東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年夏 甲子園2日目・第一、第二試合

大会2日目・第一試合 盛岡大附 VS 作新学院

盛岡大付属の 平松 竜也(3年)右腕は、球筋は荒れるものの、要所で力強いストレートをズバッと投げ込んだり、スライダー、チェンジアップ、フォークなどの各変化球が有効に作用する。そのため前年度優勝の作新学院打線でも、最後まで捉え切ることができなかった。

普段は130キロ台後半ぐらいだが、要所で投げ込む140キロ台中盤の速球の球威・球速は本物。選抜ではリリーフで140キロ台中盤を記録し、夏までの成長が期待された。まだま粗っぽいものの、先発をすると要所を締めるピッチングで春からの成長を感じさせ、指名レベルに入ってきたのではないのだろうか。プロ志望届けて提出した場合、下位~育成あたりで指名して来る球団があるのではないかと評価する。最後はヘロヘロだったので、まずは基礎体力・更なるパワーアップという課題は残るが、伸び代を残していると捉えたい。

同じく盛岡大附の 植田 拓(3年)中堅手も、県大会4本塁打で腕っ節の強い打撃は健在。165/72 と小柄な体格は大きなマイナスポイントだが、超高校級の打力とプロ向きなマインドはまさにドラフト級。選抜ではあと一歩届かない球際の弱さと打球への反応の一歩目が遅れる部分もだいぶ解消されてきた。選抜からの大きな成長は感じられないものの、この体格でも育成ならば混ぜてみたいと思わせる技量とハートの持ち主。

また作新学院では、選抜から注目されてきた 鈴木 萌斗(3年)中堅手も、予選では.565厘・8盗塁で健在ぶりをアピール。プロ級の走力が売りで、コンタクト能力がある打撃、広い守備範囲を誇る外野守備と三拍子バランスの取れた好選手。個人的にはセンスは感じるものの、スイングに凄みが感じられないこと。肩もプロに混ぜると平均的なため、あまり指名候補として見たことがない選手だった。本人も試合後、卒業後は大学進学を目指すと明言。中央の有力大学へ進むことが予想され、4年間で更なるパワーアップを期待したい。

平松 竜也(盛岡大附3年)投手 182/83 右/右
植田 拓 (盛岡大附3年)中堅 165/73 右/右

鈴木 萌斗(作新学院3年)中堅 182/75 右/左

大会2日目・第2試合 土浦日大 VS 松商学園

来年度の北信越を代表する投手になるであろう 直江 大輔(松商学園2年)右腕がいましたが、この試合では登板なく終わります。そういった意味では、突出した選手のいる両チームの対決となりました。

松商学園では、先発の 青柳 真珠 (3年)右腕は、130キロ台と球威・球速は平凡ながら、強力な沈む球(チェンジアップ?)があり、この球が非常に有効でした。また県大会.136厘と不調だった4番・藤井 大地(3年)一塁手が4安打を放つなど、腕っ節の強さを活かしたパワフルな打撃が光りました。

土浦日大の方も、突出したタレントがいません。しかし二年生がスタメンに多く並んでいるチームであり、この経験を今後どう活かすか? このメンバーが、来年度の茨城の高校球界をリードして行って欲しいと願わずにはいられません。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.