東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
7/20・21の観戦記
7/20の観戦

この日からバーチャル高校野球では、新潟大会の中継がスタートし準々決勝の模様が放送された。そこで登場したのが、鈴木 裕太(日本文理2年)右腕。2年生ながらすでに県屈指の存在とされ、来年の有力なドラフト候補。骨太な体格から、まるで外人投手のような粗っぽいフォームで投げ込む力投派。コンスタントに140キロ台を記録する球威溢れる速球と、日本文理伝統の縦スラで三振の山を築く。正統派の 直江 大輔(松商学園2年)右腕とは対照的なタイプだが、秋から北信越は熱いことになりそうだ。

熊本でも準々決勝からネット中継が始まり、正成 智(八代3年)捕手が登場。春先から猛肩の捕手が熊本にいると密かに話題になっていた選手で、招待試合では投手としても140キロ台を連発しスカウトを驚かせた。捕手としては手だけで捕りに行ったり、フットワークが重苦しくカバーリングに行けなかったりと疑問が残る。むしろ収穫は、想像に打力がある選手だということ。背番号も3であり、チーム事情で捕手をやったり捕手をやったりしていて生粋の捕手ではないのではないかと思えてしまう。捕手としてよりも、他のポジションの選手として見た方が良いのではないのだろうか。

また秋田の中継に・藤井 黎来(大曲工3年)右腕が登場。藤井は、昨夏甲子園に出場した下級生の中では、最も素晴らしいパフォーマンスを見せた選手だった。しかし春先から調子が上がらず、ドラフト戦線ではやや後退した印象があった。しかし夏の大会に入り、その前の試合でノーヒットノーラン達成するなど調子をあげてきた。球速は、135~140キロぐらいと球速を重視していない印象だが、コントロールが安定し安心して見ていられる実戦型に。要所で140キロ台中盤の力のあるボールを投げ込んでくれれば、一気にドラフト候補として再浮上しそう。ただしピンチになってもギアはあまり変らず、淡々と自分の投球に徹してくる。この辺が、甲子園を賭けた大事な場面や甲子園に出場した場合に、どのような変化が見られるのか注目したい。チームとしても大曲工業は強く、秋田では本命校ではないかとみている。

また都市対抗では、有力どころの中で一回戦で登場していなかった 鈴木 博司(ヤマハ)が登場。登場していきなり155キロを記録するなど、エンジンは今年のNO.1というところを見せつけてくれた。ただしコントロールなど投球は相変わらず不安定な上に、球速ほど打者は苦にしていない。しかしこの選手、ランナーを背負っても意外に失点しない踏ん張れる側面があることも抑えておきたいポイント。昨年の 中塚 駿太(白鴎大-西武2位)のように実戦力には欠けるが、ロマン溢れる素材として高い順位でプロ入りしそうな流れではある。今年のような状況だと、1位指名に入ってきても不思議ではない。

7月21日の観戦

この日の注目は、園部 佳太(いわき光洋3年)遊撃手。高校通算40本塁打以上のパンチ力と俊足・好守の遊撃手。スラッガーというよりはきっちり叩けるタイプで、右中間方向にも打ち返す打球は想像以上に伸びる。出塁すればすかさず盗塁を決めるなど、脚力にも確かなものがありそう。守備機会が少なくよくわからない部分んはあったが、難しいフライを好捕したり、キャッチングも丁寧に捕球する姿勢が見られ好感が持てる。個人的には、高校からのドラフト指名があっても不思議ではない選手だと考えている。今年の高校生遊撃手の中では、オススメの一人ではないのだろうか。

もう一人注目だったのが、村上 宗隆(九州学院3年)捕手が登場。昨夏見たときは、打撃が期待ハズレで思ったよりも捕手として悪くないという印象だった。しかし最終学年のプレーを見る限り、捕手としてはスローイング・キャッチング・プレースタイルともにイマイチで、プロ入り後他のポジションにコンバートされてしまうのではないかという気もする。一方打撃では、見逃し三振・内角低めをライトスタンドに、左中間への長打、一二塁間へのヒットと、良いところを見せつけ、モノの違いを見せてくれた。

問題は、プロで捕手として使えるかどうかだということ。もしイケると評価すれば、打てる捕手の素材として高い評価でプロ入りする可能性は高い。逆に捕手としては厳しいとなると、守備・走塁でアピールできるタイプではなく、打撃もそこまでA級の素材であるかは微妙。個人的には、世間で言われているほどの選手なのか? と言われれば疑問が残る。その辺はこの試合も勝ったので、次戦以降もみて見極めて行きたい。

神奈川のテレビ中継では、先日生で見てきた 石井 涼(三浦学苑3年)右腕がテレビ中継に登場。この夏何人か下位~育成ぐらいの微妙な評価になりそうな逸材を見たが、彼らと比べても 石井 は一枚劣る印象を受ける。現状はまだ135~140キロ程度だし、何か素材的に凄いとかいう秘めたるものもそれほど感じない。ようはまだ未完成の素材だというだけで、これならば無理して高校の時点で獲得する意味合いは薄いのではないかと。個人的には、育成でも厳しいのではないかとみており、ワンクッション置いて成長を見届けてからの方が無難ではないのだろうか。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.