には上位指名候補としてマークされているはずだ。

熊谷 拓也(法政大4年)投手 180/79 右/右
中山 翔太(法政大3年)一塁 186/90 右/右

早川 隆久(早稲田大1年)投手 180/72 左/左


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.