東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年(39) 四国アイランドリーグ選抜 VS フューチャーズ1
毎年恒例・四国アイランドリーグが、選抜チームを作ってフューチャーズと対戦。今年も、大田スタジアムで第一戦が行われました。アイランドリーグ選抜でプロ入りする選手は、あまりリーグ戦での成績は関係ありません。そのため事前には一切予備知識を入れず、できるだけ先入観のないフラットな形で見ることを心がけました。そんな中、初日で気になった選手を何人かピックアップしましたが、3日目の模様(2日目は雨天中止)も見たので感想を追加する形で掲載してみます。

妹尾 克哉(19歳・香川OG)遊撃 178/76 右/左 (神戸国際大附出身)

選抜チームの1番・ショートを務め、第一打席から高めに浮いた速球を打って左中間ツーベース放った選手。甘い球を逃さない鋭さ・スイングの強さもあり、打撃にはキラリと光るものがありました。帰宅後リーグ戦の成績を調べてみると、14試合 1本 11打点 1盗塁 打率.200厘 という物足りない内容。この成績でも選抜チームに選ばれ、一番打者を任されていたのは、高卒1年目の19歳という若さを売りにアピールしたかったというのもあるのではないのでしょうか。ショートしての動きは平凡で、スローイングを見る限りあまり肩が強いという感じでもありません。また一塁までの塁間も、左打席から4.3秒台だったので、リーグ戦で1盗塁の理由もわかります。若さと打撃の振り出しの良さは光りましたが、守備・走塁との総合力ではどうか?という疑問も残りました。しかし高卒1年目の若さを買って、育成あたりで指名して来る球団があるかもしれません。

3日目は、途中から出場しスライダーをセンターフライと送りバントを成功させていました。守備ではエラーをするなど、この手のタイプにしては守備・走塁が物足りないところが浮き彫りになりました。高卒1年目の若さを買って、指名して来る球団があるかどうか?

小林 義弘(23歳・徳島ID)一塁 182/86 右/左 (山梨学院大附出身)

山梨学院大附時代から、注目してきた強打者。アイランドリーグでは、2度の打点王に輝くなどリーグを代表する強打者。試合では、センター前に一本強烈にはじき返すらしいヒットを放つ。今シーズンは、34試合 2本 21打点 4盗塁 打率.318厘(8位)と、相変わらず長打力よりも勝負強さが目立っています。今年は守備でアピールするために三塁にも挑戦しているとも聞いていましたが、結局元のファーストに。この選手は、成績以上に光る打撃を魅せてくれます。しかし守備位置は限定され、けして長距離砲ではないポイントゲッター。それだけに、なかなか各球団指名までGo.!サインが出ませんね。勝負強い代打が欲しい!という需要があれば、アイランドリーグでは一番の適任者ではないのでしょうか? 残念ながらそういった需要は、今までなかったようですが。特に凄く良くなったという感じはしませんが、相変わらずの力は健在だという感じはうけました。

3日目は、レフトで出場。慣れない守備のせいか? 大きなミスをしてしまっています。一塁までの塁間も、左打席から4.45秒前後とかなり遅い。肩も強くなく、この日は自慢の打撃でも良いところは魅せられず。特に悪くなったということはないと思いますが、果たして代打・守備位置限定の左打者に需要があるかどうか?

ハン・ソング(28歳・高知FD)捕手 185/95 右/右 (元起亜タイガース)

笠井 崇正(DeNA)投手から、左中間スタンドに特大の一発を放った選手。その打球は、なかなかアマでは見られない凄い当たりでした。しかし打順は8番ですし、リーグ戦では 33試合 0本 2打点 0盗塁 打率.194厘 という成績で、当たれば飛ぶのだろけれど、滅多に当たらない打者に出た特大の一発だったのだろうなと感じます。今年28歳という年齢と外国人という立場なのも考えると、かなり厳しいといえます。捕手としても平凡で、ディフェンスが売りというほどでもなさそうなので。とりあえず当たったときの飛距離は素晴らしいということは間違いないようです。

3日目は途中から出場してきましたが、見逃し三振など自慢のパワーは見せつけられず。肩は平均的で、外国人枠を使ってまで獲り来る球団があるのかには疑問が残りました。よほど桁違いのパワーを、安定して発揮できるようにならないと厳しそうです。

(高島)秀伍(26歳・香川OG)投手 185/79 右/右 (セガサミー出身)

桐蔭学園-東洋大-セガサミーという経歴の持ち主ですが、セガサミーでは外野手としてやっていた選手です。スリークオーターから繰り出す130キロ台後半のストレートが中心で、最後の打者に渾身の142キロの速球を投げ込んでました。小さく横滑りスライダーでカウントを整え速球を内外角に散らしてきます。特に何か決め球があるという感じはなく、速球もプロで押し切れるほどのものは感じられませんでした。今シーズンの成績は、12試合 3勝4敗 防 2.94(8位)という成績。この日投げた投手の中では、一番NPBには近いと思います。

初日見た時より、断然3日目の方が良かったのがこの選手。この日はコンスタントに140キロ台を越えて、MAXで146キロぐらい。私のガンでも、91マイル(146キロ)まで到達し、コンスタントに140キロ台中盤を記録。右打者の高めに浮いたストレートを良く打たれるのは気になりますが、今日はシンカー系のボールも見られました。またランナーを背負ってからも、じっくりボールを持つなど相手を焦らすような投球も。そういった余裕や、視野の広さを持っていることがわかったのは収穫でした。この日の内容を安定して出せるのであれば、育成枠での指名があっても不思議ではないと思われます。

(最後に)

初日気になった選手で、恐らく育成枠で指名されるだろうと言えるのは、秀伍(香川OG)投手ぐらい。あとの選手は、かなり流動的だと言わざるえません。特に野手に関しては、例年に比べても指名できる人材に欠ける印象を受けました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.