東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年 春季神奈川大会準決勝・決勝
壮絶な打撃戦の末、横浜の猛追を退け東海大相模の優勝で幕を閉じた春季神奈川大会。その中で、ドラフトを意識できそうな選手の印象を簡単にまとめてみることにする。

その中でも注目度NO.1は、全国屈指の外野手に位置付けられる 増田 珠(横浜3年)中堅手が、改めて凄みを増してきた。元々次のプレーを常に想定する意識の高さと、気持ちを前面に押し出す泥臭さを併せ持つ。一冬越えて体に厚みを増してきて、センスだけでなく強さも身につけつつある。そのため県大会中には、場外弾を放つなど飛距離も伸びている。けして長距離打者ではないのだが、ボールを芯で捉える能力が卓越しているので、山田 哲人(ヤクルト)のように、技術で運べる打者に育つかもしれない。三振をしない圧倒的なコンタクト能力と、隙無しのプレースタイルは、短期間で一軍まで昇りつめられる可能性を秘めている。けして長打力を売りにするタイプの外野手ではないだけに、1位指名となると需要があるかは微妙だが、上位指名で消える選手であるのは間違いない。彼のプレーを見ていると、高校時代の 内川 聖一(現ソフトバンク)を彷彿とさせる。

福永 奨(横浜3年)捕手も、圧倒的なディフェンス力と気持を前面に押し出すプレースタイル。こちらはコンタクト能力に課題があるものの、しっかり捉えればスタンドインできるパンチ力を秘めている。高校生にして、小賢しいぐらいのプレーができる天性の捕手。圧倒的な地肩の持ち主で、捕手としては横浜高校史上NO.1だろう。ドラフト的には上位指名されるような存在感はまだ示せていないが、プロ入り後グッと伸びてきそう。春~夏に向けて何か大きな変化が感じ取れるようだと、一気に評価も浮上してきそう。現時点でも志望届けを提出すれば、何かしらの形では指名されるのではないのだろうか。

先日もご紹介した神奈川屈指の好投手・本田 仁海(星槎国際3年)右腕は、センターカメラから映像をみて改めて力のある投手だと実感。本田の良いところは、速球派でありながらしっかり両サイドに投げ分けることができ、コントロールに不安がないところ。スライダーのキレもよく、ゲームメイクできる先発投手としての可能性を感じさせる。今年の候補の多くは、技術的に粗くボールの勢いで押せばリリーフならというタイプが多い。しかし彼は、今後球種を増やしどんどんピッチングの幅を広げて行けそうな、将来のローテーション候補だと言えよう。ただし現状は、速球とスライダーとの単調なコンビネーションであり、140キロ台をコンスタントに超えるボールがあっても、横浜打線を抑え込むことはできなかった。しかし春の時点でこれだけの投球ができれば、現時点で指名リストには名前を載せるだけの力はあると判断する。ただし上位指名とか、そういったスケール感はその投球からは感じられない。下位指名あたりで拾って、上手く化けるのを待ちたいタイプではないのだろうか。

1年生・4番として注目されてきた 森下 翔太(東海大相模2年)中堅手は、攻守に能力が高く来年のドラフト候補としてマークできる素材。中学時代から名の知れている 万波 中正(横浜2年)右翼手は、相変わらず打てるポイントが狭く、圧倒的なパワーを活かしきれていない物足りなさは残る。来年の候補には当然名前があがる選手だが、高校からプロ入りできるのかはこれからの成長次第といった感じだろうか。

また入学以来評判だった 安里 海(東海大相模3年)左腕も、135~後半ぐらいのボールには力があるものの、高校からプロといった図抜けた潜在能力は感じられなかった。また清宮幸太郎のリトル時代のチームメイトで世界一メンバーとして活躍した 逢坂 倫充(桐光学園3年)遊撃手も、3番・ショートを任されているが、期待値ほどの成長は魅せていない。右打席から4.2秒前後(左打者なら3.9秒台)で一塁まで到達できる走力もあるものの、現状はセンスの勝った早熟タイプとのイメージは拭えなかった。こちらも、大学進学タイプではないのだろうか。

また準決勝のテレビ中継まで残れなかったが、スカウトからも注目されているという 石井 涼(三浦学苑)右腕や、付属高だけに進学しそうな神奈川を代表するスラッガー・正木 智也(慶応3年)外野手。ポテンシャルの高いプレーで注目される 柿崎 颯馬(桐蔭学園3年)外野手など、今年の神奈川は強打の外野手に恵まれている。学校数は多い県だけに、夏までに新たな人材がきっと浮上して来るだろう。ここにあげた選手たちは、夏にはすべてチェックを入れておきたい。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.