FC2ブログ

上沢 直之(千葉・専大松戸)投手

上沢 直之(千葉・専大松戸)投手 180/80 右/右





             「関東NO.1の素材!」





 現時点での力量ではなく、将来的な可能性と言う意味では、今年の関東NO.1は、この男ではないのだろうか。均整の取れた体格をコンパクトにまとめたフォームから、それでいてまだ発展途上の肉体からは、大きな奥行きを感じさせる。



(投球内容)

均整の取れた投手体型、普段の極め細やかな仕草などを見ていると、いかにも投手らしい投手といった感じがする。コンパクトにまとめたフォームからは、何処と無く 涌井 秀章(西武)投手の横浜高校時代を彷彿。

この春私は、上沢をニ試合ほど観た。一つは、県大会でのリリーフ登板。もう一試合は、関東大会での先発のものだった。先発は、常時135~140キロ強ぐらいの球速、しかしリリーフで観戦した時は、コンスタントに145キロ前後を叩き出し、MAX92マイル(147.2キロ)まで到達した。そのストレートも、普段は、カット気味に流したり、少しツーシーム的に落としたりと微妙に手元で動くボールと、相手を仕留めに行く力強いストレートを使い分けてる。投球のほとんどがストレートと言う時でも、微妙な変化を付けているのだ。

リリーフでの登板の時は、ほとんどストレート系のボールだったのに対し、先発での登板の時は、カーブで緩急、左打者の内外に使い分けるスライダー、それにフォークのような縦の変化を合わせ持つ。両サイドに、速球と変化球を集めて制球重視のピッチングを心がける。

肉体のパワーで押す力投派ではけしてなく、適度に試合をまとめるセンス・コンビネーションで仕留めるタイプ。現時点では、驚くようなストレートの勢い・質ではなく、その投球を見ていてもピリッとしない部分も見られる。しかしこれから、まだまだ良くなるだろうなと言う確信めいたものを抱かせる。

(課題は)

右投手にしては、左打者へのコントロールは安定している。しかし右打者への制球は、意外にバラつきがあるのが気になった。右打者へのしっかりした投球の組み立てが、夏に向けての大きな課題であるように感じられた。

また、まだ本当の体力・筋力が備わっていないので、連戦が続くと目に見えて投球内容が劣化して行く傾向にあるようだ。悪い時に悪いなりに、そういったピッチングがどこまでできるのかで、夏の甲子園に出場できるか決まるであろう。幸いこのチームは、この上沢以外の投手陣も豊富で、彼一人に負担がかかるチームではけしてない。周りの野手にも恵まれ、千葉指折りの好チームだった。


(エピソード)

私が最初に観戦した千葉県大会では、上沢は先発ではなく、登板があるのかも微妙な状況だった。実際何度か肩を作ってはベンチに戻ったりを繰り返していた。しかし上沢は、ベンチに戻って仲間に声をかけたりと、チームメイトを盛り上げる。いつでも試合に出れるように、投球練習をしていない時は、バットを握りしめて素振りをしたりと、試合に出たくて出たくて仕方がないと言う感じだった。そんな野球に向かう姿勢には好感が持て、こういった野球が好きでは好きでたまらない、そんな選手に私はプロになって頂きたい。

マウンドに上がるときも、ポンと引いてあるラインを飛び越えてマウンドに向かうような男。仲間への配慮だけでなく、見知らぬ人への配慮も忘れない。いろいろな所作すべてが、極め細やかなところまで神経が行く男なのだ。これは、教えてどうこうと言うよりは、もう育ってきた環境としか言いようがない。そのためイケイケな大胆な性格ではなく、慎重に投球をして要所でズバッと言う投球に、彼の性格が如実に現れていた。

(最後に)

現時点では、関東で頭一つ抜けていると言うほどの、圧倒的な内容ではなかった。しかし土台の好いフォーム・未完成な肉体・投球の基礎ができているピッチング・野球への姿勢などを加味すると、数年後は見違えるほど良くなっているのではないかと言う確信的な手応えを感じさせてくれる。

これは、同じ千葉県の逸材だった 唐川 侑己(ロッテ)の成田高校時代を彷彿とさせる。当時の唐川は、ストレートに独特のスピンは効いていたが、変化球レベルそれほど高くなく、マウンドリズムも悪い投手との印象を受けていた。しかし、この投手も間違いなく伸びるそういった確信が持てていた。そんな感覚と似たものを、この上沢も感じ取れた。

この夏までの成長次第では、上位24名に入ってきても不思議ではない素材。現時点での内容でも、3位・4位ぐらいでの指名になるのではないのだろうか。なるほど、関東NO.1投手との称号は、現時点よりも未来につながるメッセッジーだったのだ。


蔵の評価:☆☆☆


(2011年 春季大会)

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:ドラフト・レポーターとして20年のキャリアを誇る、蔵建て男 のドラフト候補レポート。雑誌などにはまず掲載されない、個人に焦点をあてた詳細かつ明確なレポートを皆様にお届け致します。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

蔵建て男

Author:蔵建て男
「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が送る、有料記事サイトです。主にドラフト有力選手の個別寸評と観戦記のレポートをお送りしております。どうか、皆様奮ってご参加頂けると幸いです。

フリーエリア
アマゾン
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード