東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年(43) 東海地区大学選抜 VS 巨人
毎年恒例の、東海地区大学選抜が巨人と対戦するプロアマ交流戦。そこで気になった選手を中心に、印象を述べたいと思います。

與座 海人(岐阜経済大4年)投手 173/74 右/右

今年の大学選手権で好投し、一躍株をあげたサブマリン。今日も東海地区の先発を任され、序盤3回まではストライク先行し、安定したコントロール、投球術、下手特有の球筋に、プロの三軍レベルの打者は翻弄されます。しかし目が馴れてきたのか? 4イニング目に捉えられ、3失点をします。

確かにその投球の安定感は、ファームレベルでも充分通用しそう。ただし一軍の打者相手だと、それほどストレートもキレるというほどでもなく、甘く入ると怖いなという印象はやはり受けました。こういう投手がいないチームで、投手陣にアクセントをもたせたいという需要はあると思うので、志望届けを提出すれば下位ぐらいでなら指名があっても不思議ではありません。個人的には、ヤクルトにいる 山中 浩史 ぐらいやれるかなとも思ったのですが、あまり過大な評価はできないと感じました。

濱口 雄大(岐阜経済大4年)投手 177/80 右/左

大学選手権では、素晴らしい投球を披露した速球派投手。今日もコンスタントに140キロ台~ジャイアンツ球場のガンで146キロ。マイガンでも90マイル・145キロを計測。スピード能力・ボールの勢いは、今回の選抜チームでは抜けた存在でした。急遽與座が打たれてイニング途中での登板だったのもあり、コントロールが定まらず僅か2/3イニングで2四死球1安打・1失点と荒れ荒れの内容。大学選手権ではボロが出なかった制球の不安定さ、調子の波の激しさの片鱗を垣間見た気がします。

すでに社会人に内定しており、プロ志望届けを出さないとの話しも。志望届けを提出すれば中位ぐらいで指名されそうな投手ですが、この不安定さを社会人で改善しようと試みるのもありなのかとは思いました。ボールの威力は一級品ですが、安定した投球は期待し難いのかもしれません。それでも與座・濱口は、やはりドラフト級の素材だと思います。

鈴木 彩隼(静岡産業大3年)投手 180/75 右/右

兄は鈴木 翔太(中日)で、その実弟だそうです。小さめのテイクバックから、コンスタントに140キロ台・MAX89マイル・143キロを記録するなど、適度に勢いのあるボールを投げ込みます。変化球はスライダーぐらいという感じで、投球が一辺倒で深みがないなぁと感じる部分はあります。それでも140キロ台を刻める選手として、来年に向けて覚えておきたい選手でした。

日下部 啓太(日大国際関係学部4年)投手 167/68 左/左

左のサイドハンドから、135キロ前後ですがまとまっています。球速はさほどないのですが、ボールが見え難いのか?打者が打ち難そうにしていたのが印象的。特に強烈なチェンジアップ系の沈む球が有効で、社会人あたりでも1年目から活躍できそうな好投手。リーグでの実績は確かで、意外に短いイニングならばプロも苦労するかもという期待感も抱きます。スカウト受けするタイプではないので社会人に進むことになると思いますが、個人的には面白いと思います。球速はなくても打ち難い故に、球威がないタイプではないのも推せる材料でしょうか。

その他の投手では、横浜商大高時代から注目された 続木 悠登(日大国際関係学部3年)右腕は、135~140キロぐらいであまり変わった印象はなくワンアウトしか取れず3安打を打たれて降板。その後投げた 中川 奎太(皇学館大3年)右腕は、140キロ前後の速球とスライダーを投げ込むオーソドックスな好投手。もうブルペンに誰もいなく投げていなかったので新たな投手の登板はないと会場を後にしたのですが、畑中 希龍(朝日大4年)左腕という投手が、最後に投げたようです。帰宅後、試合の動画 で確認したのですが、130キロぐらいの小柄な技巧派サウスポーでした。

打者では、選抜チームの核弾頭を担った 稲垣 誠也(中部学院大4年)二塁手が、一二塁間を破るヒットと2四球で全打席出塁。打撃では目立った活躍を魅せませんでしたが、2番の 江川 直人(鈴鹿大4年)遊撃手が、動きの良い守備が目立っていました。また4番で全日本メンバーである 内海 大寿(中部学院大4年)右翼手含めて、この選抜チームからドラフト指名される野手はいないのではないかという印象を受けました。

(最後に)

生で與座を観てみて、やはり球威の無さから甘く入ると怖いなという印象。しかしピッチングが安定しており、リズム感のある投球はファームでならば即通用しそう。濱口は、大学選手権では顔を出さなかった不安定なところが確認できたのは収穫でした。その他、こういう選手がいるのだなということがわかったのが収穫なのと、日下部 は社会人だろうけれど、ちょっとプロでも面白いのではと思えた部分もあり、機会があれば再度注目してみたいです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.