東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年春・東京都春季大会決勝戦

日大三 VS 早稲田実業

神宮球場でナイターで行われた、春季東京大会決勝戦。すでに関東大会出場を決めている両校でしたが、凄まじい試合を演じてくれました。清宮 幸太郎(西東京・早稲田実)一塁手は、序盤結果が出なかったのですが、試合終盤にライトスタンドに特大の一発を放つと、3点差を追う9回に今度はレフトスタンドに叩き込むなど役者が違います。改めて、打って欲しいところで打ってくれるスター性を感じます。清原和博、・松井秀喜級の素材であることは間違いないでしょう。

その清宮に後輩ながら強烈なライバル心を持つのが、野村 大樹(早実2年)三塁手。この選手、172/80 と体格が小さいのですが、三塁手としても悪くないですし、走力も右打席から4.2秒台(左打席で3.9秒台)で走り抜けられる俊足。守れる、走れると付加価値が、清宮にはない魅力。清宮のあとで、俺が美味しいところを持ってゆくんだ、回せ回せというのがネクストからでも伝わってくれるような天性の強打者思考。こういうガツガツした高校生は、めったにいません。そういったマインド的な部分が、何より評価したいポイント。この選手は、体格に関係なく高校からプロにゆくべき選手ではないのでしょうか。

そしてこの試合、もう一人注目だったのは、清宮と東京で評価を二分する 金成 麗生(日大三3年)一塁手。しかしこの試合では、打撃ではなく投手として登板したところに興味深かったです。元々投手だったのは知っていたのですが、投げているところを見たことがありませんでした(記憶に残っていないだけか?)。193/101 という破格の体格の大型左腕で、MAX148キロまで到達。特に手元でピュッと切れるとか、グ~ンと来るような勢いは感じませんが、この体格から投げ込まれる威圧感と球威はかなりのもの。コンスタントに140キロ台を記録できるスピード能力は、全国の高校生左腕でも屈指のものがあることがわかりました。しかしながら、いかんせんコントロールと変化球が。これだけのポテンシャルがありながら、選抜でも登板がなかったのも頷けます。打者としてはドラフトとなると微妙な選手だけに、むしろ指名されるとしたら投手としての可能性を評価されてかもしれません。今後どの程度アピールのチャンスがあるかはわかりませんが、投手・金成 という観点でも追いかけてみたいと思わせるものがありました。

清宮幸太郎(早稲田実3年)一塁 184/97 右/左
野村 大樹(早稲田実2年)三塁 172/80 右/右

金成 麗生(日大三3年)一塁&投手 193/101 左/左
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.