東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年(27) 関東選抜リーグレポート1
スポニチ大会以来、まともに社会人野球を見ていなかったので、ここは現状把握の意味も含めて大田スタジアムへ。何よりスポニチで最大の観戦目標としながら生で確認できなかった 永野 将司(HONDA)左腕を確認したかった。

HONDA VS JR東日本

その 永野 将司(23歳・九州国際大出身)左腕は、試合の中盤にリリーフとして登場。181/82 という均整の取れた体格だが、オーソドックスなフォーム。しかし球速は、145~152キロを大田のガンで記録し、私のガンでも93マイル(150キロ)まで到達。何より球速表示以上に明らかにボールの勢いが違っており、今年の左腕候補ではNO.1だろうというぐらいの勢いを感じる。細かいコントロールはなく、コースに投げ分けるといったこともなく、ストライクゾーンに投げ込んでくるというタイプ。

腕の振りが強すぎるのか? スライダーが抜けたりすることが多いものの、カーブのような緩い球はブレーキがあって悪くない。この球で常にカウントが整えるようだと、投球にも余裕が生まれそう。他には130キロ台のカットボール気味の球やチェンジアップ系のボールも投げていたように見えたが、現状大きなウエートは占められていない。

確かに速いが、高めに甘く入った球を打ち返されることも多く、速球だけで抑えきるほどの投球はできていなかった。プロで使えるのか?と言われると疑問が残るが、左腕でこれだけのボールが投げられる投手は稀なので、育ててみたいと思う球団は出てきそう。順位は読みにくいが、素材を買って中位ぐらいで消えるのではないかとみている。大事な試合では殆ど見られないが、都市対抗に向けてどのような位置づけになってゆくのだろうか? サウスポーの中では、今年1番のロマン枠だろう。

その他では、高卒2年目の 布袋 翔太(20歳・HONDA)左翼手が、6番打者として出場。鳥取城北時代から強打の外野手として注目されていた選手で、個人的にも面白い素材だと  を付けた選手。この試合でも結果は出ていなかったが、強くバットを振る持ち味は損なっていなかった。大事な試合でスタメンを任されるかは不明だが、高卒野手が元気にスタメンで出ていることは嬉しいところ。

JR東日本は、最後に 田嶋 大樹(21歳・佐野日大出身)左腕が登場。球速は89マイル・143キロぐらいと地味ではあったが、緩いカーブを織り交ぜつつ、スライダー・チェンジアップなど変化球中心のピッチング。この選手も速球は良いものがあるが、変化球の精度・キレがもう一つというところがある。調整での登板なのか? これからチームではリリーフとして位置付けられるのか? 気になるところ。いずれにしてもこの投手は、外れ1位ぐらいでは消える存在ではないのだろうか。

永野 将司(HONDA)投手 181/82 左/左
布袋 翔太(HONDA)左翼 174/80 右/右

田嶋 大樹(JR東日本)投手 182/77 左/左

SUBARU VS 鷺宮製作所

富士重工 から SUBARU に改名しましたが、青森山田時代にプロからも注目されていた 西村 凌(22歳)は6番・左翼手として出場、樹徳時代に注目された大型ショート・野平 大樹(21歳)は、8番・サードで出場とがっくりな状況。スタメンでは出場していたものの、プロという匂いはしてきません。

そのSUBARUの先発は、ルーキーの 黒川 雄太朗(23歳・道都大出身)右腕。170/68 と小柄な体格の投手で、小気味の良い好投手。球速はコンスタントに130キロ台後半~MAX89マイル・143キロを記録するなど、スライダー・ツーシーム・フォーク系など適度にまとまりと勢いは感じます。フォームは違いますが、武田 久(日ハム)的な投手。一昔前なら、ちょっと面白いかもと思う球団もあったかもしれませんが、現代プロ野球の打力を考えると、よほど繊細なコントロールがあるとか、武器になる変化球などがないと小柄な右投手がドラフト指名されるのは厳しいように思います。それでも水準に近いレベルの投球ができているので、今後も気にして行きたい1人。

鷺宮製作所では、野口 亮太(25歳・仙台大出身)左腕が登板。こちらも164/65 という小柄な体格からも、ポンポンと心地の良いリズムと制球力がある好投手。球速は130キロ台前半~中盤ぐらいなものの、非常にボールにキレがあるので打者には常時140キロ台に感じられるかもしれません。特に右打者外角に沈むチェンジアップに威力があり、見ていて気持ちの良い投球をします。昨年の公式戦でも、14試合で 防御率 1.36 と抜群の安定感を魅せています。 「コントロールの良いさ左腕は買い」 という私自身の格言があるので、今後も気にしてみてゆきたいところはあります。ただし昨年の成績が、59回2/3イニングで四死球20個ですから、イニングの1/3強は四死球を出しており、繊細なコントロールというよりもテンポの良さを生かしてポンポンとストライクゾーンに投げ込んで有利な状況を作り出すタイプなのではないかと思います。

またルーキーの 保戸田 則裕(23歳・青森大出身)が、3番・遊撃手として出場。内角の厳しいストレートを内野フライとショートゴロに終わりましたが、チームでは重要なところを任されている印象。遊撃手としても悪くないので、来年どうなるのか気にしてみたい1人です。

西村 凌 (SUBARU)左翼 176/75 右/右
野平 大樹(SUBARU)三塁 182/82 右/左
黒川雄太朗(SUBARU)投手 170/68 右/左

野口 亮太(鷺宮製作所)投手 164/65 左/左
保戸田則裕(鷺宮製作所)遊撃 180/83 右/右
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.