東南西北
プロ野球ドラフトサイト「迷スカウト」の管理人・蔵建て男が、日本中を駆け巡り本音でトーク!
2017年夏 甲子園2日目・第三・第四試合

甲子園2日目・第三試合 山梨学院 VS 前橋育英

昨夏も甲子園で登板した・吉松 塁(山梨学院3年)左腕が先発。球速は135~140キロぐらいとあまり変わっておらず、スライダー・チェンジアップを低めに集めて投げる粘っこい投球が持ち味。コントロールが甘くなり、持ち前の粘っこさが発揮できずに打ち込まれる。あとワンランク上の球速、変化球のキレや精度など総合力を大学で高められるかがポイント。すでにある程度のレベルまでは来ている選手だけに、このまま素直に全体レベルが引き上げられれば面白いとは思うのだが。

一方の前橋育英の先発は、皆川 喬涼(3年)右腕。選抜では野手としての比重が高くさほど注目されなかったが、昨夏の甲子園では最も良い球を投げていた下級生だった。夏に向けて投手への比重を高め、MAX149キロまで到達。一躍、今大会注目の投手へと成長してきた。コンスタントに140キロ台~中盤を刻めるストレートの勢い・速さはドラフト級だが、不思議と高卒プロの匂いがして来ないのは何故か? 一つは、178/76(公称)という中背の体格が、あまりドラフト候補っぽくないこと。そしてそのストレートのコマンド力やスライダーやチェンジアップという変化球で、相手を仕留めきれないなど、投球をまとめきられていないことに物足りなさを感じるから。こういったタイプは、大学よりも社会人などで実績を残しプロ入りを目指す、そういった方が私は良いような気がする。志望届けを提出したら指名される可能性はあると思うが、個人的にはもうワンクッション置いた方がプロで大成する可能性が増すのではないのだろうか? 可能性は買うが今は旬だとは判断しない、昨年の 京山 将弥(近江-DeNA4位)投手のパターンを思い出す。

前橋育英は、昨秋エースだった 吉沢 悠(3年)右腕が、140キロ前後のキレのある速球とスライダーでマウンド捌きの良さを魅せた。また193/96 の巨体が目立つ 根岸 崇裕(3年)右腕も、コンスタントに140キロ台の速球とフォークのコンビネーションで健在ぶりをアピール。特に根岸はまだ身体にキレがなく全体的にもっさりしているので、この辺の動作にメリハリが出て来ると4年後はプロも狙える可能性を秘めている。また春は主戦で選抜でも活躍した 丸山 和郁(3年)左腕は、この夏は故障のため投げられそうもないとか。しかし出塁するとすかさず盗塁を仕掛けるなど、塁間3.9秒台の走力が目立っていた。コンタクト能力や守備力は図抜けていないが、走力はプロ級。左腕としても社会人経由あたりならばプロをの可能性も秘めている素材だけに、将来的にどちらを選択するのか注目される。

また山梨学院では、吉松と共に昨夏の甲子園で存在感を示した 栗尾 勇摩(3年)右腕が登板。しかし野手に専念していたのか? 投手としては135キロぐらいまでで昨年よりも劣化していて残念だった。指にかかったときの速球には可能性を感じさせる素材だったに、大学などで再度投手に専念するのか注目される。また骨折をしながらもホームランを放つなどパワフルな打撃を魅せた 飯島 大夢(前橋育英3年)三塁手の活躍も、目を惹く試合だった。

吉松 塁 (山梨学院3年)投手 178/78 左/左
栗尾 勇摩(山梨学院3年)投手 185/82 右/右

皆川 喬涼(前橋育英3年)投手 178/79 右/右
吉沢 悠 (前橋育英3年)投手 174/65 右/右
根岸 崇裕(前橋育英3年)投手 193/96 右/右
丸山 和郁(前橋育英3年)中堅 171/72 左/左
飯島 大夢(前橋育英3年)三塁 185/82 右/右

甲子園2日目・第四試合 明徳義塾 VS 日大山形

明徳義塾は、県大会.176厘と低迷していた 西浦 颯大(3年)右翼手が、コンタクト能力確かな打撃を見せつけ存在感を示した。元々守備・肩まずまずで、走力にそれほど際立つものはないものの、野球への意識も高い好選手。同じ明徳から直にプロ入りした 北川 倫太郎(元楽天)外野手の高校時代よりも、個人的には買っている。プロでは余剰気味になりやすい左の好打者タイプだけに、果たしてプロ側の需要があるかは微妙なところ。それでも個人的には、指名リストに名前を残しても良い選手ではないかと思っている。うまく行けば、上林 誠知(ソフトバンク)みたいになれるかもしれない。

明徳では2番手で投げた・市川 悠太(2年)右腕が良かった。サイドに近いスリークォーターから、常時135~140キロ強ぐらい。一定の球威があり、打者の内角にしっかりコントロールできるコマンドの高さも確か。新チーム以後、四国を引っ張ってゆく存在になり得るのではないのだろうか。更に最終学年でレベルアップできれば、高校から直にプロ入りしても不思議ではない実戦力と力を兼ね備える存在だった。

一方の日大山形では、鈴木 琉生(3年)中堅手が目立っていた。鋭い打球でヒットを連発しただけでなく、塁間4.05秒前後の脚力に、中堅守備も安定し肩もまずまず。三拍子バランスの取れた好選手で、卒業後も関東の有力大学で野球を続けて行きそうな素材だった。

西浦 颯大(明徳義塾3年)右翼 178/70 右/左
市川 悠太(明徳義塾2年)投手 183/70 右/右

鈴木 琉生(日大山形3年)投手 183/84 左/左
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 東南西北 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.