東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年(28) 関東選抜リーグレポート2 
北川 利生(日本通運)が、今年に入り三塁手を務めていると訊き、一度観てみたい思って足を運びました。しかし会場に着いた10時過ぎには、すでに試合は5回に差し掛かっていました(試合開始の前倒しとJABAタイムの弊害)。日中雨予報でもなかったのに試合を前倒しし、更に前倒しした試合予定時間よりも17分も早く試合をはじめるJABAの姿勢には疑問を感じます。あくまでも練習試合ではなく公式戦なのですから、時間厳守をお願いしたいものです。

日通 VS MHP横浜

その 北川 利生(24歳・日本通運)三塁&右翼は、4番・三塁手として出場。結局打席は2打席しか確認できず、スライダーをセンターに犠牲フライと、カーブをレフトフライを放ったのを確認したのみでした。肝心の三塁手としては、1球だけ打球を捌く機会を確認。三塁手としてのフットワーク、キャッチングは無難という感じですが、送球の際に 横尾 俊建(慶大-日ハム)のように上から叩きつけるような縦振りで送球するのが特徴。三塁手としては平均レベルで、地肩は基準以上という感じでしょうか?試合途中から、右翼の守備にも入っていました。そういった融通性こそ、彼のアピールポイントかと。

この選手の素晴らしさは、好調時の爆発力とポイントゲッターとしての勝負強さにあるように思えます。そのため天性のスラッガーとか、そういった飛ばし屋のイメージはありません。1年目から4番を任された昨年の成績は、146打数で 4本 18点 0盗 打率.308厘 。これをプロのレギュラークラスの500打席で換算すると、年間14本・62打点 ペースで打っていることがわかり、この選手のイメージはやはりポイントゲッターなのだなと感じます。

146打数で三振は22個であり、三振比率は15.1%(20%以下が一つ目安)とアマとしても平均的なコンタクト能力。しかし四死球は5.5%(10%以上が目安)とかなり低いのがわかり、ボールを見極める眼に優れているのかには不安が残ります。この辺が、社会人でも打率.308厘と平凡な数字に留まっている要因かもしれません。プロ入りを実現するためには、やはり大舞台でのアピールが今年も不可欠なのではないのでしょうか。

また今や社会人捕手としては、屈指のディフェンス力ではないかと思われるのが 木南 了(25歳・日通)捕手。この試合でも完封を演出し、安定したキャッチング、テンポ、リード、強肩含めて、1年目からプロで一軍に混ざってやって行けるだけの力があると評価します。帝京大時代は、強打の捕手として知られていました。しかし社会人では下位打線での出場がほとんどで、打撃での印象は薄い感じ。この試合でも、8番としての出場でした。

しかし昨年の成績をみると、83打数 3本 20点 0盗 打率.325厘 を記録。この打率は、日通全体で2位の高打率になります。ただし社会人野手の打率の目安は、3割5分ぐらいを越えて来るのが一つ大きな目安になります。この数字をプロのレギュラー選手並の500打席で換算すると、18本・120打点 に相当し、実は4番の北川よりも、本塁打・打点のペースはよく、打率でも上回っていることがわかってきました。もちろんお気楽な下位打線と4番では相手のマークが違うというのはありますが、別の見方をすればリードに集中させるために下位は打っているものの、打力はチームでもトップクラスだということが浮き彫りになってきました。

ただし83打数で16三振なので、三振比率は19.3%とコンタクト能力は北川より劣ることがわかります。その分四死球率は、14.5%と優れており、ボールを見極める眼は北川より優れている可能性があるという数字がでています。当てる技術は劣るけれど、ボールがしっかり見えている可能性が高いということでしょうか。いずれにしても捕手としてならば、充分な打力の能力を持っていることがわかってきました。この辺は社会人で打撃の印象が薄かっただけに、新たな発見でもあります。充分にプロでやって行ける素材だと思いますが、捕手は時間がかかるポジションなので、癖のついていない高校生の方が良いという考え方もあるだけに評価は流動的ではないのでしょうか。しかし即一軍で使える捕手を探している球団には、オススメしたい選手です。

重工長崎と合併したMHP横浜では、甲斐 翼(宮崎日大出身・22歳)左腕を久々にみました。190/88 の大型左腕で、宮崎日大時代は大器として騒がれた存在。腕がピュッと鋭く振られるので、打者は思わず差し込まれ勢いがあります。球速は130キロ台後半~MAX143キロまで到達。左腕ということもあり、速球の勢いだけ見るとドラフト級の素材です。しかしいかんせん、コントロールがバラバラ。変化球はスライダーがあるものの、2死球で降板となりました。うまく今後まとまることができるのかは心配ですが、素材としては魅力は感じます。

北川 利生(日通)三塁&右翼 178/85 右/右
木南 了 (日通)捕手      180/85 右/右

甲斐 翼(NHP横浜)投手 190/88 左/左

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.