東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年 センバツ総括 (投手編)
明日から大学選手権が始まるわけですが、大変遅れ馳せながら 選抜の総括を行っていないことに気がついたので書き込ませて頂きます。恐らく明日も、大学選手権を確認するのに時間がかかるので、今日・明日を利用して選抜の総括を行います。今回は、その投手編。

金久保 優斗(東海大市原望洋3年)右腕。スリークォーターから繰り出す140キロ台の重い速球と横滑りスライダーとのコンビネーション。2年生の頃は140キロ台中盤のボールを連発していたものの、秋の大会では連戦を意識して130キロ台中盤で勝てる投球に徹していた。しかしセンバツではコンスタントに140キロ台を記録し、MAXで147キロまで到達。ひときわ球威のある球は、今大会でも屈指の投手の片鱗を魅せてくれた。スライダーとの単調なコンビネーションと、速い球を投げようとするとバランスを崩して制球を乱す傾向が観られる。それでも試合をまとめて来るセンスもあり、ドラフトでも中位指名が期待できる投手ではないのだろうか? ただし今後、更に球速を増すとか投球に膨らみを持たすイメージが沸かず、これだけの投球をしても不思議と上位指名の匂いはして来ない。高校生にしては、かなり完成された投手との印象を受ける。

また金久保と同格からそれ以上に位置するのが、山口 翔(熊本工3年)右腕。初回から148キロの速球を投げ込むなど速球の勢い・球速は一級品だった。しかしそのボールが高めに抜けることが多く、終始制御できずに苦しむ。そのため持ち味であるはずの、打者の内角を厳しく攻める投球のままならないまま敗れた印象。変化球は、カーブ・スライダー・フォーク系の沈む球があり、一つ一つの球の曲がりも悪くない。しかしどれもバラバラに自己主張している感じで、上手くピッチングとして調和が取れていない。元来ここまでボールを制御できない投手ではないだけに、もう一試合あったら違っていたとは思うだけに緒戦で敗れたのは残念。しかしいずれにしてもスリークオーターから繰り出される投球は、球速ほどのスケール感は感じさせない。夏には150キロの大台の話しも聞こえて来るかもしれないが、中位級の素材ではないかと思っている。彼が上位指名(2位以内)に入ってくるようだと、ドラフトのタマが相当少ない年といえるのではないのだろう。イメージ的には、小野 郁(西日本短大附-楽天2位)右腕を彷彿とさせる。

そのほか指名濃厚なレベルとなると、秀岳館の川端 健斗(3年)左腕。着地の早いちょっと突っ込みがちなフォームが気になるものの、コンスタントに140キロ台を記録し最速146キロまで到達。曲がりながら落ちるスライダー、落差のあるチェンジアップなどの変化球の曲がりも大きく、なかなか初見では攻略が難しいサウスポー。全国でもトップクラスの左腕だという位置付けで、将来的にはリリーフで活躍しそうなタイプだろうか。

プロ志望届けを提出するかは微妙だが、桜井 周斗(3年)左腕がパワーアップして戻ってきた。秋は135キロ前後だった球速も、コンスタントに140キロ前後出るようになり、最速で142キロぐらいまで到達。明らかにボールの勢い・キレも増しており、よりスライダーを効果的に使うことができた。カウントを稼ぐスライダー、空振りを誘うストライクゾーン~ボールゾーンに切れ込むスライダーを使い分け、更にチェンジアップも併せ持ち序盤履正社打線から三振の山を築く。ただし中盤以降、ボールの勢いが鈍ってきたところと、球筋に馴れられて履正社打線に捕まることに。特にボールにキレはあるのだが、球威に欠けるので切れ味が鈍ると一気に捉えられてしまう。まだまだ、1試合トータルでキレを維持するだけの体力に欠けている。この選手の良さは、ボール球を振らせる技術が高校生離れしたところにあるのだろう。いずれにしても本格的に大学あたりで投手に専念すれば、4年後のプロ入りも夢ではないはず。岩瀬仁紀(中日)や松井裕樹(楽天)のような、リリーフサウスポーとしてプロでも大成できるかもしれない。またボールを手元引きつけて、強烈な打球を放つ打者としての才能も高い。スライダーという絶対的な武器とボール球を振らせるセンスは突出しており、志望届けを提出すれば本会議中で指名されることが考えられるが、この選手は進学の匂いの方が強い。

金久保優斗(東海大望洋)投手 180/72 右/左
山口  翔 (熊本工)投手 180/73 右/右
川端  健斗(秀岳館)投手 175/70 左/左
桜井  周斗(日大三)投手 177/78 左/左

志望届けを提出すれば、指名濃厚なのは上記の4人。この後に紹介する選手は、夏まで追いかけてみたいと思わせるものがあった選手たち。夏までに大幅な上積みがあれば、指名される可能性を残している。

平松 竜也(盛岡大附3年)右腕。コントロールのバラツキは顕著だが、130キロ台後半~140キロ台を記録する球威のあるボールは光っていた。スライダーが曲がり切らない、縦の変化も発展途上など細かいことを言えばきりはないが、夏まで追いかけてみたいと思わせるボールの力を持っていた。粗っぽい力投派だが、夏には常時140キロ台~中盤を連発することになりそう。選抜後に行われた春季大会でも存在感を示しており、夏に向け順調に成長を続けている。

西垣 雅矢(報徳学園3年)右腕。スラッとした投手体型から、135~140キロ台前半ながら指先までしっかり力伝えられるリリースに優れる。そのため打者の手元まで、回転の好い活きた球を投げ込めるセンスがある。変化球も低めで曲がりながら落ちるスライダーを武器に、緩いカーブ、フォークなどを織り交ぜ安定。凄みはないが、筋の好い投手との印象を受けた。投球術、制球力にも優れるが、こういったタイプは大学経由で4年後という判断になりそう。昨年でいえば、赤羽 陸(市立和歌山)投手のような位置づけになるのではないのだろうか。夏まで追ってみたい選手ではあるが、高校からプロという匂いはして来ない。なんとなくだが、関東の大学よりも関西の大学に進みそうなイメージがある。

急成長が噂されていた 丸山 和郁(前橋育英3年)左腕は、シャープな腕の振りから常時130キロ台中盤~MAX144キロを記録するなど、昨夏よりもスピードアップしていた。昨秋はすべてリリーフで登板していた投手だが、エース・吉沢 悠(3年)右腕の故障などもあり先発に。しかし元々リリーフタイプだっただけに、投球に奥深さがない。スライダーでカウントは取れるものの、何か速球のキレに対し変化球のレベルが物足りない。投球に奥行きというか、何かアレンジが欲しい気がする。140キロ台を投げられる左腕は貴重だが、大学なり社会人などでワンクッション置いてからという評価になるかもしれない。一応夏までは、ドラフト候補として追いかけたい技量の持ち主ではあったのだが。

むしろプロへの可能性という意味では、同校でも根岸 崇裕(前橋育英3年)右腕の方に感じる。こちらは192/93 という恵まれた体格から投げ下ろして来るタイプで、球速もMAX141キロまで到達。カーブ・スライダー・スプリットという変化球も、思ったよりもしっかりコントロールできていた。まだ成長途上の投手であることは明らかだが、思っていた以上に投球をまとめることができる。大型でもベースカバーが素早かったり牽制が鋭いなど、運動神経に優れたタイプなのかもしれない。夏までにもうワンランクレベルアップして来るようだと、その将来性を買って高校から指名して来る球団が出てきても不思議ではない。高校の間に何処まで引き上げられるかは微妙だが、育成でもありというのならば充分プロ入りの可能性を秘める。

同じ群馬では、小野 大夏(3年)右腕が楽しみ。コントロールには難があるものの、コンスタントに140キロを越えて来る(MAX144キロ)球威・球速は確か。セットポジションになると球速が落ちるのが気になるものの、フォークの落差はかなりのもの。この球の精度が高まって来ると、ピッチングにも余裕が生まれるだろう。かなり粗いので、高校からのプロ入りとなると微妙なものの、夏まで追いかけてみたい素材の良さを秘めていた。

平松 竜也(盛岡大附)投手 183/83 右/右
西垣 雅矢(報徳学園)投手 183/70 右/左
丸山 和郁(前橋育英)投手 170/69 左/左
根岸 崇裕(前橋育英)投手 192/93 右/右
小野 夏大(健大高崎)投手 176/73 右/右

(まとめ)

高校からプロの可能性となると、この辺までだろうか? 他にも有力大学などワンクッション置いたら面白そうな好投手タイプは結構いた。池谷 蒼大(静岡)左腕や三浦 銀二(福岡大大濠)右腕などは、まさにそういった投手の代表格。上記にあげた9人の中でも、実際志望届けを提出するのは、半分程度ではないかと考えている。そのためこの選抜組でドラフト指名される投手は、4名前後ぐらいではないのだろうか。

少なくても1位指名されそうなA級の投手がいなかっただけに、この選抜組の高校生投手がドラフト戦線の中心となる、そういった年にはならないだろう。むしろ選抜不出場組の中から、上位指名されるような選手が飛び出してきそうだ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.